AWS の開始方法

継続的デリバリーパイプラインを作成する

Git リポジトリのセットアップ、サンプルウェブアプリのデプロイ、継続的デリバリーパイプラインの作成

モジュール 4: デリバリーパイプラインを作成する

このモジュールでは、AWS CodePipeline を使用して、ソース、ビルド、デプロイの各ステージで継続的デリバリーパイプラインを設定します。

はじめに

このモジュールでは、AWS CodePipeline を使用して、ソース、ビルド、デプロイの各ステージで継続的デリバリーパイプラインを設定します。パイプラインは GitHub リポジトリに保存されているコードの変更を検出し、AWS CodeBuild を使用してソースコードを構築し、AWS Elastic Beanstalk にアプリケーションをデプロイします。

学習内容

  • AWS CodePipeline で継続的デリバリーパイプラインをセットアップする
  • GitHub リポジトリを使用してソースステージを設定する
  • AWS CodeBuild を使用してビルドステージを設定する
  • AWS ElasticBeanstalk アプリケーションを使用してデプロイステージを設定する
  • GitHub でホストされているアプリケーションを、パイプラインを経由して ElasticBeanstalk にデプロイする

主要な概念

継続的デリバリー ソフトウェアを構築、テスト、デプロイするプロセスを自動化することで、デベロッパーがソフトウェアをより迅速にリリースできるようにするソフトウェア開発のプラクティスです。

パイプライン ソフトウェアの変更がリリースプロセスをどのように通過するかを明確にするワークフローモデルです。各パイプラインは一連のステージで構成されます。

ステージ パイプラインの論理的な区分であり、アクションが実行される場所です。ステージがビルドステージの場合、ソースコードが構築され、テストが実行されます。デプロイステージの場合は、コードがランタイム環境にデプロイされます。

アクション パイプラインのステージで実行されるタスクのセットを指します。例えば、ソースアクションでは、ソースコードが更新された時にパイプラインを開始でき、デプロイアクションでは AWS Elastic Beanstalk のようなコンピューティングサービスにコードをデプロイできます。

 所要時間

10 分

 使用するサービス

実装

  • 新しいパイプラインを作成する
    1. ブラウザウィンドウで、AWS CodePipeline コンソールを開きます。
    2. オレンジの [Create pipeline (パイプラインを作成)] ボタン をクリックします。新しい画面が開き、パイプラインを設定できます。
    3. [Pipeline name (パイプライン名)] フィールドに「Pipeline-DevOpsGettingStarted」と入力します。
    4. [New service role (新しいサービスロール)] が選択されていることを視覚的に確認します。
    5. オレンジの [Next (次へ)] ボタン をクリックします。
  • ソースステージを設定する
    1. [Source provider (ソースプロバイダー)] ドロップダウンメニューから、[GitHub] を選択します。
    2. 白の [Connect to GitHub (GitHub に接続)] ボタンをクリックします。新しブラウザタブが開き、AWS CodePipeline に GitHub リポジトリへのアクセス権限を与えるよう求められます。
    3. 緑の [Authorize aws-codesuite (aws-codesuite を承認)] ボタンをクリックします。次に、緑のボックスに「プロバイダを使用してアクションを正常に設定しました」というメッセージが表示されます。
    4. [Repository (リポジトリ)] ドロップダウンから、モジュール 1 で作成したリポジトリを選択します
    5. 「ブランチ」ドロップダウンメニューから [Main (メイン)] を選択します。
    6. [GitHub webhooks (GitHub ウェブフック)] が選択されていることを視覚的に確認します。
    7. オレンジの [Next (次へ)] ボタン をクリックします。
  • ビルドステージを設定する
    1. [Build provider (ビルドプロバイダー)] から [AWS CodeBuild] を選択します。
    2. [Region (リージョン)] で、[米国西部 (オレゴン)] リージョンが選択されていることを確認します。
    3. [Project name (プロジェクト名)] で [Build-DevOpsGettingStarted] を選択します。
    4. オレンジの [Next (次へ)] ボタン をクリックします。
  • デプロイステージを設定する
    1. [Deploy provider (デプロイプロバイダー)] ドロップダウンメニューから [AWS ElasticBeanstalk] を選択します。
    2. [Region (リージョン)] で、[米国西部 (オレゴン)] リージョンが選択されていることを確認します。
    3. [Application name (アプリケーション名)] でフィールドをクリックし、モジュール 2 で作成したアプリの「DevOpsGettingStarted」が表示されていることを確認します。
    4. [Environment name (環境名)] テキストボックスから [DevOpsGettingStarted-env] を選択します。
    5. オレンジの [Next (次へ)] ボタン をクリックします。パイプラインの設定を確認できるページが表示されます。
    6. オレンジの [Create pipeline (パイプラインを作成)] ボタン をクリックします。
  • パイプラインの初回の実行を見る

    パイプラインの実行を見ている間に、ページ上部に緑のバーが表示されます。このページにはパイプラインに定義されているすべての手順が表示され、数分後に各手順が青から緑に変わります。

    1. 「デプロイ」ステージが緑に変わり、「成功しました」と表示されたら、[AWS Elastic Beanstalk] をクリックします。 AWS Elastic Beanstalk 環境を一覧表示した新しいタブが開きます。
    2. 「Devopsgettingstarted-env」行の URL をクリックします。白い背景のウェブページと、モジュール 1 で GitHub をコミットしたときのテキストが表示されます。

アプリケーションのアーキテクチャ

現在のアーキテクチャは次のようになっています。

Module-4

AWS CodePipeline では、ソース、ビルド、デプロイの 3 つのステージで継続的デリバリーパイプラインを作成しました。モジュール 1 で作成した GitHub リポジトリのソースコードは、ソースステージの一部です。そのソースコードは、ビルドステージで AWS CodeBuild によって構築されます。最後に、構築されたコードはモジュール 3 で作成した AWS Elastic Beanstalk 環境にデプロイされます。

このモジュールは役に立ちましたか?

ありがとうございます
このチュートリアルで良かった点をお聞かせください。
閉じる
ご期待に添えず申し訳ありません
古い説明、わかりにくい説明、間違った説明はございませんでしたか? このチュートリアルの改善のために、ぜひフィードバックをお寄せください。
閉じる

パイプラインの確定とテスト