プロジェクトを開始する

4 ステップ  |  45 分

Jenkins_Build_Farm_HERO-ART_SM

プロジェクトの完了に必要な費用: このプロジェクトを完了するために必要になると予想される費用は 0.00 USD です。この費用は、お客様が AWS 無料利用枠を利用でき、推奨される構成にそって作業し、プロジェクト完了後 1 時間以内にリソースすべてを終了させることを前提に算出しています。

月請求額の見積もり: Jenkins サーバーノードを起動する場合の合計コストは、使い方と設定によって異なります。このガイドで推奨されるデフォルトの設定を使用した場合、通常、AWS 無料利用枠の範囲内であれば 1 か月あたり 88.84 USD、AWS 無料利用枠を超えていれば 91.84 USD です。

ユースケースには、請求に影響する別の設定が必要になる可能性があります。例えば、同時に作成するビルドの数が多くなると、Jenkins によって自動的に追加ホストが起動されます。この動作の詳細については、Amazon EC2 プラグインのページを参照してください。簡易見積りツールを使用すると、お客様のニーズに合わせて費用を見積もることができます。

個々のサービスの使用とコスト: AWS の料金は、各サービスの使用量に基づいて決定されます。各サービスの使用量の総計によって毎月の請求額が決まります。各サービスの内容と請求に与える影響については、下にある各タブをご覧ください。

  • Amazon EC2

    製品の説明: Amazon EC2 は、インスタンスと呼ばれる仮想アプリケーションサーバーを提供し、Jenkins サーバーインスタンスやその他のビルドエージェントをホストします。Amazon EC2 を使用することで、変化する要件や需要に合わせたコンピューティング性能の設定やスケーリングが容易になります。実績のある Amazon のコンピューティング環境と統合され、AWS のサービスのスイートを活用できます。

    料金体系の仕組み: Amazon EC2 の料金は、選択するインスタンスタイプ (40 種類を超えるインスタンスタイプに加え、コンピューティング、メモリ、ストレージなどに最適化されたタイプ)、インスタンスを実行するリージョン、実行するソフトウェア、および選択する料金モデル (オンデマンドインスタンス、リザーブドキャパシティー、スポットインスタンスなど) という 4 つの要素によって決まります。詳細については、Amazon EC2 料金を参照してください。

    費用の見積もり: 米国東部リージョンの 1 つの Linux m4.large EC2 インスタンスで Jenkins インスタンスをホストするとします。オンデマンド料金モデルでは、EC2 の使用料は 1 か月あたり約 87.84 USD です。

  • Amazon EBS

    サービスの説明: Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS) は、AWS クラウド内で Amazon EC2 インスタンスと組み合わせて使用できる、永続的なブロックレベルストレージボリュームです。コンポーネントに障害が発生した場合でも高い可用性と耐久性を維持できるように、Amazon EBS の各ボリュームはアベイラビリティーゾーン内で自動的にレプリケートされます。Amazon EBS ボリュームは、作業負荷の実行に必要な安定した低レイテンシーのパフォーマンスを提供します。ポイントインタイムスナップショットを作成することで、EBS ボリュームのデータを Amazon S3 にバックアップできます。Amazon EBS スナップショットは増分バックアップです。つまり、最後にスナップショットを作成した時点から、ボリューム上で変更のあるブロックのみが保存されます。

    料金体系の仕組み: Amazon EBS の料金は、デプロイ先のリージョン、選択したストレージタイプ、保存するデータのボリュームという 3 つの要素に基づいて決まります。詳細については、Amazon EBS 料金を参照してください。

    : このプロジェクトでは 40 GB の EBS ボリュームを 1 つ使用します。このコストは約 4 USD です。

プロジェクトを開始する