全般

Q: AWS Migration Hub とは何ですか?

AWS Migration Hub は、既存の IT 資産を把握し、アプリケーション移行の進行状況を表示したり追跡したりできるリッチなウェブ体験を提供します。オンプレミスのリソースに関するデータを収集して表示したり、そのリソースをアプリケーションにグループ化したり、AWS に移行するときにそのアプリケーションの進行状況を追跡できます。

Q: AWS Migration Hub を使用するメリットは何ですか?

AWS Migration Hub を使用すると、1 か所で既存のサーバーを検出し、各アプリケーションの移行ステータスを追跡できます。アプリケーションポートフォリオの可視性を向上し、移行の追跡を簡素化できます。AWS Server Migration Service、AWS Database Migration Service、CloudEndure Migration などのツール、またはパートナーツールを使用して、一部またはすべてのポートフォリオを AWS に移行する予定がある場合は、Migration Hub の使用を検討することをお勧めします。Migration Hub は、ポートフォリオを AWS に移行するときにアプリケーションの移行ステータスを追跡するよう最適化されています。AWS でサーバーをリホストしている、またはデータベースをリプラットフォームしている場合、Migration Hub を使用すると、現在のステータスと次のステップを決定するために必要な時間を短縮できます。

Q: AWS Migration Hub と統合されている移行ツールはどれですか?

AWS Server Migration Service、AWS Database Migration Service、CloudEndure Migration、ATADATA ATAmotion、および RiverMeadow Server Migration Saas は、AWS Migration Hub と統合されており、移行ステータスを Migration Hub に自動的に報告します。ステータスを Migration Hub に送信できるようにツールを許可する方法の詳細については、Migration Hub のドキュメントを参照してください。

Q: AWS Migration Hub では、どのようにしてアプリケーションの移行の進行状況を追跡しやすくしていますか?

AWS Migration Hub では、移行の進行状況を可視化することで、お客様を支援します。統合移行ツールのいずれかを使用した後、ハブに戻り、移行のステータスを確認します。移行が開始されたら、サーバーをアプリケーションにグループ化できます。または、必要に応じて、開始する前にサーバーを検出してグループ化できます。

Q: AWS Migration Hub では、どのようにして IT 環境を把握できるのですか?

AWS Migration Hub では、AWS 検出ツールによって収集され、AWS Application Discovery Service のリポジトリに格納された情報をユーザーが調べることができるようにすることで、ユーザーが IT 環境を把握できるようにします。リポジトリに情報が格納されるため、ユーザーは、Migration Hub で検出されたリソースに関する技術仕様やパフォーマンスに関する情報を表示できます。Application Discovery Service リポジトリからデータをエクスポートして分析し、サーバーグループを "アプリケーション" としてインポートできます。グループ化されると、アプリケーショングループを使用して、アプリケーション内のサーバーとデータベースを移行するために使用した各移行ツールからの移行ステータスを集約できます。

Q: AWS Migration Hub を使用するために必要な費用はいくらですか?

Migration Hub は、AWS のすべてのお客様が無料で利用できます。お支払いは、使用する移行ツールおよび AWS で消費されたリソースの料金のみで済みます。

開始方法

Q: どうすれば AWS Migration Hub の利用を開始できますか?

ドキュメント内の入門ガイドに従って使用を開始します。

Q: AWS Migration Hub を使用してどのリージョンに移行できますか?

AWS Migration Hub は、リージョンで移行ツールが利用できる限り、すべての AWS リージョンで移行ステータスをモニタリングできます。Migration Hub と統合移行ツール (例: AWS Server Migration Service、AWS Database Migration Service) により、米国西部 (オレゴン) の Migration Hub に移行ステータスが送信されます。そこで、ステータスが 1 つの場所に集約され、表示されます。統合ツールは、Migration Hub コンソールの [Tools] ページでユーザーが許可 (つまり、接続) しない限り、ステータスを送信しません。

Q: どのようにして AWS Migration Hub へのアクセス権が付与されますか?

AWS Migration Hub には、初めて管理者ユーザーとしてコンソールにアクセスしたときに自動的に追加される AWS アカウントのロールが必要です。統合移行ツールは、Migration Hub コンソールの [Tools] ページで許可できます。詳細については、「AWS Migration Hub User Guide」の「Authentication and Access Control」セクションを参照してください。

サーバーの検出とアプリケーションのグループ化

Q: AWS Migration Hub で IT ポートフォリオを表示するにはどうすればよいですか?

AWS Migration Hub で IT 資産を表示するには、AWS 検出ツールを使用して検出を実行するか、統合移行ツールを使用して移行するときに検出を実行します。検出を実行するか、移行を開始すると、Migration Hub から環境を調べることができるようになります。Migration Hub コンソールの [Servers] ページに表示されるサーバー ID をクリックすると、検出されたリソースに関する詳細を確認できます。次に、サーバーの詳細ページが表示されます。AWS 検出ツールを使用してサーバーを検出した場合、技術仕様、平均使用率などの収集されたデータが表示されます。

Q: Discovery リポジトリにリソースを追加するにはどうすればよいですか?

最初に AWS Migration Hub にアクセスしたときに、検出を実行するか、移行を開始するように指示されます。検出を実行せずに移行を開始することを決定した場合、Migration Hub マネジメントコンソールで許可した統合移行ツールを使用してアプリケーションサーバーとデータベースサーバーを移行すると、そのサーバーが Migration Hub にリソースとして表示されます。

検出を実行する場合、2 つのデータ収集オプションがあります。VMware 環境を使用していて、エージェントをインストールしたくない場合は、AWS Application Discovery Service エージェントレスコレクターを使用できます。より詳細な情報が必要な場合は、リソース使用率、サーバーで実行されているプロセス、およびサーバーのネットワーク依存関係に関する詳細を含む、さまざまな情報を収集するエージェントをサーバーにインストールできます。プロセスとネットワーク依存関係の情報は、AWS Migration Hub 以外の場所にエクスポートして分析するために使用できます。AWS 検出コレクターの詳細については、「Application Discovery Service ユーザーガイド」を参照してください。

Q: サーバーをアプリケーションにグループ化するにはどうすればよいですか?

サーバーをアプリケーションにグループ化する前に、AWS Migration Hub のサーバーリストに入力する必要があります。AWS 検出ツールを実行するか、統合移行ツールを使用すると、サーバーがサーバーリストに追加されます。サーバーリストに入力されたら、Migration Hub コンソールの [Servers] ページで 1 つ以上のリソースを選択し、[Group as Application] ボタンを選択します。また、アプリケーションは AWS Application Discovery Service SDK/CLI を使用して作成することもできます。

Q: アプリケーションを表示するにはどうすればよいですか?

AWS Migration Hub コンソールの [Migrate] セクションで [Applications] ページにアクセスして、アプリケーションのリストとその現在の移行ステータスを確認できます。[Discover] セクションの [Servers] ページまたは AWS SDK/CLI を使用してアプリケーションにグループ化されたリソースのみが [Applications] ページに表示されます。アプリケーションには、「未開始」、「進行中」、「完了」の 3 つの移行ステータスのいずれかが割り当てられます。

Q: 同じアカウント内の他のユーザーによって作成されたアプリケーションを表示できますか?

はい、アカウント内のいずれかの IAM ユーザーによって作成されたアプリケーションは、AWS Migration Hub へのアクセスが許可されている同じアカウント内の他のすべての IAM ユーザーに表示されます。行われた変更は、権限のあるすべてのユーザーに表示されます。

Q: 他の AWS アカウント内に存在するアプリケーションを表示できますか?

ユーザーは、AWS アカウントに関連付けられた IAM ユーザーを使用して、AWS Migration Hub にアクセスします。このため、自分の AWS アカウントからのみ詳細を表示でき、他のアカウントは確認できません。

サーバーとアプリケーションのインポート

Q: Migration Hub のインポート機能はどのように機能しますか?

AWS Migration Hub のインポート機能には、Migration Hub コンソール から、または Application Discovery Service APIを呼び出すことでアクセスできます。インポートされたデータは Application Discovery Service データリポジトリに暗号化形式で保存されます。

Q: インポートテンプレートを使うとどのようなデータをインポートできますか?

Migration Hub インポートによって、サーバーの仕様、使用、タグ、サーバーに連結されているアプリケーションなどを含むサーバー詳細をインポートできます。データが Migration Hub CSV インポートテンプレートを使って入力される限り、どんなソースからもデータのインポートが可能です。

Q: 間違ったファイルをインポートしてしまいました。そのファイルを上書きまたは削除できますか?

はい、検出→ツール→インポートのセクションに行き、「インポートしたデータを削除」のオプションを選択することで、間違ったファイルを削除できます。インポートしたファイルを上書きするには、既存のファイルを削除し、正しいコードの新しいファイルをアップロードします。

Q: アップロードできるインポートファイルに数の制限はありますか?

いいえ、アップロードできるインポートファイルに数の制限はありせん。しかしながら、インポートできるレコードおよびサービスの数に制限があります。詳細はこのドキュメントの Migration Hub インポートのリミットセクションを参照してください。

Q: データのインポートに料金を払う必要がありますか?

いいえ、データのインポートは課金されません。

Q: インポートテンプレートの全てのフィールドを埋めるデータがありません。それでもデータをインポートできますか?

はい、インポートテンプレートの全てのフィールドにデータを入力しなくてもデータのインポートは可能です。独自のマッチングキー (「ExternalId」) を入力する場合、レコードを一意的に識別し、インポートするために各行にそのキーを使用します。マッチングキーを特定しない場合、「IPAddress」、「HostName」、「MACAddress」のために特定した値または「VMware.MoRefId」と「VMware.vCenterId」の組み合わせを使用して、各行にサーバーの一意性を決定します。マッチングキー (「ExternalId」) または上記のフィールドのいずれかの値を含まない行はインポートされません。

Q: 間違ったレコードを識別する基準は何ですか?

インポート機能は CSV インポートテンプレートに含まれるすべてのインポートされたフィールドにおいて、データ検証チェックを行います。たとえば、「IPAddress」の値が無効であれば、インポート機能はそのレコードを間違いとしてフラグ付けします。加えて、「ExternalId」、「MACAddress」、「HostName」、「IPAddress」、あるいは「VMware.VCenterId」と「VMware.MoRefId」の組み合わせの、少なくとも 1 つ以上が入力されていないインポートレコードは無効と見なされ、インポートされません。

EC2 インスタンスの生成に関する推奨事項

Q: EC2 インスタンスの推奨機能とは何ですか?

EC2 インスタンス推奨機能は、サーバーの仕様、CPU、メモリ使用率など、各オンプレミスサーバーから収集されたデータを分析し、オンプレミスワークロードの実行に必要な最も安価な EC2 インスタンスを推奨する、AWS Migration Hub の機能です。AWS 購入オプション、AWS リージョン、EC2 インスタンスタイプを除外したり、CPU/RAM 使用率のメトリクス (平均、ピーク、パーセンタイル) の設定を指定したりすることによって、推奨を微調整することもできます。

Q: EC2 インスタンス推奨機能を使用するには、AWS Application Discovery Service の Discovery Connector や Discovery Agent をインストールする必要がありますか?

いいえ。EC2 インスタンスの推奨機能を使用するには、オンプレミスサーバーの詳細が AWS Migration Hub で利用可能であることを確認する必要があります。コンテンツ管理データベース (CMDB) などのソースから既存のサーバーインベントリ情報をインポートするか、AWS Application Discovery Service を使用して環境から直接データを収集します。

Q: EC2 インスタンスの推奨機能は、特定のサーバーに対する一致をどのように提供しますか?

EC2 インスタンスの推奨機能は、AWS 購入オプション、AWS リージョン、EC2 インスタンスタイプの除外や、CPU/RAM 使用率のメトリクス (平均、ピーク、パーセンタイル) など、選択したインスタンスタイプの設定を考慮しながら、指定された CPU および RAM の要件を満たすことができる最も費用効果の高い EC2 インスタンスタイプを推奨します。

Q: EC2 インスタンスの推奨機能は、バースト可能パフォーマンスインスタンスに推奨事項を提供しますか?

はい。EC2 インスタンスの推奨機能は、バースト可能パフォーマンスインスタンスに推奨事項を提供します。バースト可能パフォーマンスインスタンスの場合、この機能は「平均」および「ピーク」の CPU データポイントを使用して、予想される価格をほかのインスタンスファミリーとより正確に比較するために、推定消費 CPU クレジット数と関連コストを計算します。

Q: AWS Migration Hub に、同じサーバー向けの複数のソースからの検出データがある場合はどうなりますか? そのサーバーに対する EC2 インスタンスの推奨事項の計算には、どのデータソースが使用されますか?

同じサーバー向けの検出データが複数のソースで入手可能な場合、EC2 インスタンスの推奨機能は、最新の完全なデータを使用してインスタンス推奨事項を提供します。たとえば、Migration Hub インポートを使用して特定のサーバーの CPU/RAM 仕様をアップロードすると、インポートされたデータに基づいて推奨事項が生成されます。その後このサーバーに AWS Application Discovery Service (ADS) の Discovery Agent をインストールすると、ADS エージェントはサーバー仕様の詳細も取得します。次回そのサーバーに対する EC2 インスタンスの推奨事項を要求すると、エージェントのデータは最新かつ完全であるため、ADS エージェントが収集した仕様を使用して推奨事項が生成されます。

Q: EC2 インスタンスの推奨機能は現行世代のインスタンスを推奨しますか?

はい。EC2 インスタンスの推奨機能では、現行世代のインスタンスのみが推奨されます。旧世代のインスタンスは推奨されません。

Q: AWS Migration Hub の EC2 インスタンスの推奨機能と TSO Logic によるより詳細なコスト評価は、どう使い分ければ良いですか?

コンピューティングリソースの適正化は、総所有コスト (TCO) を理解するための 1 つの側面です。予測される EC2 コストを理解したい場合は、Migration Hub の EC2 インスタンス推奨機能を使用してください。また、アマゾン ウェブ サービスの TSO Logic を使用して、Microsoft ライセンスやストレージコストの最適化などといったより詳細な評価も提供しています。詳細な評価については、AWS 日本担当チームまたは AWS パートナーにお問い合わせください。

移行ステータスの追跡

Q: アプリケーションを移行するときに AWS Migration Hub をどのように使用すればよいですか?

AWS 検出ツールを使用して検出された、または統合移行ツールを使用して移行を開始することで検出されたサーバーから 1 つ以上のアプリケーショングループを作成した後で、Migration Hub の外側でサーバーまたはデータベースの移行を開始または続行できます。アプリケーション内の各リソースの移行ステータスを確認するには、Migration Hub に戻ります。

確認するには、Migration Hub コンソールでそのアプリケーションのページにアクセスします。そこで、アプリケーションを構成するすべてのリソースを含んだ図と、移行ステータスの詳細が入力されたテーブルを確認します。リソースごとに、移行の全般的なステータスと詳細ステータスが図とテーブルの両方として表示されます。例えば、AWS Server Migration Service によって移行されているサーバーの場合、そのステータスは、「進行中/レプリケーション開始」、「進行中/レプリケーション完了」、または「完了/AMI 作成済み」と表示される可能性があります。

移行が完了すると、AWS Migration Hub には、その移行によって作成されたリソースに関する詳細も表示されます。AWS Server Migration Service、CloudEndure Migration、ATADATA、および RiverMeadow によって移行されたサーバーの場合、Migration Hub では、(ツールに応じて) 作成された AMI または実行中の Amazon EC2 インスタンスへのリンクを提供します。AWS Database Migration Service によって移行されたデータベースの場合、Migration Hub では、Database Migration Service マネジメントコンソールで検索フィルターとして使用できるターゲットエンドポイント ID を提供します。

Q: AWS Migration Hub によって、アプリケーションは自動的に移行されますか?

いいえ。AWS Migration Hub では、移行の手順を自動化しません。Migration Hub では、移行するアプリケーションの進行状況を追跡できる一元的な場所を提供します。

Q: アプリケーションの移行の進行状況を AWS Migration Hub に表示するために何をする必要がありますか?

AWS Migration Hub で移行の進行状況を表示するには、次の 2 つの条件を満たす必要があります。移行するリソースは AWS Discovery リポジトリに格納されている必要があります。また、サポートされているツールを使用して移行を実行する必要があります。AWS 検出コレクターを使用して検出を実行せずに移行を開始した場合、サポートされている移行ツールによって報告されたサーバーまたはデータベースが AWS Application Discovery Service リポジトリに自動的に追加されます。これらのサーバーが追加されると、サーバーをアプリケーションとしてグループ化し、移行の進行中に 1 つのグループとしてそのステータスを追跡できます。

サポートされているツールを使用していて、アプリケーションにステータスが表示されない場合は、最初に [Updates] ページで、ステータスがツールから受信されていることを確認します。ステータスが [Updates] ページに表示されない場合は、[Tools] ページで、ステータスを Migration Hub に送信できるようにツールを許可していることを確認します。許可されていない場合は、[Authorize] をクリックして、適切な IAM アクセス許可を追加します。

移行ステータスが [Updates] ページに表示される場合、リソースがアプリケーションにグループ化されていない可能性があります。[Servers] ページにアクセスし、サーバーをアプリケーションにグループ化します。グループ化された後、[Migrate/Applications] ページからアプリケーションを表示して、移行ステータスを確認します。

Q: 厳密な再ホスト移行を行わず、オンプレミスから AWS にリソースを正確に移動する場合、どうなりますか?

AWS Migration Hub では、サポートされているツールを使用して行われるリソースの移行のステータスを表示します。ただし、リソースはアプリケーションにグループ化されている必要があります。厳密な再ホスト移行である必要はありません。例えば、AWS Database Migration Service を使用してデータベースの内容を移動した場合、そのデータベースの移行に対応するサーバーがアプリケーションにグループ化されている場合、Migration Hub に更新情報が表示されます。

Q: AWS Migration Hub と統合されていないツールを使用すると、どうなりますか?

AWS Migration Hub と統合されていないツールは、Migration Hub マネジメントコンソールでステータスを報告しません。アプリケーション内の他のリソースのステータスまたはアプリケーションレベルのステータスは表示できます。また、CLI または API を使用して、独自のオートメーションによりステータスを更新できます。

Q: 他のツールから AWS Migration Hub にステータスを発行するにはどうすればよいですか?

AWS Migration Hub API に記述することで、移行ツールから AWS Migration Hub にステータスを発行できます。オンボーディングに関心をお持ちのパートナーは、AWS コンピテンシープログラムを通じて移行コンピテンシーを取得する必要があります。コンピテンシープログラム、および移行コンピテンシーの申し込みの詳細については、こちらをクリックしてください。

Product-Page_Standard-Icons_01_Product-Features_SqInk
製品料金の詳細

AWS Migration Hub の料金オプションを確認する

詳細 
Product-Page_Standard-Icons_02_Sign-Up_SqInk
無料のアカウントにサインアップ

AWS 無料利用枠にすぐにアクセスできます。 

サインアップ 
Product-Page_Standard-Icons_03_Start-Building_SqInk
本日、移行を開始する

AWS マネジメントコンソールの AWS Migration Hub で移行を開始する

サインイン