プロジェクトを開始する

11 ステップ  |  120 分

aws-project_Oracle_to_Redshift
architectural-diagram
arch-diagram_migrate-oracle-to-redshift

Oracle データウェアハウスを Amazon Redshift に移行することによって、クエリとデータロードのパフォーマンスを大幅に改善し、拡張性を向上させて、コストを節約することができます。Amazon Redshift は高速で完全マネージド型、ペタバイト規模のデータウェアハウスです。お客様は、シンプルかつ費用対効果の高い方法で、すべてのデータを既存のビジネスインテリジェンスツールで分析できます。AWS Database Migration Service と AWS Schema Conversion Tool は、オンプレミスおよび AWS の両方にある Oracle データウェアハウスからのスキーマとデータの Amazon Redshift への移行を容易にし、データソースに依存するアプリケーションを中断させることはありません。

実行する内容

AWS Schema Conversion Tool (AWS SCT) を使用して、Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) で実行されているサンプル Oracle データウェアハウスからデータウェアハウスのスキーマとコードを変換します。AWS SCT は、ソーススキーマとカスタムコードの大半を Amazon Redshift との互換性があるフォーマットに自動的に変換するために役立ちます。AWS SCT は、変換できないコードを手動で変換できるように、それらに明確なしるしを付けます。

AWS Database Migration Service (AWS DMS) を使用して、Oracle データウェアハウスから Amazon Redshift にデータを移行します。AWS DMS を使用することにより、AWS マネジメントコンソールで数回クリックするだけでデータの移行を開始できます。ソースデータウェアハウスは、移行中も引き続き完全に機能します。

ソースとターゲットのデータウェアハウス間のオブジェクトタイプ、オブジェクト数、および各テーブルの行数を検証する SQL クエリの実行など、移行後のアクティビティを実行します

開始前に必要な準備

AWS アカウント: サンプル Amazon RDS Oracle データウェアハウスとターゲットの Amazon Redshift クラスターをセットアップし、AWS SCT および AWS DMS を使用するには AWS アカウントが必要です。AWS にサインアップする

IT スキルレベル: このプロジェクトを正常に完了するために、Oracle と SQL に関する基本的な知識が必要です。

AWS 経験: このプロジェクトを正常に完了するためには、Amazon RedshiftAmazon RDSAmazon DMSAWS Virtual Private Cloud、セキュリティグループ、および AWS CloudFormation に関する基本的な知識が必要です。

請求額の見積もり

移行コスト: このサンプルプロジェクトで説明されているとおり、移行コストは通常、10 GB Oracle データウェアハウスの 1 回限りの移行あたり約 7.85 USD になります。このコスト額は、お客様が AWS 無料利用枠上限を超えておらず、推奨される設定に従って、プロジェクト完了後 2 時間以内にすべてのリソースを終了させることを前提としています。

維持コスト: Amazon Redshift でデータウェアハウスを維持する総コストは、使用量と設定に応じて異なります。このガイドで推奨されているデフォルト設定を使用すると、AWS 無料利用枠上限を超えていない場合の典型的なコストは、毎月 45.84 USD となります。ユースケースには、請求に影響する別の設定が必要になる可能性があります。簡易見積りツールを使用すると、お客様のニーズに合わせて費用を見積もることができます。使用するサービスとそのコストの詳細な分析については、使用するサービスとコストを参照してください。

プロジェクトを開始する

Amazon Redshift データウェアハウスの可能性をさらに広げるには、データの読み込み、変換、可視化のための業界トップクラスのツールとエキスパートの知識を活用しましょう。

ドキュメント、ベストプラクティス、スクリプト、およびツールを含む、Amazon Redshift での作業時における追加の情報を参照してください。

AWS の利用を開始するためにさらにリソースが必要ですか。詳細は開始方法についてのリソースセンターをご覧ください。

このホワイトペーパーでは、AWS DMS の使用に関するベストプラクティスについて説明しています。