実装ガイドを使用して今すぐ始める

6 ステップ  |  30 分

よくある質問

Q: E メールの受信に Amazon SES を使用する理由は何ですか?

Amazon SES を使用すれば、コスト効率よく、簡単に、独自の E メール受信インフラストラクチャを作成できます。Amazon SES に最低料金はありません。AWS のさまざまなサービスを使って受信メッセージを処理するように簡単に設定できます。Amazon SES を使ってメッセージを Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケットに配信したり、AWS Lambda 関数でコードをトリガーしたり、Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS) に通知を発行したり、Amazon WorkMail と統合したり、メッセージをバウンスしたりできます。Amazon S3 バケットにメールを送信するように選択した場合、AWS Key Management Service (AWS KMS) で管理されるマスターキーを使用して受信メッセージを暗号化できます。また、Amazon SES では Amazon CloudWatch にメトリクスが発行されます。

Q: Amazon SES の E メール受信機能の一般的なユースケースには、どのようなものがありますか?

Amazon SES で E メールを受信する場合は、E メール自動応答システム、E メール受信登録解除システム、受信 E メールからカスタマーサポートチケットを生成するソフトウェアなど、各種のソフトウェアソリューションを開発できます。

Q: 一般に Amazon SES の対象は組織ですか、それとも個人ですか?

ドメインを所有していれば誰でも Amazon SES で E メールを受信できますが、Amazon SES は個人の方よりも組織の方に多くご利用いただいております。これは、一般に組織は複数の E メールアドレスを管理し、通常は複数の開発者が、エンドユーザーに表示する raw 形式の E メールを処理するアプリケーションの構築に携わっているためです。

Q: Amazon SES の E メール受信機能はどのような仕組みですか?

Amazon SES で E メールの受信を正しく設定した後、ドメイン内の E メールアドレス宛ての E メールが届くと、その E メールは Amazon SES に送信されます。設定したルールに基づき、Amazon SES は自動的に E メールの承認または拒否を行います。E メールをお客様に渡す方法としては、E メールを Amazon S3 バケットに保存する方法と、E メールのコンテンツを含む Amazon SNS 通知を送信する方法があります。また、AWS Lambda 関数をトリガーしたり、受信を希望しないメッセージをドロップまたはバウンスしたり、Amazon WorkMail と統合したりするよう Amazon SES を設定することもできます。

Q: Amazon SES では、受け取った E メールをそのまま読むことができますか?

いいえ。Amazon SES は、Amazon S3 または Amazon SNS を介して raw 形式で未フォーマットの E メールを渡します。E メールの取得と処理にはお客様独自のコードを使用することになっています。E メールは一般に Multipurpose Internet Mail Extensions (MIME) 形式です。MIME をデコードするには、独自のアプリケーションを使用する必要があります。

Q: Amazon SES で E メールを受信するにはドメインを所有している必要がありますか?

はい。E メールアドレスを所有していても、ドメイン全体を所有していなければ、Amazon SES を使ってそのアドレスの E メールを受信することはできません。例えば、Gmail、Outlook など、所有していないドメインの E メールアドレスの E メールを受信するよう Amazon SES を設定することはできません。

Q: ドメインが Amazon Route 53 に登録されていない場合でも、Amazon SES を使ってドメインの E メールを受信できますか?

はい。Amazon SES では、所有するドメインの E メールを受信できますが、ドメインが Amazon Route 53 に登録されていれば、設定の手続きはより簡単になります。Amazon SES を使用してドメインの E メールを受信するには、ドメインの DNS サーバーに TXT レコードと MX レコードを追加する必要があります。ドメインが Amazon Route 53 に登録されていれば、このレコードの追加は Amazon SES によって自動的に行われます。ドメインが別の DNS プロバイダーに登録されている場合、ドメイン検証手続きの段階で Amazon SES からレコードが提供されるため、そのレコードをドメインの DNS サーバーに手動で追加する必要があります。レコードを DNS サーバーに手動で追加する手順は、お使いの DNS プロバイダーのユーザーインターフェイスによって異なります。

Q: 受信した E メールを自動的に処理するように Amazon SES を設定するには、どうするのですか?

受信ルールの設定に、Amazon SES コンソールまたは API を使用します。受信ルールを使用すると、ドメイン内の 1 件以上の受信者について、受信するメールに Amazon SES でどのような処理を行うかを指定できます。受信ルールは、条件と、アクションの順番のリストで構成されます。受信メールの宛先となっている受信者が、条件に指定された受信者と一致する場合に、受信ルールに指定されたアクションが Amazon SES によって実行されます。複数の受信ルールがグループ化されたものが受信ルールセットです。受信ルールセットは、使用しているすべてのドメインで受信するメールに対して Amazon SES でどのような処理を行うかを指定する、順序が指定された受信ルールの集合です。ご使用の AWS アカウントで複数の受信ルールセットを定義できますが、同時に有効にできる受信ルールセットは 1 つのみです。

Q: E メールを受信すると、どのように通知されるのですか?

受信ルールを設定すれば、E メールが届いたときに Amazon SES から Amazon SNS 通知を送信するように指定できます。このシンプルなプロジェクトでは、このオプションを有効にしていません。

Q: 受信する E メールにサイズ制限はありますか?

このプロジェクトのように、Amazon SES が E メールを Amazon S3 バケットに保存する場合、E メールの最大サイズ (ヘッダーを含む) は 30 MB です。Amazon SNS 通知を介して E メールを受信する場合、E メールの最大サイズ (ヘッダーを含む) は 150 KB です。

Q: 受信する E メールは暗号化されますか?

Amazon SES によって E メールを Amazon S3 バケットに保存するように受信ルールを設定する場合は、バケットに保存する前に AWS KMS を使って E メールを暗号化することを指定できます。暗号化はオプションのため、このシンプルなプロジェクトでは使用していません。暗号化を有効にする場合は、Amazon S3 から E メールを取得した後でコンテンツを復号する必要があります。AWS SDK for JavaAWS SDK for Ruby では、コンテンツを復号できるクライアントを提供しています。

[ 回答 ]
実装ガイドを使用して今すぐ始める