まずは無料で始める »

IoT (モノのインターネット) とは、RFID (Radio-Frequency IDentification) の開発に取り組んでいるイギリスのテクノロジー先駆者であり、現実世界をインターネットに接続するユビキタスセンサーのシステムを考案した、ケビン・アシュトン氏による造語です。モノ、インターネット、および接続は IoT の核となる 3 つの要素ですが、その価値は、自己強化型のシステムや自己改良型のシステムで現実世界とデジタル世界のギャップを埋めることにあります。

世界中のすべてのモノの状態を理解していて、そのデータを熟知して論理的に判断できるのであれば、どのような問題を解決するのでしょうか?

その疑問に答えて、接続されているデバイスから価値を引き出せるようにするために、AWS では、AWS GreengrassAWS IoT などの IoT 固有のサービスを構築しました。これらのサービスにより、データを収集してクラウドに送信でき、その情報を簡単に読み込んで分析でき、デバイスを管理できるため、お客様はニーズに合うアプリケーションの開発に専念できます。

AWS で IoT (モノのインターネット) の構築を始めるには、サービスを選択して詳細を確認してください。 

近日開催予定の Tech Talk にお申し込みいただき、AWS IoT について専門家に質問して学習することもできます。

AWS Greengrass は、接続されたデバイスのローカルのコンピューティング、メッセージング、およびデータキャッシュを安全な方法で実行できるようにするソフトウェアです。AWS Greengrass では、接続されているデバイスで AWS Lambda 関数を実行し、デバイスデータを常に同期させ、他のデバイスと安全に通信できます。これはインターネットに接続していないときでも可能です。

AWS IoT では、接続されたデバイスが簡単かつ安全にクラウドアプリケーションやその他のデバイスとやり取りできるマネージド型クラウドプラットフォームです。AWS IoT では数十億のデバイスと数兆のメッセージをサポートし、それらのメッセージを AWS エンドポイントおよび他のデバイスに確実かつ安全に処理しルーティングします。

AWS IoT ボタンは、Amazon Dash Button ハードウェアをベースにしたプログラミング可能なボタンです。このシンプルな Wi-Fi デバイスは設定が簡単で、特定のデバイス向けのコードを書くことなく、AWS IoT、AWS Lambda、Amazon DynamoDB、Amazon SNS、およびその他多くのアマゾン ウェブ サービスの使用を開始する開発者向けに設計されています。

IoT とは
AWS ブログでの IoT
IoT 開発者用リソース