実装ガイドを使用して今すぐ始める

5 ステップ  |  60 分

WordPress_Website_HERO-ART_small

このプロジェクトでは、PHP と MySQL を基盤とするオープンソースのブログツールおよびコンテンツ管理システム (CMS) である WordPress をデプロイおよびホストする方法について説明します。本番ワークロード用の WordPress をホストするアーキテクチャを必要最低限の管理責任で実装します。これを実現するため、AWS Elastic Beanstalk と Amazon Relational Database Service (RDS) を使用します。WordPress ファイルをアップロードすると、キャパシティーのプロビジョニング、負荷分散、Auto Scalingからアプリケーションの状態のモニタリングまで、デプロイが Elastic Beanstalk によって自動的に処理されます。Amazon RDS では、コスト効率が高く、サイズ変更可能なキャパシティーを利用できます。時間のかかるデータベース管理タスクは自動的に実行されます。

wordpress-arch-v2
実装ガイドを使用して今すぐ始める

実行する内容:

AWS Elastic BeanstalkAmazon Relational Database Service (RDS) を使用して、WordPress アプリケーションを運用するウェブスタックを起動する。基盤となるインフラストラクチャ (Amazon EC2 インスタンスなど) やスタックコンポーネント (OS、ウェブサーバー、言語/フレームワークなど) のプロビジョンと管理は、Elastic Beanstalk によって自動的に実行されます。RDS では、MySQL データベースを利用できます。

AWS Elastic Beanstalk を使用して WordPress をデプロイする。Elastic Beanstalk にコードをアップロードすると、デプロイの詳細がすべて自動的に処理されます。

開始前に必要な準備:

AWS アカウント: WordPress をホストするリソースのプロビジョニングを開始するには、AWS アカウントが必要です。 AWS にサインアップしてください

スキルレベル: WordPress の使用経験が必要です。

AWS の使用経験: AWS とそのサービスについての中級レベルの知識が推奨されます。

月請求額の見積もり:

WordPress ウェブサイトを構築する合計費用は、使用量に加えて、ウェブサーバーやデータベースに選択したインスタンスタイプによって異なります。このガイドで推奨されるデフォルトの構成を使用した場合、WordPress サイトをホストするための一般的な費用は 450 USD/月になります。これは、本番環境に対応した WordPress ワークロードに推奨される最低限のリソースを使い、アクティブウェブサーバーは 1 つのみで、独立した Amazon RDS MySQL データベースインスタンスを使用した場合の費用です。WordPress サイトへのトラフィックが増加したために Auto Scaling を使用してウェブサーバーのインスタンス数を増やした場合、合計費用は増加します (ウェブサーバーが月全体を通じてアクティブであると仮定した場合、ウェブサーバー 1 つ追加するごとに約 75 USD/月)。使用するサービスとそのコストの詳細な分析については、使用するサービスとコストを参照してください。


AWS の利用を開始するためにさらにリソースが必要ですか。 詳細については、ご利用開始のためのリソースセンターをご覧ください。

このホワイトペーパーでは、AWS Elastic Beanstalk を使用した WordPress 実装について、さらに詳細に説明されています。Amazon CloudFront と Amazon ElastiCache を使用した WordPress デプロイ向けの CDN やインメモリキャッシュの設定手順も記載されています。

WordPress を実行する事前設定済みイメージを AWS Marketplace で探して、起動できます。

Lightsail で WordPress ウェブサイトをすぐに始められます。AWS でウェブサイトを公開するために必要なコンピューティング、ストレージ、ネットワーキングをすべて提供します。設定料金はお手頃です。