AWS の開始方法

継続的デリバリーパイプラインを作成する

Git リポジトリのセットアップ、サンプルウェブアプリのデプロイ、継続的デリバリーパイプラインの作成

モジュール 4: デリバリーパイプラインを作成する

このモジュールでは、AWS CodePipeline を使用して、ソース、ビルド、デプロイの各ステージで継続的デリバリーパイプラインを設定します。

はじめに

このモジュールでは、AWS CodePipeline を使用して、ソース、ビルド、デプロイの各ステージで継続的デリバリーパイプラインを設定します。パイプラインは GitHub リポジトリに保存されているコードの変更を検出し、AWS CodeBuild を使用してソースコードを構築し、AWS Elastic Beanstalk にアプリケーションをデプロイします。

学習内容

  • AWS CodePipeline で継続的デリバリーパイプラインをセットアップする
  • GitHub リポジトリを使用してソースステージを設定する
  • AWS CodeBuild を使用してビルドステージを設定する
  • AWS ElasticBeanstalk アプリケーションを使用してデプロイステージを設定する
  • GitHub でホストされているアプリケーションを、パイプラインを経由して ElasticBeanstalk にデプロイする

主要な概念

継続的デリバリー ソフトウェアを構築、テスト、デプロイするプロセスを自動化することで、デベロッパーがソフトウェアをより迅速にリリースできるようにするソフトウェア開発のプラクティスです。

パイプライン ソフトウェアの変更がリリースプロセスをどのように通過するかを明確にするワークフローモデルです。各パイプラインは一連のステージで構成されます。

ステージ パイプラインの論理的な区分であり、アクションが実行される場所です。ステージがビルドステージの場合、ソースコードが構築され、テストが実行されます。デプロイステージの場合は、コードがランタイム環境にデプロイされます。

アクション パイプラインのステージで実行されるタスクのセットを指します。例えば、ソースアクションでは、ソースコードが更新された時にパイプラインを開始でき、デプロイアクションでは AWS Elastic Beanstalk のようなコンピューティングサービスにコードをデプロイできます。

 所要時間

10 分

 使用するサービス

実装

アプリケーションのアーキテクチャ

現在のアーキテクチャは次のようになっています。

AWS CodePipeline では、ソース、ビルド、デプロイの 3 つのステージで継続的デリバリーパイプラインを作成しました。モジュール 1 で作成した GitHub リポジトリのソースコードは、ソースステージの一部です。そのソースコードは、ビルドステージで AWS CodeBuild によって構築されます。最後に、構築されたコードはモジュール 3 で作成した AWS Elastic Beanstalk 環境にデプロイされます。

このモジュールは役に立ちましたか?

パイプラインの確定とテスト