AWS Mobile Hub によって、ユーザー認証、データストレージ、バックエンドのロジック、プッシュ通知、コンテンツ配信、および分析といった機能のモバイルアプリケーションへの追加や構成が簡単に実行できます。AWS Mobile Hub を使用すると、アプリケーションを構築した後、実機でのテストを行うことや、アプリケーションの使用状況を追跡するための分析ダッシュボードを利用することができます。すべての機能は、統合された 1 つのコンソールから簡単に実行できます。

AWS Mobile Hub にはエンタープライズ機能が備わっており、従業員や顧客がエンタープライズリソースに接続するためのモバイルアプリケーションを簡単に開発できます。

AWS Mobile Hub

今すぐ使用を開始
ユーザーサインイン

ユーザーサインイン

完全マネージド型サービスにより、多要素認証に対応するユーザーサインアップとユーザーサインインのフローをアプリケーションに追加できます。また、Facebook、Twitter、および Google+ などのソーシャル ID プロバイダーを通して、ユーザーを認証できます。この機能は Amazon Cognito で動いています。

ユーザーデータストレージ

ユーザーデータストレージ

ユーザープロファイル、設定、ゲームの進行状況などのユーザーデータを保存、同期できますし、写真のようなユーザーファイルを保存することもできます。この機能は Amazon Cognito および Amazon S3 で動いています。

クラウドロジック

クラウドロジック

サーバーをプロビジョニングまたは管理することなく、モバイルバックエンドを作成することができます。必要な作業は、コードをアップロードし、モバイルアプリケーションから API を使用してそのコードを呼び出すことのみです。コードの実行およびスケールに必要なことすべては AWS が実施します。この機能は、Amazon API Gateway および AWS Lambda で動いています。

Dynamo Mobile Hub

NoSQL データベース

すべての規模で安定した速いサービスを提供できる、完全マネージド型のクラウドデータベースを使用して、アプリケーションデータを保存およびクエリできます。この機能は Amazon DynamoDB で動いています。

mobile-analytics

メッセージングと分析

複数のチャネル (プッシュ通知、SMS テキスト、E メール) にターゲットを絞ったメッセージングキャンペーンを実施して、モバイルアプリケーションのユーザー参加を促進し、使用率を高め、重要な KPI を推進します。ユーザーの行動を把握し、ターゲットにするユーザーを定義し、送信するメッセージと使用する最適なチャネルを決定し、メッセージを送信する最適なタイミングをスケジュールしてから、高度な分析とダッシュボードを使ってキャンペーンの結果を追跡します。この機能は Amazon Pinpoint で動いています。

app-content-delivery

ホスティングとストリーミング

メディアファイルのようなアプリケーション資産をクラウド内に保存し、お客様のアプリケーションにダウンロードおよびキャッシュします。CDN を利用することで、低レイテンシーかつ速い転送速度で、ユーザーにコンテンツを配信できます。自動生成された JavaScript 設定ファイル (ECMAScript2015 のエクスポート/インポート機能に対応) が組み込まれており、AWS JavaScript SDK を使用して、クラウドリソースを消費するウェブまたはハイブリッドのモバイルアプリケーションで利用するウェブサイトの開発とテストを簡略化できます。この機能は Amazon S3 および Amazon CloudFront で動いています。

push-notifications

モバイルプッシュ通知、SMS テキスト、E メール

アプリケーション内からモバイルプッシュ通知、SMS テキストメッセージ、E メールを個人またはユーザーグループに送信することにより、ユーザーの参加を向上させます。プッシュ通知の送信では、Apple iOS ベースのデバイスへは APNS と APNS サンドボックス、Google Android ベースのデバイスへは GCM や FCM の通知サービスがそれぞれ使われます。わずか数件のメッセージの送信から、1 日あたり数十億件のメッセージを送信する規模にまでスケールすることができます。この機能は Amazon Pinpoint で動いています。

import-export

Project Export/Import

プロジェクトの設定を編集しやすいテキストファイル形式 (YAML) で、エクスポート、インポート、共有できます。 同じアカウントでプロジェクトを複製したり、アカウント間でエクスポートしたりできるため、チームでのコラボレーションやオープンソースへの参加が容易になります。 プロジェクトを複製またはインポートすると、AWS リソースの同一の独立スタックが作成され、独立して一貫した開発およびテスト環境を用意できます。

app-testing

アプリケーションのテスト

AWS クラウドで実際のスマートフォンやタブレットを使ってテストし、iOS や Android のアプリケーション、およびウェブアプリケーションの品質を向上させることができます。この機能には AWS Device Farm が使用されています。

100x100_benefit_identification

Mobile Hub を使用することで、顧客や従業員向けのモバイルアプリケーションに使用するユーザー認証など、ユーザー管理機能をアプリケーションに簡単に追加できます。B2C アプリケーションでは、Amazon Cognito 内にお客様独自のフルマネージド型ユーザーディレクトリを作成し、多要素認証を含むサインアップとサインインを簡単に追加できます。

また、Security Assertion Markup Language (SAML) を使用すると、Active Directory など既存の社内ユーザーディレクトリに保存された社内認証情報によるサインインを追加できます。これにより、アプリケーションの開発者は、アプリケーションユーザーが既存の社内認証情報でサインインできるように設計できます。

AWS Identity and Access Management (IAM) ロールは各ユーザーに自動的に割り当てられるため、このような認証情報を使用して AWS のリソースやコネクタへのアクセスを承認できます。これにより、既存のエンタープライズリソースのデータに安全にアクセスできるモバイルアプリケーションを構築できるため、外回りの従業員がモバイルデバイスを使って複数の業務アプリケーションで簡単にタスクとアクションを実行できるようになります。

簡単にユーザーサインインを追加できるよう、Mobile Hub では順を追った統合手順が表示され、アプリケーションに組み込める実稼働コードを使ってクイックスタートアプリケーションが生成されます。クイックスタートアプリケーションには、iOS (Objective-C と Swift) および Android の Cognito ユーザープールや SAML アイデンティティプロバイダーを使ってアプリケーションユーザーを認証する方法を示す実装が含まれています。クイックスタートアプリケーションでは、取得した Cognito 認証情報を AWS リソース (Amazon S3 内のファイルや Amazon DynamoDB 内のデータなど) へのアクセス制御に使用する方法もわかります。

100x100_benefit_migration

Mobile Hub Cloud Logic 機能を使うと、AWS Lambda と Amazon API Gateway を使用してカスタムコネクタを作成し、VPC 経由でファイアウォールの背後にあるオンプレミスリソース (API やデータベースなど) にアクセスできます。Mobile Hub では、取得される REST API へのアクセス制御が自動的に適用されるため、新しいユーザーサインイン機能のいずれかで認証されたユーザーへのアクセスを簡単に制限できます。わずか数回クリックするだけで、アプリケーションユーザーの Active Directory 認証情報を使用してエンタープライズリソースへのアクセスを承認できます。そのリソースが Active Directory とネイティブに統合されていなくても、問題ありません。組み込みポリシーを編集して、きめ細かなアクセス制御を追加できます。例えば、特定のアプリケーションユーザーに対して、特定のパス (例:/items) での書き込みオペレーション (PUT、POST、DELETE など) を制限できます。

100x100_benefit_Custom-lexicon

AWS Mobile Hub には Amazon Lex との統合が含まれているため、モバイルアプリケーションへのタッチだけでなく音声やテキストを使用するモバイルアプリケーションを構築できます。これにより、Amazon Alexa を駆動するテクノロジーを使用して、独自のアプリケーションで音声ベースやテキストベースの魅力ある会話ボットを作成できます。Mobile Hub で作成する各ボットは、Amazon Lex を使用して自然言語による入力の意図を認識し、適切なビジネス機能をトリガーします。チケットの予約、製品の注文、カスタマーサポートでのチケットのログ記録、社内 IT ヘルプデスクシステムへの問い合わせなど、一般的なアプリケーションのシナリオのための魅力ある会話エクスペリエンスを作成できます。

AWS Mobile Hub では、モバイルアプリケーションに簡単に会話ボットを追加できます。会話ボットを選択すると、Mobile Hub で生成されたクイックスタートアプリケーションに、完全に機能するメッセージング画面が追加されます。このクイックスタートアプリケーションは、Amazon Lex Mobile SDK を使用してアプリケーションから音声およびテキスト入力を取得し、それを自然言語処理のために Lex に送信します。Lex はアクセス制御ポリシーに基づいて安全に設定されているため、サインイン、SaaS コネクタ、DynamoDB 統合などの Mobile Hub の機能と共に簡単に使用できます。