AWS の開始方法

非リレーショナルデータベースを作成および管理する

(Amazon DynamoDB を使用)

はじめに: 非リレーショナルデータベースを作成および管理する

ステップバイステップの手順に従って DynamoDB テーブルを作成し、そのテーブルを使用してデータを保存および取得します

概要

このチュートリアルでは、DynamoDB テーブルを作成し、そのテーブルを使用してデータの保存と取り出しを行います。Python と AWS SDK for Python (Boto 3) を使用して DynamoDB API とやりとりします。DynamoDB (非リレーショナルデータベース) と従来のリレーショナルデータベースのいくつかの主要な相違点もご説明します。チュートリアルでは、オンラインブックストアアプリケーションをガイド例として使用します。

これが重要な理由

アプリケーションデータのアクセスパターンとデータベースの基本的なモデルの両方に合わせて、データをモデル化する方法を理解することが必要です。新しいアプリケーションを設計するときは、データベースの選択によって、アプリケーションの使用量が増えることによる負荷の増大に対処できるということを知る必要があります。

DynamoDB は低レイテンシーのパフォーマンスとほぼ無限の拡張性を実現するため、アプリケーションが大きくなってもパフォーマンスのボトルネックを気にする必要がありません。DynamoDB は HTTP API または HTTPS エンドポイント経由でアクセスでき、データベースとのシンプルで安全な相互作用モデルを提供します。さらに DynamoDB は NoSQL データベースであるため、アプリケーションを進化させることができる柔軟なスキーマデザインを可能にします。

 AWS の使用経験

中級コース

 所要時間

120 分

 完了までのコスト

このチュートリアルにかかる費用は 2 USD 未満です (すべてのサービスを 2 時間稼働させると仮定)*

 チュートリアルの前提条件

使用するテクノロジー:

*この見積もりでは、ユーザーがチュートリアル全体で推奨される設定に従い、2 時間以内にすべてのリソースを終了することを前提としています。
**過去 24 時間以内に作成されたアカウントは、このプロジェクトに必要なリソースへのアクセス権をまだ付与されていない可能性があります。

モジュール

このチュートリアルは 5 つの短いモジュールに分かれています。次のモジュールに進む前に、各モジュールを順番に完了する必要があります。

  1. アプリケーションバックグラウンド (15 分): アプリケーションバックグラウンドについて学びます
  2. データの挿入と取得 (15 分): DynamoDB を使用したデータの挿入と取得の簡単な例をいくつかご紹介します
  3. クエリとグローバルセカンダリインデックス (15 分): DynamoDB を使用した 1 回の API コールで複数の項目を取得する簡単な例をいくつかご紹介します
  4. 項目の更新 (15 分): UpdateItem API を使用して、データベース内の既存の項目の属性を更新します
  5. クリーンアップと次のステップ (15 分): このプロジェクトで作成したリソースをクリーンアップします

アプリケーションバックグラウンド