AWS IoT Greengrass

エッジデバイスで、ローカルコンピューティング、メッセージング、データキャッシュ、同期、ML 推論機能を実現する

AWS IoT Greengrass では、AWS をエッジデバイスにシームレスに拡張します。それによりエッジデバイスは、管理、分析、耐久性のあるストレージのためにクラウドを使用しながら、生成したデータに基づいてローカルで動作することが可能になります。AWS IoT Greengrass を使用すると、コネクテッドデバイスがインターネットに接続されていない場合にも、AWS Lambda 関数の実行、機械学習モデルに基づく予測の実行、デバイスデータの同期の維持、他のデバイスと安全な通信を行うことができます。

AWS IoT Greengrass では、一般的な言語およびプログラミングモデルを使用してクラウド上でデバイスのソフトウェアを作成およびテストし、それからデバイスにデプロイできます。AWS IoT Greengrass では、デバイスデータをフィルタリングして必要な情報のみをクラウドに返すようにプログラミングすることが可能です。また、AWS IoT Greengrass Connectors を使用すると、初期状態でサードパーティー製のアプリケーション、オンプレミスのソフトウェア、AWS のサービスに接続できます。さらに、AWS IoT Greengrass Connectors を使用すれば、構築済みプロトコルアダプタの統合によりすぐにデバイスのオンボードを開始できます。また AWS Secrets Manager との統合により認証を簡素化できます。

AWS Greengrass の紹介 (日本語字幕) (1:34)

メリット

ローカルイベントへのほぼリアルタイムの対応

AWS IoT Greengrass のデバイスは、デバイスが生成したデータに基づいてローカルで動作することが可能です。管理、分析、耐久性のあるストレージのためにクラウドを使用しながら、ローカルイベントにすばやく対応できます。ローカルリソースアクセス機能により、AWS IoT Greengrass Core デバイスにデプロイされた AWS Lambda 関数を使って、カメラ、シリアルポート、GPU などのローカルデバイスリソースにアクセスできます。これによりデバイスアプリケーションはローカルデータへのすばやいアクセスや処理を実行できます。

オフラインで動作

AWS IoT Greengrass では、クラウドへの接続が断続的であったとしても接続されたデバイスは動作します。デバイスが再接続されると、AWS IoT Greengrass では、デバイスのデータを AWS IoT Core と同期します。こうして接続状況にかかわらずシームレスな機能を実現します。

セキュアな通信

AWS IoT Greengrass では、ローカル通信およびクラウド通信の両方でデバイスデータを認証および暗号化するため、証明されたアイデンティティのないデバイスやクラウドの間でデータが交換されることはありません。また、ハードウェアレベルで保護されたエンドツーエンドの暗号化を AWS IoT Greengrass Core と AWS クラウドの間で送信されるメッセージに活用することもできます。この暗号化は、AWS IoT Device SDK を使用して、AWS IoT Greengrass Core と他のローカルデバイスとの間のメッセージにも活用できます。

AWS Lambda を使用した簡単なデバイスプログラミング

AWS Lambda を使用してクラウドでコードを開発し、それからデバイスにシームレスにデプロイできます。AWS IoT Greengrass では AWS Lambda 関数をローカルで実行できるため、組み込みソフトウェア開発の複雑さを削減できます。

IoT アプリケーションのランニングコストの削減

豊富なインサイトをより低コストで得るために、ローカルでデータをフィルタリングし、アプリケーションに必要なデータのみをクラウドに送信するようデバイスをプログラミングすることができます。これにより、クラウドに送信される raw データの量が削減されます。コストは最小限になり、クラウドに送信するデータの質は向上します。

統合された高品質テストツール

AWS IoT Greengrass 用 AWS IoT Device Tester はテストオートメーションツールです。このツールにより、AWS IoT Greengrass で使用する Linux ベースの IoT デバイスのテストは高速化します。また、AWS IoT Device Tester を使用すると、デバイスでの AWS IoT Greengrass の実行や AWS IoT サービスとの相互運用が可能かどうかを判断するためのテストを簡単に行えます。詳細、およびツールの取得については、こちらをクリックしてください。

仕組み

AWS IoT Greengrass を使用すると、多様なデバイスをクラウドおよび相互に接続する IoT ソリューションを構築できます。Ubuntu や Raspian などのディストリビューションを含む Linux を実行し、Arm または x86 アーキテクチャをサポートするデバイスは AWS IoT Greengrass Core をホストできます。AWS IoT Greengrass Core では、AWS Lambda のコード、メッセージング、データキャッシュ、セキュリティをローカルで実行できるようになります。AWS IoT Greengrass Core を実行しているデバイスは、Amazon FreeRTOS を実行しているデバイスや AWS IoT Device SDK がインストールされているデバイスなど、他のデバイスと通信するためのハブとして機能します。通信対象のデバイスのサイズは、マイクロコントローラーベースの小型デバイスから大型アプライアンスまでさまざまです。AWS IoT Greengrass Core のデバイス、AWS IoT Device SDK が有効なデバイス、Amazon FreeRTOS のデバイスは、AWS IoT Greengrass グループ内で相互に通信するように設定できます。AWS IoT Greengrass Core のデバイスのクラウド接続が途切れた場合でも、AWS IoT Greengrass グループ内のデバイスはローカルネットワーク上で互いに通信を続けられます。AWS IoT Greengrass グループは、建物の 1 つの階、1 台のトラック、または採掘現場全体を表すことがあります。

AWS IoT Greengrass — 仕組み

AWS IoT Greengrass では事前に構築されたコネクタが提供されます。それによりエッジデバイスの機能をコードを記述することなく簡単に拡張できます。AWS IoT Greengrass Connectors により、サードパーティー製のアプリケーション、オンプレミスのソフトウェア、AWS のサービスをエッジにすばやく接続することが可能になります。

AWS IoT Greengrass コネクタ

AWS IoT Greengrass では、ハードウェアのルートオブトラストとして、エッジデバイス用のプライベートキーストレージが提供されます。AWS IoT Greengrass の機能を、ハードウェアレベルで保護されたメッセージ暗号化と共に使用できます。

AWS IoT Greengrass のセキュリティ
Logic Supply

Ecofit

Ecofit では AWS IoT Greengrass を使用してフィットネス機器のデータを収集することで、機器のメンテナンスを向上させ、資産寿命を延ばすことができています。

Logic Supply

CradleWise

Cradlewise では AWS IoT Greengrass を使用し、自社製品のスマート揺りかごでデバイスがオフラインモードでも動作するようにしています。

AWS の使用を開始する

ステップ 1 - AWS アカウントにサインアップする

AWS アカウントにサインアップする

AWS 無料利用枠をすぐに利用できます。
ステップ 2 - 10 分間チュートリアルで学ぶ

10 分間のチュートリアルで学ぶ

簡単なチュートリアルで学習します。
AWS で構築を開始する

AWS で構築を開始する

お客様の AWS でのプロジェクトを開始するのに役立つステップバイステップガイドを使って構築を開始しましょう。

AWS IoT Greengrass の詳細

特徴ページにアクセスする
構築を始めましょう
AWS IoT Greengrass の開始方法
ご不明な点がおありですか?
お問い合わせ