AWS IoT ボタンは、Amazon Dash Button ハードウェアをベースにしたプログラミング可能なボタンです。このシンプルな Wi-Fi デバイスは設定が簡単で、特定のデバイス向けのコードを書くことなく、AWS IoT、AWS Lambda、Amazon DynamoDB、Amazon SNS、およびその他多くのアマゾン ウェブ サービスの使用を開始する開発者向けに設計されています。

クラウド内のボタンのロジックをコーディングして、アイテムのカウントまたはトラッキング、呼び出しまたは警告、何かの開始または停止、サービスのオーダー、またはフィードバックを提供するようにボタンのクリックを設定できます。例えばボタンをクリックして、車のロック解除や始動、ガレージのオープン、タクシーの配車、配偶者やカスタマーサービスの代表者の呼び出し、家庭の日用品、薬品または製品の使用量のトラッキング、または家電のリモートコントロールを行えます。

ボタンは Netflix のリモコンとして、Philips の Hue 照明のスイッチとして、Airbnb ゲストのチェックイン/チェックアウトデバイスとして、またはお好みの配達ピザの注文ボタンとして使用できるかもしれません。Twitter、Facebook、Twilio、Slack といったサードパーティ製の API のみでなく、自社のアプリケーションとも統合できます。これまでに考えもしなかった機能と結びつけてください。お客様の AWS IoT ボタンを活用する方法をぜひお知らせください。

AWS_IoT_button_short

AWS IoT ボタンを入手する

今すぐ購入する

AWS IoT ボタンをお客様の Wi-Fi ネットワークと接続するように設定し、そのボタンを AWS IoT 証明書およびプライベートキーとプロビジョニングすると、ボタンは AWS IoT と安全に接続され、クリックによりトピックにメッセージを発行します。AWS IoT のルールエンジンを使用して、ルールをセットアップし、シングルクリック、ダブルクリック、または長押しのイベントがすべての AWS のサービスにルーティングされるように設定できます。Amazon SNS を通して通知を送信するか、Amazon DynamoDB テーブルにクリックを保存するよう設定できます。Node.js、Python または AWS Lambda 関数内の Java に書き込まれたカスタムロジックをコーディングすることもできます。それからその関数を、サードパーティのサービスまたは他の AWS IoT を使用して接続されたものと接続するように設定できます。

 

まず、AWS アカウントが必要です。アカウントの作成は無料で簡単です。今すぐ申し込む

AWS IoT ボタンの使用を開始する最も速い方法は、AWS Lambda 設計図のウィザードを完了させることです。このウィザードは、必要な AWS IoT リソースを作成し、新しい Lambda 関数を呼び出すボタンにイベントソースを追加します。Lambda 関数は、ユーザーがボタンが押すと、Amazon SNS を使用して本人に E メールを送信します。

開始するには、右側のリンクをクリックしてコンソールにサインインし、Configure Your Event Source ウィザード内の、以下の手順に従います。

 

AWS IoT ボタンを設定する

構成ウィザードに移動する
  1. IoT Type ドロップダウンメニューから IoT ボタンを選択します。
  2. デバイスシリアルナンバー (DSN) を入力します。デバイスの裏側に DSN があります。
  3. 手順に従って AWS IoT ボタンを設定し、Wi-Fi および AWS IoT に接続します。
  4. ウィザード内の手順を続行して、Lambda 関数のサンプルを更新します。コードエディタに E メールを入力します。
  5. クリックして開始します。

このウィザードでは、AWS Lambda コンソールを使用して AWS IoT イベントソースを設定し、AWS IoT に必要なリソースを作成します。AWS IoT の詳細について学習し、AWS IoT コンソールを使用してこれらのリソースを手動で作成する場合は、代わりにこちらの Step-by-Step Tutorial に従ってください。

Pasted image at 2016_05_10 02_34 PM

ボタンは米国国外で利用できますか?

現時点ではボタンは米国国外では利用できません。

AWS IoT ボタンはどのようにして入手できますか?

AWS IoT ボタンは Amazon.com で購入可能です。ボタンを一括購入する場合は、ユースケースについての詳細を記載した E メールを、aws-iot-button@amazon.com に送信してください。

AWS IoT ボタンを使用した AWS IoT の詳細について教えてください。段階的手順のチュートリアルがありますか。

はい。この Step-by-Step Tutorial を利用して、AWS IoT コンソールを使用した AWS IoT リソースの作成、ボタンの設定、ルールの作成ができます。

AWS IoT ボタンでは、さらに何が行えますか?

ボタンを使用して、アイテムのカウント、使用量のトラッキング、呼び出しやテキストおよび警告、プロセスまたはインターネットに接続されたデバイスの開始および停止を行えます。使用量をカウントしてトラッキングするには、Amazon DynamoDB にクリックを保存できます。このチュートリアルに従って、AWS IoT ルールエンジンを使用する DynamoDB ルールを作成します。Amazon SNS を使用してアラートを通知できます。このチュートリアルに従って、AWS IoT ルールエンジンを使用する SNS ルールを作成します。AWS Lambda を使用して、プロセスの開始および停止、外部の API エンドポイントの呼び出し、またはインターネットに接続されたデバイスへの接続ができます。このチュートリアルに従って、AWS IoT ルールエンジンを使用する Lambda ルールを作成します。

家庭やオフィスの Wi-Fi で使用するには、ボタンをどのように設定すればよいですか?

ボタンを青色の LED ライトが点滅するまで 5 秒間押したままにします。

電話またはコンピュータを使用して Button ConfigureMe – XXXX Wi-Fi ネットワークに接続します。デバイスのシリアル番号の下 8 桁を WPA2-PSK のパスワードとして使用します。

ブラウザで、http://192.168.0.1/index.html に移動します。

ボタンを接続するネットワーク (SSID) を選択し、そのパスワードを入力します。

AWS IoT ボタンはどこでも動作しますか?

ボタンは Wi-Fi (2.4 Ghz) があれば、どこでも動作します。AWS IoT ボタンは家庭やオフィスの環境での動作を想定して設計されているので、展示ホール、昼食会場、キーノート会場、または通路など、帯域の輻輳している Wi-Fi スペクトラムでの使用には適していません。インターネットに接続できれば、動作します。

ボタンを押すと、デバイスからはどのようなペイロードが送信されるのですか?

ペイロードにはデバイスのシリアル番号、測定されたバッテリー電圧、およびクリックタイプが含まれています。

以下の JSON テンプレートに、送信されるペイロードを示します。

{

"serialNumber": "GXXXXXXXXXXXXXXXXX",

"batteryVoltage": "mV",

"clickType": "SINGLE | DOUBLE | LONG"

}

最初の押下時間が 1.5 秒より長い場合、"LONG" clickType が送出されます。短いクリックでは、"SINGLE" および "DOUBLE" clickType のペイロードが送出されます。

LED カラーのパターンにはどのような意味がありますか?

カラー ステータス
白色点滅 Wi-Fi 接続中、IP アドレス取得中、AWS IoT に接続中
緑色点灯 Wi-Fi への接続および AWS IoT へのメッセージ送信に成功
青色点滅 ソフト AP モード
オレンジ点灯 Wi-Fi 設定なし
エラー(詳細についてはトラブルシューティングガイドを参照)

使用できる Lamdba 関数の例はありますか?

AWS Lambda コンソールにあるどの設計図でも使用できます。

バッテリーはどれほどの長さ使用できますか?

このバッテリーは約 1000 回のボタン押下に対応しています。デバイスのバッテリー残量が切れた場合、バッテリーの再充電や交換はできません。

デバイスを使用するには、AWS アカウントおよび Amazon.com のアカウントが必要ですか?

はい。このデバイスをセットアップするには、AWS アカウントが必要です。AWS アカウントは Amazon.com のアカウントとは異なります。ボタンの購入には、Amazon.com のアカウントが必要です。

必要な費用はいくらですか?

AWS では、使用している期間、必要なサービスにのみお支払いいただき、長期契約は必要ありません。ボタンで使用するのは、AWS IoT サービスおよびその他お客様がご利用になるサービスです。無料利用枠の対象となる場合、追加料金は発生しません。それ以外の場合は、各サービスに別途料金が発生します。使用量に応じて別々に課金されます。

独自の IoT プロジェクトを構築しました。どこに投稿できますか?

Hackster と協力し、AWS IoT ボタンのページを Hackster.io、hackster.io/amazonwebservices/products/aws-iot-button に作成しました。お客様が構築したプロジェクトに他のユーザーがどのように構築できるか、プロジェクトを詳細と共にお気軽に投稿してください。


自分のボタンで証明書とプライベートキーをプロビジョニングするのに問題があります。

Firefox、Chrome、または Opera を使用している場合、AWS Lambda イベントソースのウィザードで、リンクをクリックして証明書とプライベートキーをダウンロードしてください。Safari または Internet Explorer を使用している場合は、右クリックして [Save As] を選択し、コンピュータに証明書とプライベートキーのファイルをダウンロードしてください。

安全上の理由から、AWS では AWS IoT 証明書およびプライベートキーを保存しません。コンピュータにダウンロードしない場合、これらは失われます。現在の証明書が機能しない場合、新しい証明書とプライベートキーを作成するか、AWS Lambda イベントソースのウィザード内の手順に従ってください。

デバイスの AWS IoT への接続に問題があります。

  • デバイスの証明書が ACTIVE であることを確認します。
  • iotbutton/+ への公開が可能なポリシーがアタッチされているかどうか確認します。
  • ネットワークでポート 8443 がブロックされていないかどうかを確認します。ポート 8443 へのリクエストが許可されていることが必要です。このページをご覧ください。

設計図のウィザードに従って操作しましたが、ボタンを押すと緑色のライトが点灯します。E メールを受信しません。

Lambda 関数に、SNS でリソースを作成する適切な権限がない可能性があります。確定するには、ウィザードを使用して先ほど作成した Lambda 関数の CloudWatch ログに移動します。必要な SNS の権限 (sns:createTopic、sns:Publish、sns:subscribe、sns:listSubscriptions) を関数の実行ロールに追加します。

他のケースとして、ウィザードを使用していない時に、緑色のライトが点灯しても何も起こらない場合には、デバッグのために次の手順に従ってください。

  1. AWS IoT コンソール内の MQTT Client を使用してテストします。"iotbutton/+" トピックをサブスクライブして、クリックした時にメッセージを受信するかどうかを確認します。
  2. AWS IoT コンソールで [Settings] の下の CloudWatch Logs を有効にしてから、Amazon CloudWatch コンソールの "AWSIoTLogs" を調べてルールが実行されたかどうかを確認します。
  3. AWS Lambda といった他のサービスでは、CloudWatch ログ内で関数に対する特定のログを調べてエラーを探します。

ボタンが接続できず、赤色パターンで点滅します。

これは、エラー発生を示しています。問題を解決するために、次の点滅シーケンスガイドを使用してください。

点滅パターン

エラー

短、短、短

設定されたワイヤレスネットワークへの接続中にエラーが発生しました。

短、短、長

ネットワークからの IP アドレスの取得中にエラーが発生しました。

短、長、短

ホスト名のルックアップの実行中にエラーが発生しました。DNS サーバーにアクセスできない、または AWS IoT エンドポイントのサブドメインが不適切に設定されていることが原因の可能性があります。

短、長、長

AWS IoT に接続できません。これはネットワークの問題である可能性がありますが、証明書の問題である可能性はほとんどありません。

長、短、短

サーバーとの安全な接続を確立できません。このエラーは通常、不明または無効の証明書が原因で発生します。

長、短、長

HTTP 403 (Forbidden) を受信しました。このエラーは通常、証明書にそのトピックに対して発行する権限がないことが原因で発生します。

長、長、短

AWS IoT からの送信または受信に問題があります。これは通常、単なるネットワーキングのエラーです。

 

長、長、長

AWS IoT から不明の HTTP レスポンスを受信しました。

赤色点灯

致命的な内部エラーが発生しました。唯一のオプションは再試行することです。

デバイスの Wi-Fi モードの接続に問題があります。

ボタンの SSID (Button ConfigureMe – XXX) に接続してから、ブラウザで http://192.168.0.1/index.html に移動します。Button ConfigureMe ページに接続できない場合は、ブラウザを再起動します。

空白を含む SSID と Wi-Fi パスワードは許可されていません。

設定用ウェブページへのアクセス試行時に VPN に接続されていないかどうか確認してください。

IAM ユーザーとしてのアクセス権が制限されています。

IAM ユーザーポリシーに iot:* 権限を付与してください。

このガイドに記載されていない問題が発生しました。

ご心配ありません。お客様のために私たちがサポートします。AWS にボタンを接続できない場合、ここをクリックしてサポートケースを作成してください。AWS カスタマーサービスチームよりご連絡さしあげます。

技術サービスに関する質問は、AWS IoT フォーラムまたは AWS Lambda フォーラムにお気軽に投稿してください。

デバイスをセットアップモードに切り替えることに問題があります。ボタンを 5 秒以上押し続けていますが、青の点滅になりません。

いったんボタンを放し、数秒待ってからもう一度試してみてください。

それでもうまくいかない場合、短くボタンを押して、橙色になるかどうか確認します。

橙色にならなければ、ここでサポートケースを作成し、顧客サービスにお問い合わせください。