プロジェクトの開始方法

11 ステップ  |  120 分

Q:Amazon Redshift とは何ですか?

Amazon Redshift は高速で完全マネージド型、ペタバイト規模のデータウェアハウスです。お客様は、シンプルかつ費用対効果の高い方法で、すべてのデータを既存のビジネスインテリジェンスツールで分析できます。

Q:Amazon Redshift にデータを移行するメリットは何ですか?

NASDAQ、NTT Docomo、Amgen、Boingo Wireless、Cablevision、Johnson&Johnson、Philips Healthcare などの多くの AWS のお客様は、データウェアハウスを Amazon Redshift に移行し、コストを節約しながらパフォーマンスを向上させています。Amazon Redshift では、クエリパフォーマンスを高速化するために列指向ストレージ技術が採用されており、複数のノードにまたがるクエリの I/O 効率と並列度が向上しています。ユーザー数も分析の実行回数にも制限はありません。年間 1 テラバイトあたりわずか 1,000 USD。ウェアハウスソリューションのコストを従来の 1/10 に抑えることができます。パフォーマンスや容量のニーズの変化に合わせて、コンソールで数回クリックするか簡単な API コールを行うだけで、クラスターのサイズを簡単に変更できます。Amazon Redshift では、一般的な管理タスクのほとんどを簡単に自動化してデータウェアハウスを管理、モニタリング、スケーリングできるため、データの分析に集中して、ビジネスを効率的に運営するために必要な洞察を得ることができます。

Q: AWS Database Migration Service (DMS) とは何ですか? これを移行に使用するメリットは何ですか?

AWS Database Migration Service (DMS) は、データベースとデータウェアハウスを簡単かつ安全に AWS に移行するようにサポートする低コストなサービスです。レプリケーションタスクは数分以内に設定できます。一方、セルフマネージド型レプリケーションソリューションの場合、インストールと構成を行う必要があるため、数時間から数日間かかります。AWS DMS データレプリケーションは、AWS Schema Conversion Tool と密接に統合されており、Oracle から Amazon Redshift へといった異なる環境のデータベースの移行プロジェクトを簡単化します。

Q: AWS Schema Conversion Tool (SCT) とは何ですか?

AWS Schema Conversion Tool (SCT) は、Oracle のソーススキーマと、ビュー、ストアドプロシージャ、関数といったカスタムコードの大部分を自動的に Amazon Redshift などのターゲットデータベース互換フォーマットへと変換することにより、異なる環境のデータベースとデータウェアハウス間の移行を容易にします。自動的に変換できないすべてのコードには、はっきりとマークが付され、これらを手動で変換できます。

Q: Amazon Redshift と AWS DMS を利用できる AWS リージョンはどこですか?

各リージョンの製品とサービス の Amazon Redshift の項目をご覧になって、リージョンで AWS DMS サービスを利用できるかどうかをご確認ください。

Q: CloudFormation スタックとは何ですか?

CloudFormation スタックは、単一のユニットとして管理できる AWS リソースのコレクションです。スタック内のすべてのリソースは、スタックの CloudFormation テンプレートで定義されます。このプロジェクトでは、Oracle から Amazon Redshift へのデータウェアハウス移行を実行するために必要な VPC、サブネット、セキュリティグループ、RDS インスタンスを作成してプロビジョニングするために、CloudFormation スタックを使用します。このスタックはプロジェクトの完了後、簡単に削除できるため、追加費用の発生を避けられます。

Q: このプロジェクトで使用する CloudFormation テンプレートはカスタマイズできますか?

はい。CloudFormation テンプレートは、ユーザーから少しの入力を取得して、必要な AWS のサービスを最小構成でプロビジョニングするよう設計されています。ただし、VPC CIDR ブロックや RDS インスタンスタイプなどの構成を変更したい場合は、テンプレートをアップデートして再起動することができます。

Q:AWS DMS と AWS SCT は複雑なデータベーススキーマの移行をサポートしていますか?

はい。このプロジェクトは、異なる環境のデータベース間の移行方法をシンプルなスキーマ構造を使って理解するためのものです。この経験は、より複雑なデータウェアハウスの移行に役立つでしょう。

Q:AWS DMS サービスでサポートされるのは、このプロジェクトのようなデータの完全移行のみですか?

いいえ。AWS DMS は 1 回でデータを完全移行する場合にも、継続的なデータレプリケーション (CDC) にも使用できます。AWS DMS はソースデータベースの変更点を把握し、その変更をトランザクションの整合性を保つ方法でターゲットに適用します。必要な変更は、タスク設定のみです。CDC を有効した新しいタスクを作成すると、そのデータレプリケーションタスクは変更されるか終了されるまで、実行されます。

Q: このプロジェクトを実行するときの費用はどのくらいになりますか?

この移行プロジェクトが 2 時間以内に完了すると想定した場合、関連する費用は 7.85 USD 未満です。詳細については、使用するサービスとコストを参照してください。

プロジェクトの開始方法