実装ガイドを使用して今すぐ始める

15 ステップ  |  約 1 週間

個別サービスの使用とコスト: AWS の料金設定は、個別サービスそれぞれの使用量に基づいています。各サービスの使用量の総計によって毎月の請求額が決まります。各サービスの内容と請求に与える影響については、下にある各タブをご覧ください。

  • AWS Snowball

    説明: Snowball はペタバイト規模のデータ転送ソリューションで、安全なアプライアンスを使用して AWS クラウドとの間で大容量データを転送できます。Snowball を使用すると、高いネットワークコスト、長時間かかる転送、セキュリティ面の懸念といった、大規模なデータ転送に関する一般的な課題を解決できます。

    料金体系の仕組み: Snowball の料金には、(1) お客様が実行する各ジョブのサービス料金、(2) Amazon S3 からのデータ転送料、(3) お客様の住所との間で Snowball アプライアンスを運送するための発送費用、(4) お客様が現場で Snowball を使用する日数という 4 つの主なコスト要素が関係します。各コスト要素の詳細については、[AWS Snowball 料金表] を参照してください。

    : 10 TB のデータを米国東部リージョンにインポートするとします。50 TB の Snowball デバイスの使用料金は、最初の 10 日間は 200 USD、それ以降は 1 日につき 15 USD です。したがって、Snowball が 10 TB のデータをインポートする場合、200 USD の費用が 1 回のみ発生します (使用期間が 10 日以内の場合)。データ転送は 0.00 USD (無料) です。インポート中に行われた S3 リクエストおよび S3 標準の月額料金などの追加料金がかかります。これらの料金は、使用するオブジェクトの数とリージョンによって異なります。アプライアンスの発送費用はお客様の場所によって異なります。

  • Amazon S3

    説明: Amazon S3 は、クラウドで運用され、安全で耐久性に優れ、高度にスケーラブルなオブジェクトストレージです。オブジェクトの例として、HTML ページ、CSS ファイル、画像、動画、JavaScript などを保存できます。Amazon S3 は、シンプルなウェブインターフェイスによって、ウェブのどこからでもデータの保存と取得が簡単に行えるオブジェクトストレージであるため、信頼性の高い方法でデータを利用してもらうことができます。

    料金体系の仕組み: Amazon S3 の料金は、コンテンツを保存する Amazon S3 ストレージのタイプ、例えば場所 (米国東部対アジア太平洋 – シドニー)、保存するデータの量、お客様やお客様のユーザーがコンテンツの新規保存やコンテンツ取り出しをリクエストする回数、Amazon S3 からデータをお客様やお客様のユーザーに転送する回数によって決まります。詳細については、Amazon S3 の料金を参照してください。

    : 米国東部で標準ストレージを使用して 5 GB のコンテンツを保存する場合、支払いは月額 0.15 USD です。アカウントを作成したのが過去 12 か月以内で、AWS 無料利用枠の対象である場合、料金は発生しません。

実装ガイドを使用して今すぐ始める