このステップバイステップのチュートリアルで、Amazon Simple Storage Solution (S3) を使用してファイルをクラウドに保存する方法を説明します。Amazon S3 は、お客様のデータ (オブジェクトと呼ばれます) を大規模に保存できるようにするサービスです。このチュートリアルでは、Amazon S3 バケットの作成、ファイルのアップロード、ファイルの取得、ファイルの削除を行います。

このチュートリアルは、AWS 無料利用枠内で行えます。

AWS でファイルを保存するにはアカウントが必要

数分間で無料アカウントを作成

AWS の無料利用枠には Amazon S3 のストレージ 5 GB、20,000 Get リクエスト、2,000 Put リクエストが含まれます。

AWS 無料利用枠の詳細はこちら

 

ここをクリックすると、AWS マネジメントコンソールが新しいブラウザウィンドウで開くため、このステップバイステップガイドを開いたままで操作できます。  画面の読み込みが終わったら、ユーザー名とパスワードを入力して作業を開始します。検索バーに「S3」と入力し、[S3] を選択してコンソールを開きます。

tmt_store-retrieve-file_1

(クリックして拡大)

tmt_store-retrieve-file_1

このステップでは、Amazon S3 バケットを作成します。 バケットとは、その中にファイルを保存するためのコンテナです。


a.  S3 ダッシュボードで、[バケットを作成する] をクリックします。

バケットを初めて作成した場合は、ここに示されている画像のような画面が表示されます。 

S3 バケットを既に作成している場合は、すべての作成済みのバケットが S3 ダッシュボードに一覧表示されます。

tmt_store-retrieve-file_2a

(クリックして拡大)

tmt_store-retrieve-file_2a

b.バケット名を入力します。バケット名は、Amazon S3 内の既存バケット名の中で一意である必要があります。S3 バケット名の制約は、他にも多数あります。次に、バケットを作成するリージョンを選択します。

[次へ] を選択します。

 

tmt_store-retrieve-file_2b

(クリックして拡大)

tmt_store-retrieve-file_2b

c.  バージョニングサーバーアクセスロギングタグオブジェクトレベルのロギングデフォルトの暗号化など、S3 バケットには役立つ多数のオプションがあります。このチュートリアルでは、こういったオプションは無効にしておきます。[次へ] を選択します。

tmt_store-retrieve-file_2c

(クリックして拡大)

tmt_store-retrieve-file_2c

d.S3 バケットのアクセス許可設定を指定する機能があります。デフォルト値をそのままにして、[次へ] を選択します。

tmt_store-retrieve-file_2d

(クリックして拡大)

tmt_store-retrieve-file_2d

e.  構成設定を確認し、[バケットを作成する] を選択します。

tmt_store-retrieve-file_2e

(クリックして拡大)

tmt_store-retrieve-file_2e

このステップでは、新しい Amazon S3 バケットにファイルをアップロードします。


a.  S3 コンソールに新しいバケットが表示されます。バケットの名前をクリックして、そのバケットに移動します。

tmt_store-retrieve-file_3a

(クリックして拡大)

tmt_store-retrieve-file_3a

b.  バケットのホームページに移動しました。[アップロード] を選択します。

tmt_store-retrieve-file_3b

(クリックして拡大)

tmt_store-retrieve-file_3b

c.アップロードするファイルを選択するには、[ファイルを追加] をクリックして保存するサンプルファイルを選択するか、アップロードボックスにファイルをドラッグアンドドロップします。アップロードするファイルを選択したら、[次へ] をクリックします。

tmt_store-retrieve-file_3c

(クリックして拡大)

tmt_store-retrieve-file_3c

d.オブジェクトに対してアクセス許可設定を指定する機能があります。このチュートリアルでは、デフォルト値をそのままにして [次へ] を選択します。

tmt_store-retrieve-file_3d

(クリックして拡大)

tmt_store-retrieve-file_3d

e.オブジェクトに、ストレージクラス、暗号化、メタデータなどのプロパティ設定を指定する機能があります。デフォルト値をそのままにして、[次へ] を選択します。

tmt_store-retrieve-file_3e

(クリックして拡大)

tmt_store-retrieve-file_3e

f.構成を確認し、[アップロード] を選択します。バケットのホーム画面にオブジェクトが表示されます。

tmt_store-retrieve-file_3f

(クリックして拡大)

tmt_store-retrieve-file_3f

このステップでは、Amazon S3 バケットからファイルをダウンロードします。


a.ダウンロードするファイルの隣にあるチェックボックスをオンにし、[ダウンロード] を選択します。

tmt_store-retrieve-file_4

(クリックして拡大)

tmt_store-retrieve-file_4

オブジェクトとバケットは、Amazon S3 コンソールから簡単に削除できます。ベストプラクティスとして、課金され続けることがないように、使用しなくなったリソースを削除することをお勧めします。


a.最初にオブジェクトを削除します。削除するファイルの横にあるチェックボックスをオンにして、[詳細] > [削除] を選択します。

tmt_store-retrieve-file_5a

(クリックして拡大)

tmt_store-retrieve-file_5a

b.  削除するオブジェクトを見直して確認します。[削除] を選択します。

tmt_store-retrieve-file_5b

(クリックして拡大)

tmt_store-retrieve-file_5b

c.[Amazon S3] をクリックして、リージョン内のバケットをすべて表示します。 

tmt_store-retrieve-file_5c

(クリックして拡大)

tmt_store-retrieve-file_5c

d.作成したバケットにある名前の右側をクリックして選択し、[削除] をクリックします。バケットの名前を入力し、[確認] をクリックします。

tmt_store-retrieve-file_5d

(クリックして拡大)

tmt_store-retrieve-file_5d

Amazon S3 バケットを作成し、ファイルを S3 オブジェクトとしてアップロードして、最初のファイルをクラウドにバックアップしました。Amazon S3 は、99.999999999% の耐久性を持つように設計されており、ファイルは必要なときにいつでも利用できます。また、バックアップしたファイルを取得する方法と、ファイルとバケットを削除する方法を学びました。

ウェブコンソールから Amazon S3 を使用する方法については理解できました。次のチュートリアルでは、コマンドラインを使用して、スクリプトにより同様のバックアップと復元のアクションを実行する方法について学びます。

コマンドラインによってファイルを Amazon S3 にバックアップする »

はい
いいえ