Amazon Lookout for Metrics は、機械学習 (ML) を使用して、収益パフォーマンス、購入トランザクション、顧客獲得率や定着率など、事実上すべての時系列のビジネスまたは運用メトリクスにおける異常を検出します。機械学習の経験は必要ありません。

ML による異常検出

Amazon Lookout for Metrics は、ML テクノロジーを使用してメトリクスを監視し、高精度で異常を検出します。特殊な ML モデルを使用し、データの特性に基づいて異常を検出します。Amazon Lookout for Metrics を使用するのに、ML の経験は必要ありません。

異常のグループ化とランキング

Amazon Lookout for Metrics は、同じイベントに関連する可能性のある異常を自動的にグループ化し、重大度の順にランク付けするため、いつでも最も重要なことに集中できます。

調整可能な結果

検出された異常の関連性に関してフィードバックを提供できます。このフィードバックは、Amazon Lookout for Metrics がメトリクスの結果を調整する際に役に立ちます。フィードバックをより多く提供するにつれて、時間の経過とともに結果の精度が向上し続けます。

データソースの互換性

Amazon Lookout for Metrics は、Amazon Simple Storage Service (Amazon S3)、Amazon Redshift、Amazon Relational Database Service (Amazon RDS)、Amazon CloudWatch、Salesforce、Marketo、Dynatrace、Singular、Zendesk、Servicenow、Infor Nexus、Trendmicro、Veeva、Google Analytics、および Amplitude など、人気のあるデータソースにシームレスに接続します。

カスタムの自動アラート

Amazon Lookout for Metrics が異常検出モデルまたは検出器を作成した後、Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS)、AWS Lambda 関数、Datadog、PagerDuty、Webhooks、Slack など、サポートされている出力コネクタを使用してアラートをアタッチできます。カスタムアラートを作成して、Amazon Lookout for Metrics が指定された重大度レベルの異常を検出したときに通知を送信することができます。

製品に関するよくある質問
製品に関するよくある質問を見る

Amazon Lookout for Metrics のよくある質問をご覧ください。

詳細 
サインアップ
無料のアカウントにサインアップ

AWS 無料利用枠にすぐにアクセスできます。 

サインアップ 
構築を開始する
コンソールで構築を開始する

Amazon Lookout for Metrics のプレビューにサインアップしてください。

プレビューにサインアップ