AWS の開始方法

非リレーショナルデータベースを作成および管理する

(Amazon DynamoDB を使用)

モジュール 5: クリーンアップと次のステップ

この実験を終了するに際して、このラボで作成したリソースをクリーンアップします。

おめでとうございます。

この DynamoDB チュートリアルはこれで終了です。HTTP API を使用した DynamoDB の利用方法の基礎に取り組んできました。このモジュールのステップに従い、このプロジェクトで作成したリソースを削除してください。

DynamoDB の詳細については、以下のリソースを参照してください。

この情報および詳細については、DynamoDB デベロッパーガイドを参照してください。

 所要時間

15 分

実装

  • DynamoDB テーブルを削除する

    DeleteTable API を使用すると DynamoDB テーブルを削除できます。delete_table.py スクリプトに例があります。

    AWS Cloud9 ターミナルで次のコマンドを実行し、テーブルを削除します。

    $ python delete_table.py
    

    出力結果を見れば、テーブルが削除されたことがわかります。

  • AWS Cloud9 環境を削除する

    コマンドを実行するのに使用した AWS Cloud9 環境を削除します。

    • AWS Cloud9 コンソールに移動します。
    • DynamoDB Deep Dive 環境を選択して、[Delete (削除)] を選択します。
    • ダイアログボックスで、ボックスに削除と入力し、[Delete] (削除) を選択します。

このモジュールはお役に立ちましたか?

ありがとうございます
このチュートリアルで良かった点をお聞かせください。
閉じる
ご期待に添えず申し訳ありません
古い説明、わかりにくい説明、間違った説明はございませんでしたか? このチュートリアルの改善のために、ぜひフィードバックをお寄せください。
閉じる