実装ガイドを使用して今すぐ始める

9 ステップ | 約 2 日間

Project-Provision-Cloud-Desktop
architectural-diagram
Amazon WorkSpaces Architectural Diagram

このプロジェクトでは、Amazon WorkSpaces と AWS Directory Service を使用してクラウドデスクトップをデプロイする方法をステップごとに説明します。Amazon WorkSpaces は、AWS クラウドで実行される完全マネージド型の安全なデスクトップコンピューティングサービスです。Amazon WorkSpaces では、クラウドベースの仮想デスクトップをプロビジョンし、ユーザーは必要なドキュメント、アプリケーションおよびリソースに簡単にアクセスできるようになります。AWS Directory Service を使用すると、Microsoft Active Directory (AD) を AWS クラウド内にセットアップして実行することや、AWS リソースを既存のオンプレミス Microsoft Active Directory に接続することが簡単にできるようになります。 

以下のような内容を実行します。

クラウドデスクトップのプロビジョンAmazon WorkSpaces によって実行し、Amazon WorkSpaces クライアントアプリケーションを使ってアクセスします。クライアントアプリケーションは Windows および Mac コンピュータ、Chromebooks、iPad、Fire タブレット、Android タブレットで利用できます。

新規ディレクトリの作成Microsoft AD によって実行し、ユーザーを追加します。プロジェクトの一部として、Amazon WorkSpaces を Microsoft AD 内のユーザーに割り当てる方法を学びます。

基本的な管理タスクAWS マネジメントコンソールで実行します。Amazon WorkSpaces の再起動と再構築の方法、新規 Amazon WorkSpaces のプロビジョン用カスタムイメージの作成方法、および Amazon WorkSpaces の削除方法を学びます。

開始する前に以下の準備が必要です。

AWS アカウント: Amazon WorkSpaces のプロビジョンを開始するには、AWS アカウントが必要です。 AWS にサインアップする

スキルレベル: デスクトップコンピューティングと Microsoft AD についての基本的な知識は作業に役立ちますが、必須ではありません。

AWS の経験: このプロジェクトを完了するには、AWS の使用経験があると役立ちます。

月請求額の見積もり:

Amazon WorkSpaces を使用したクラウドデスクトップ運用にかかる総コストは、ニーズと設定によって大きく異なります。この実装ガイドで説明されている Amazon WorkSpaces のリソースを 1 か月使用し、月ごとの支払いを選択した場合、コストは約 412 USD になります。これには、Amazon WorkSpaces からパブリックインターネットにアクセスする際に使用する帯域幅のコストは含まれていません。 

このプロジェクトに使用されているサービスと関連コストの詳細については、サービスの使用とコストを参照してください。

実装ガイドを使用して今すぐ始める

AWS の利用を開始するためにさらにリソースが必要ですか。詳細については、開始方法のリソースセンターをご覧ください。

このホワイトペーパーでは、企業に Amazon WorkSpaces をデプロイするときのベストプラクティスが説明されています。 

Amazon WorkSpaces のリソースページからは、技術文書やオンラインセミナーにアクセスできます。