AWS の開始方法

継続的デリバリーパイプラインを作成する

Git リポジトリのセットアップ、サンプルウェブアプリのデプロイ、継続的デリバリーパイプラインの作成

モジュール 5: パイプラインを確定およびテストする

このモジュールでは、AWS CodePipeline を使用して、継続的デリバリーパイプラインにレビューステージを追加します。

はじめに

このモジュールでは、AWS CodePipeline を使用して、継続的デリバリーパイプラインにレビューステージを追加します。

このプロセスの一環として、パイプラインの実行を停止したいステージに承認アクションを追加します。これにより、誰かがアクションを手動で承認または拒否できるようになります。手動承認は、変更をデプロイする前に他の人に確認してもらうのに役立ちます。アクションが承認されると、パイプラインの実行が再開します。アクションが拒否された場合、または 7 日以内に誰もアクションを承認または拒否しなかった場合、アクションの失敗と同じ結果となり、パイプラインの実行は続行されません。

学習内容

  • パイプラインへのレビューステージの追加
  • デプロイ前の変更の手動承認

主要な概念

承認アクション 誰かが承認または拒否するまで、パイプラインの実行を停止するパイプラインアクションのタイプです。

パイプラインの実行 パイプラインによってリリースされる、マージされたコミットなどの一連の変更です。パイプラインの実行は、パイプラインステージを順番にトラバースします。各パイプラインステージが一度に処理できる実行は 1 つだけです。そのため、実行処理中のステージはロックされます。

失敗した実行 実行は失敗すると停止し、パイプラインのトラバースは完了しません。パイプラインのステータスが「失敗」に変わり、実行を処理していたステージのロックが解除されます。失敗した実行は、再試行するか、または最新の実行に置き換えることができます。

 所要時間

5 分

 使用するサービス

実装

アプリケーションのアーキテクチャ

これですべてのモジュールが完了しました。構築したアプリケーションのアーキテクチャを次に示します。

AWS CodePipeline を使用して、継続的デリバリーパイプラインに手動承認とレビューステージを追加しました。これで、コードの変更を AWS Elastic Beanstalk にデプロイする前の確認と承認が必須になりました。

リソースをクリーンアップする

このモジュールは役に立ちましたか?

おめでとうございます。

AWS で継続的デリバリーパイプラインを構築できました。 次のステップとして、具体的な AWS テクノロジーをさらに詳しく見て、アプリケーションを次のレベルに引き上げます。