AWS の開始方法

非リレーショナルデータベースを作成および管理する

(Amazon DynamoDB を使用)

モジュール 1: アプリケーションバックグラウンド

使用を開始するには、チュートリアルの前提条件を確認します。

概要

オンラインブックストアアプリケーションを構築しているとします。ブックストアには、お客様に販売できるように倉庫に保管した大量の本の在庫があります。アプリケーションでは、販売している本と、著者などの本に関するいくつかの基本情報をユーザーが閲覧できるようにしなければなりません。

アプリケーションでは、ユーザーが本を探すときに詳細情報を調べられるように、特定の本をタイトルと著者で取り出せるようにする必要があります。さらに、ユーザーが歴史や伝記など、特定のカテゴリーの本をすべて閲覧できるようにして、興味のある本を見つけやすくする必要もあります。

また、ハードカバーやペーパーバック、オーディオブックなど、さまざまなフォーマットの本を扱うこともできます。アプリケーションでは、在庫本のフォーマットを記録し、在庫システムの項目番号にマッピングしておく必要もあります。アプリケーションでは今後、本のフォーマットを追加したり削除したりしたときに、これらのフォーマットを更新できるようにする必要があります。

このチュートリアルのモジュールでは、DynamoDB のテーブルがアプリケーションのニーズに対応するようにモデル化する方法をご紹介します。

このチュートリアルを完了するには、AWS アカウントと、アカウントに AWS Identity and Access Management (IAM)、Amazon DynamoDB、AWS Cloud9 リソースを作成するためのアクセス権が必要です。このチュートリアルのステップバイステップガイドでは、すべての前提条件を満たす方法を説明します。

 所要時間

15 分

実装

  • AWS アカウントを作成する

    必要なサービスに完全にアクセスできるようにするとともに、チュートリアルのリソースを残さないようにするため、このチュートリアルには会社アカウントではなく個人アカウントを使用するか、新しい AWS アカウントを作成します。

  • AWS Cloud9 IDE を設定する

    AWS Cloud9 は、ブラウザのみでコードを記述、実行、デバッグできるクラウドベースの統合開発環境 (IDE) です。AWS Cloud9 には、コードエディタ、デバッガー、ターミナルが含まれています。Cloud9 には一般的なプログラム言語と AWS コマンドラインインターフェイス (CLI) に必要なツールがあらかじめパッケージされており、このラボ用にファイルをインストールしたりノートパソコンを設定したりする必要はありません。AWS Cloud9 環境には、AWS マネジメントコンソールにサインインしたユーザーと同じ AWS リソースへのアクセス権があります。

    AWS Cloud9 開発環境を設定するには:

    1. AWS マネジメントコンソールに移動し、ページ上部の [Services] (サービス) を選択してから、[Developer Tools] (デベロッパーツール) で [Cloud9] をクリックします。
    2. [Create environment (環境の作成)] を選択します。
    3. [Name] (名前) ボックスで、DynamoDB Deep Dive と入力します。必要に応じて、[Description] (説明) を入力します。
    4. [Next step] (次のステップ) を選択します。
    5. [Environment settings] はデフォルトのままにして、新しい t2.micro EC2 インスタンスを作成します。これは、非アクティブな状態が 30 分続くと休止状態になります。
    6. [Next step] (次のステップ) を選択します。
    7. 環境の名前と設定を確認し、[Create environment] (環境の作成) を選択します。環境がプロビジョンされて準備が整うまで数分かかります。
    8. 準備が整うと、IDE で Welcome 画面が開きます。

    これで、AWS Cloud9 環境が表示されます。次のスクリーンショットが示すように、AWS Cloud9 の画面については、知っておくべき 3 つの領域があります。

    • ファイルエクスプローラー: 画面の左側で、ディレクトリ内のファイルリストを表示します。
    • ファイルエディタ: 画面の右上の部分で、ファイルエクスプローラーで選択したファイルを表示および編集します。
    • ターミナル: 画面の右下の部分で、コードサンプルを動かすコマンドを実行します。
    AWS Cloud9 コンソール
  • サポートコードをダウンロードする

    このモジュールでは、Python スクリプトを使用して DynamoDB API とやりとりします。

    AWS Cloud9 ターミナルで次のコマンドを実行して、スクリプトをダウンロードしアプリケーションの依存関係をインストールします。

    1.AWS Cloud9 ターミナルで次のコマンドを実行して、モジュールコードをダウンロードし解凍します。

    curl -sL https://s3.amazonaws.com/ddb-deep-dive/dynamodb.tar | tar -xv
    

    2.AWS Cloud9 ターミナルで次のコマンドを実行して、Boto 3 をインストールします。

    sudo pip install boto3
    

    これでチュートリアルを開始する準備が整いました。最初のモジュールでは、DynamoDB テーブルへの項目の挿入や DynamoDB テーブルからの項目の取得を行います。

このモジュールはお役に立ちましたか?

ありがとうございます
このチュートリアルで良かった点をお聞かせください。
閉じる
ご期待に添えず申し訳ありません
古い説明、わかりにくい説明、間違った説明はございませんでしたか? このチュートリアルの改善のために、ぜひフィードバックをお寄せください。
閉じる

データの挿入と取得