Amazon Kinesis Data Analytics

ストリーミングデータからリアルタイムで実用的なインサイトを取得できます。

Amazon Kinesis Data Analytics は、ストリーミングデータの分析、実用的なインサイトの取得、ビジネスやお客様のニーズへのリアルタイムな対応を最も簡単に行えるサービスです。Amazon Kinesis Data Analytics を利用すると、ストリーミングアプリケーションを構築し、管理し、AWS のサービスと統合する作業がシンプルになります。SQL ユーザーは、テンプレートとインタラクティブな SQL エディタを使用して、ストリーミングデータを簡単にクエリしたり、ストリーミングアプリケーション全体を構築したりできます。Java 開発者は、オープンソースの Java ライブラリと AWS の統合を使用してリアルタイムでデータを変換および分析することで、洗練されたストリーミングアプリケーションを迅速に構築することができます。

Amazon Kinesis Data Analytics では、クエリを継続的に実行するために必要なものすべてが提供され、受信データのボリュームとスループットレートに応じて自動的にスケールされます。Amazon Kinesis Data Analytics では、ストリーミングアプリケーションで消費されたリソースのみが課金の対象となります。最低料金や初期費用はありません。

PoC (概念実証) または評価に関するサポートをリクエスト >>

利点

強力なリアルタイム処理

Amazon Kinesis Data Analytics には、高度な分析のためにストリーミングデータをフィルタリング、集約、変換する機能が組み込まれています。1 秒未満のレイテンシーでストリーミングデータを処理するため、着信データおよびストリーミングイベントをリアルタイムで分析し、応答することができます。

サーバー管理が不要

Amazon Kinesis Data Analytics はサーバーレスです。管理するサーバーがありません。完全マネージド型なので、インフラストラクチャをプロビジョニングしたり管理したりする必要なく、ストリーミングアプリケーションを実行できます。Amazon Kinesis Data Analytics は、必要に応じてインフラストラクチャを自動的にスケールし、アプリケーションを低レイテンシーで実行します。

支払いは実際に使用した分のみ

Amazon Kinesis Data Analytics では、ストリーミングアプリケーションによって使用される処理リソースについてのみ料金が発生します。最低料金や前払いの義務はありません。

使いやすい

Amazon Kinesis Data Analytics では、ストリーミングデータソースの設定、クエリまたはストリーミングアプリケーションの作成、処理済みデータの送信先の設定という 3 つの簡単なステップで、クエリと高度なストリーミングアプリケーションを簡単かつ迅速に構築できます。Amazon Kinesis Data Analytics では、転送中のデータに対してもクエリとアプリケーションが継続的に実行され、結果が転送先に送信されます。

SQL

Amazon Kinesis Data Analytics では、結合、一定期間の集計、フィルタなどを実行する SQL クエリを作成できるテンプレート、およびインタラクティブなエディタが用意されています。そのため、分析タスクに適切なテンプレートを選択して、SQL エディタを使用して提供されているコードを編集し、特定のユースケースに合わせてカスタマイズするだけで済みます。

Java

Amazon Kinesis Data Analytics には Apache Flink をベースとしたオープンソースライブラリが含まれているため、数か月ではなく数時間でアプリケーションを構築できます。任意の IDE を使用して AWS に接続し、Java ライブラリをインストールできます。拡張可能なライブラリには、ストリーミングデータのフィルタリング、集約、および変換を行うための 25 を超える組み込み演算子、および Amazon Managed Streaming for Apache Kafka (Amazon MSK)、Amazon Kinesis Data Streams、Amazon Kinesis Data Firehose、Amazon Elasticsearch Service、Amazon S3、および Amazon DynamoDB などの AWS のサービスの統合が含まれます。

仕組み

Amazon Kinesis Data Analytics の仕組み

ユースケース

Amazon Kinesis Data Analytics は、以下のような幅広いストリーミングデータのユースケースを解決するのに理想的です。

Java アプリケーションを使用したモノのインターネット (IoT) 向けのストリーミング ETL

Java アプリケーションを作成し Amazon Kinesis Data Analytics を使用することにより、コンシューマー向けアプライアンス、組み込みセンサー、テレビのセットトップボックスなどの IoT デバイスからのストリーミングデータを変換、集計、およびフィルタリングできます。そして、センサーが特定の操作しきい値を超えた際に、このデータを使用して、リアルタイムのアラートを送信できます。

John Deere が農業機器から IoT センサー測定値を抽出し、リアルタイムで有用な顧客情報に変換し、変換されたデータをデータレイクにロードする方法をご覧ください。 

IoT のためのストリーミング ETL

SQL によるリアルタイムログ分析

数十億に上る小さなメッセージを Amazon Kinesis Data Analytics にストリーミングして、主要メトリクスを計算できます。これを使用して、コンテンツパフォーマンスダッシュボードをリアルタイムで更新し、コンテンツのパフォーマンスを向上させることが可能です。リアルタイムログモニタリングソリューションの概要をご覧ください。

SQL によるリアルタイムログ分析

SQL による Ad Tech およびデジタルマーケティング

オーディエンス追跡システム、アドエクスチェンジのリスナー/入札者、および広告サーバーからさまざまな種類のデータ記録を取得して、それらを一つのストリームに組み合わせることができます。次に、Amazon Kinesis Data Analytics を使用して継続的にデータ変換を実行することにより、リアルタイムで広告およびデジタルマーケティングソリューションを駆動させることが可能です。詳細については、リアルタイムウェブ分析ソリューションの概要をご覧ください。

SQL による Ad Tech およびデジタルマーケティング

お客様

Autodesk の導入事例
Autodesk は、応答時間とエラー率スパイクなど、ユーザーのエクスペリエンスをモニタリングするためのリアルタイムモニタリングメトリクスを計算します。
導入事例を読む 
DAZN
リアルタイムイベントのソートとフィルタリング。
動画を見る 
ShopFully
ダウンストリームアプリケーションに対するイベントの優先順位付けとフィルタリング。
動画を見る 
Zynga
Zynga はプレーヤーの操作によって起動される大量のリアルタイムゲームイベントを分析します。
動画を見る 
Yieldmo 導入事例
Yieldmo はオンライン広告操作データをミリ秒単位で分析します。
導入事例を読む 
Palringo の導入事例
Palringo はリアルタイムメトリクスを用いてモバイルコミュニティゲームアプリへのユーザーの参加を拡大しています。
導入事例を読む 
Gunosy のブログ投稿
Gunosy は 1 分あたり 50 万件を超えるレコードを処理してエンドユーザーのための個人向けニュースの選定を高速化しています。
ブログ投稿を読む 

Amazon Kinesis Data Analytics の使用を開始する

AWS アカウントにサインアップする
AWS アカウントにサインアップする

AWS 無料利用枠にすぐにアクセスできます。

入門ガイドを読む
入門ガイドを見る

SQL または Java のステップバイステップガイドで Amazon Kinesis Data Analytics の使用方法を学習できます。

Amazon Kinesis Data Analytics で構築を開始する
ストリーミングアプリケーションの構築を開始する

Amazon Kinesis Data Analytics コンソールを使用してストリーミングアプリケーションを構築します。