Amazon Location Service

アプリケーションにロケーションデータをセキュアかつ簡単に追加

Amazon Location Service を使用すれば、デベロッパーはデータセキュリティやユーザーのプライバシーについて妥協することなく、アプリケーションに位置情報機能を簡単に追加できます。

位置情報データは現代のアプリケーションに不可欠な要素であり、アセットトラッキングやロケーションベースのマーケティングなど、さまざまな機能を可能にするものです。しかし、位置情報機能をアプリケーションに統合する際、デベロッパーは重大な障壁に直面します。コストやプライバシー、セキュリティ侵害、そして面倒で時間のかかる統合作業が必要となるためです。

Amazon Location Service は、手頃な料金のデータ、トラッキング、ジオフェンス機能、さらには AWS のサービスとのネイティブ統合を提供するため、カスタム開発に高額なコストをかけることなく、洗練された位置情報対応アプリケーションを迅速に構築できます。お客様は、Amazon Location を使用して位置情報データの制御を保持し、独自のデータをサービスにより取得したデータと組み合わせることができます。Amazon Location Service は、信頼できるグローバルプロバイダーである Esri や HERE の高品質なデータを利用して、コスト効率の高い位置情報サービス (LBS) を提供しています。 

Introduction to Amazon Location Service (1:32)

利点

プライバシーとセキュリティ

Amazon Location Service を使用すれば、組織のデータの制御を保持できます。Amazon Location Service では、お客様のメタデータとアカウント情報を削除して、データプロバイダーに送信されるすべてのクエリを匿名化します。施設、アセット、個人の位置情報など、機密性のあるトラッキングやジオフェンシングの位置情報は、お客様のアカウントでのみ処理および保持されます。これにより、機密情報が第三者に漏れることを防ぎ、ユーザーのプライバシーを保護し、アプリケーションのセキュリティリスクを低減します。Amazon Location Service では、Amazon および第三者は、お客様のデータを販売したり、広告に使用したりする権限を持ちません。

高いパフォーマンスと優れたコスト効率

Amazon Location Service は、世界的なプロバイダーである Esri および HERE が作成する高品質な地理空間データを提供します。アプリケーションのデベロッパーは、Esri と HERE のデータを信頼して、何百万台もの車両の走行ルートを決定したり、何十万ものモバイル アプリケーションやウェブサイトを強化したりしています。Amazon Location Service を介してデータを使用することで、自社で構築するまでもないトラッキングやジオフェンシングの機能を備えたアプリケーションを、手頃な価格で構築できます。 詳細については、データプロバイダーのページおよび料金ページをご覧ください。 

位置情報データへの簡単なアクセス

フルマネージド型の Amazon Location Service を使用すれば、地理空間情報をアプリケーションに統合したり、Amazon Location Service アプリケーションプログラミングインターフェイス (API) を呼び出したりといったことが簡単にできます。API には LBS データプロバイダー間での一貫性があるため、さまざまなユースケースや地域で使用したいデータを取得するために、複数の API を習得して統合する必要はありません。Amazon Location Service コンソールには、ジオロケーション機能について調べ、試していただくための、視覚的でインタラクティブな学習ツールが含まれています。Amazon Location Service のバックエンドおよびフロントエンドのソフトウェア開発キット (SDK)、データの可視化などのタスクのサンプルコード、アセットトラッキング、ジオマーケティング、配送のソリューションガイドをすぐにご利用いただけます。

本番稼働までの時間の短縮

Amazon Location Service は、Amazon CloudFormation、AWS CloudTrail、Amazon CloudWatch、Amazon EventBridge、AWS Identity and Access Management (IAM)、AWS Key Management Service (KMS) と統合されているため、アプリケーションを実験から本番可動にすばやく移行できます。また、タグ付け機能も提供しています。AWS のサービスとのネイティブ統合により、既存のセキュリティコントロールを使用したアプリケーションの健全性の把握とモニタリングから、イベント駆動型アーキテクチャへとの統合まで、組み込み型の機能を提供しています。Amazon Location Service では、自身の組織のクラウドのベストプラクティスを適用できるため、新しいベンダーが加わることで新たな基準を設定する必要がなくなります。

仕組み

Amazon Location Service - 仕組み

ユースケース

アセットトラッキング

アセットトラッキングは、製品、人員、インフラストラクチャの過去と現在の位置情報を把握するのに役立ちます。企業は、Amazon Location Serviceを使用してアセットトラッキングを行うことで、ルート内での安全な輸送、配送効率の最大化、設備の追跡などを行うことができます。アセットトラッキングのソリューションガイドを参照してください。 

配信

位置情報サービスは、配送アプリケーションによって配送元の場所、配送車両、配送先の保存、追跡、調整を実行する際に役立ちます。例えば、Amazon Location Service を使って構築されたフードデリバリーのアプリケーションは、位置情報のトラッキングとジオフェンシングを使って、指定された配達ドライバーがレストランに近づくと店に自動的に通知するので、ドライバーの待機時間を減らし、配達時の食品の鮮度を保つことができます。配送のソリューションガイドを参照してください。 

ユーザーエンゲージメントとジオマーケティング

企業は、位置情報を利用してお客様の関心を高め、マーケティングを行うことができます。例えば、Amazon Location Service では、モバイルアプリでコーヒーを注文したお客様が近くにいる場合に、イベントをトリガーしてカフェへの通知を促すことができます。これにより、カフェのスタッフは、注文された商品を時間内に準備することができます。同様に、小売業者はジオマーケティングを使用して、店舗の近くにいるお客様に割引コードやデジタルチラシを送信することができます。ジオマーケティングのソリューションガイドを参照してください。 

お客様事例

「当社では、ロジスティクスネットワークの重要なコンポーネントであるローラーケージと呼ばれる 25 万台のユニークなローディングデバイス (ULD) の動きを追跡するために、IoT プラットフォームに Amazon Location Service を実装しました」と PostNL の Platform Owner Internet of Things の Sander Heije 氏は述べています。「これまでは、移動や保管中のアセットを監視できなかったため、ネットワーク内の ULD を追跡することは困難でした。Amazon Location Service の実装により、ULD を簡単に監視できるようになり、運用コストを大幅に節約できる予定です。現在、ULD の使用を最大化できるため、これらはアイドル状態にならず、お客様は、配送が急増した場合に備えて常に適切な量の ULD を利用できます。Amazon Location Service を使用して、特に当社の規模でアセットを追跡および分析するためのこのリアルタイムの可視性は、当社のサプライチェーンのロジスティクスをさらに最適化するための複数の取り組みを加速してくれました」

詳細はこちら »

「Amazon Location Service の評価を行ったところ、当社が必要とする追跡機能が利用でき、さらに別のプロバイダーでホストされていた位置情報関連のインフラストラクチャを統合できることがわかりました」と、MobileLog の CEO 兼共同創設者である Dejan Milosavljevic 氏は述べています。

詳細はこちら »

「国防総省やインテリジェンスコミュニティのパートナーは、ミッション成功を実現するための、AWS の最先端の機能が統合されたテクノロジーの提供を当社に依頼しています」と、Novetta の情報開発担当副社長である Kevin Heald 氏は述べています。「Amazon Location は、ソリューションの開発を加速し簡素化するために適用できるサービスの良い例です」

詳細はこちら »

「Amazon Location Service は、当社の開発を加速化してきた他の AWS のサービスと非常にうまく統合されているため、プロトタイプから本番までの開発期間を驚くほど短縮することができました。具体的には、Amazon EventBridge との統合により、アプリケーションのイベント駆動型アーキテクチャを使用して、トラックがジオフェンスに出入りする際にイベントをトリガーできるようになりました。また、Amazon Location Service は AWS Identity and Access Management (IAM) と統合されているため、正しい順序で適切にアクセス許可を設定できました。Amazon Location Service は、アプリケーションに位置情報機能が必要な場合に、当社にとって『頼りになる』AWS のサービスの 1 つとなるでしょう」と、Command Alkon の最高技術責任者である Charles Evans 氏は述べています。

詳細はこちら »

「Amazon Location Service を開始して間もなく、当社のチームは、既存のマップインフラストラクチャを移行し、それまで使用していたサービスよりも速度を上げ、コストを削減できるチャンスに飛びつきました。その結果に感激しています。以前のプロバイダーと比較して、タイルの読み込み速度が 28% 向上し、コストも 50% 削減できたのです」と Coolstays のテクニカルディレクター兼共同創設者である Nick Wills 氏は述べています。

詳細はこちら »

製品の特徴を見る
製品の特徴を見る

Amazon Location Service の詳細はこちら

詳細 
無料のアカウントにサインアップ
無料のアカウントにサインアップ

AWS 無料利用枠にすぐにアクセスできます。 

サインアップ 
コンソールで構築を開始する
コンソールで構築を開始する

AWS マネジメントコンソールで Amazon Location Service を使用開始しましょう。

サインイン