このラボでは、Amazon DynamoDB での高度なデータモデリングパターンについて学習します。DynamoDB を使用する場合、データをモデリングする前にデータへのアクセス方法 (アクセスパターン) を検討することが重要になります。マルチプレイヤーゲームの例を見ながら、ゲームでのアクセスパターンについて説明し、セカンダリインデックスとトランザクションを使用してアクセスパターンを処理するための DynamoDB テーブルを設計する方法を示します。

このラボでは、テーブル、アイテム、プライマリキー、セカンダリインデックスなどの基本的な DynamoDB の概念に精通していることを前提としています。これらの概念に慣れていない場合は、Amazon DynamoDB で非リレーショナルデータベースを作成および管理する方法についてのラボを参照してください。

DynamoDB は、アプリケーションの成長に伴い一貫したパフォーマンスが重要な大規模ユースケース向けに設計されているため、ゲームに適している一般的なデータベースサービスです。

ゲームに DynamoDB を使用する主な理由は次のとおりです。

  • スケーラビリティ: DynamoDB は、パフォーマンスを低下させることなく 100 TB を超える容量まで拡張できます。
  • シンプルな REST ベースの API: DynamoDB は HTTP (S) 経由でアクセスでき、認証に AWS Identity and Access Management (IAM) を使用します。
  • フルマネージド: サーバーを管理したり、インフラストラクチャにパッチを適用したりする必要はありません。DynamoDB が、アップグレード、バックアップ、およびその他の管理タスクを処理するため、お客様はゲームの開発に集中できます。

AWS 体験: 中級

所要時間: 120 分

所要コスト: このチュートリアルにかかる費用は 2 USD 未満です (すべてのサービスを 2 時間稼働させると仮定)*

使用するテクノロジー:

• アクティブな AWS アカウント**
• ブラウザ: Chrome (AWS 推奨)
• Amazon DynamoDB
• Amazon Cloud9
• AWS SDK for Python (Boto3)

*この見積もりでは、ユーザーがチュートリアル全体で推奨される設定に従い、2 時間以内にすべてのリソースを終了することを前提としています。

**過去 24 時間以内に作成されたアカウントは、このプロジェクトに必要なリソースへのアクセス権をまだ付与されていない可能性があります。