https://aws.amazon.com/jp/new/最新情報AWS クラウドプラットフォームは日ごとに拡大しています。お知らせ、新製品の発表、ニュース、イノベーションなどの詳細をアマゾン ウェブ サービスでご確認ください。aws@amazon.com (Amazon Web Services)Wed, 13 Dec 2017 22:53:40 +0000Wed, 13 Dec 2017 22:53:40 +0000http://blogs.law.harvard.edu/tech/rsshttps://a0.awsstatic.com/main/images/feed/AWSlogo_200x100.pnghttps://aws.amazon.com/jp/new/最新情報AWS クラウドプラットフォームは日ごとに拡大しています。お知らせ、新製品の発表、ニュース、イノベーションなどの詳細をアマゾン ウェブ サービスでご確認ください。https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2017/12/aws-direct-connect-brings-the-amazon-network-to-south-africa-in-cape-town-and-johannesburg/ecaf273582caa9b8bb076900050cf3a8c3a35c5bAWS Direct Connect で南アフリカのケープタウンとヨハネスブルグに Amazon ネットワークを展開<p>本日、アフリカ大陸初の AWS Direct Connect サイトとして、南アフリカのケープタウンとヨハネスブルグが追加されました。ケープタウンの AWS Direct Connect は、ヨハネスブルグの Teraco CT1 データセンターと、Teraco JB1 データセンターにあります。この AWS Direct Connect サイトはいずれも、AWS マネジメントコンソールの AWS の欧州西部 (アイルランド) リージョンに表示されます。AWS Direct Connect はグローバルアクセスに対応しており、これらのサイトから世界中の AWS リージョンの AWS リソースにアクセスできます。&nbsp;</p>Wed, 13 Dec 2017 22:49:06 +0000general:products/aws-direct-connectaws@amazon.comhttps://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2017/12/aws-direct-connect-added-four-new-locations-in-miami-rio-de-janeiro-tokyo-and-london/31d5d1c02297f307242760210eddb60a30683472AWS Direct Connect の新しいサイトとしてマイアミ、リオデジャネイロ、東京、ロンドンを追加<p>本日、AWS Direct Connect の新しいサイトとしてマイアミ、リオデジャネイロ、東京、ロンドンが追加されました。AWS Direct Connect はグローバルアクセスに対応しており、これらのサイトから世界中の AWS リージョンの AWS リソースにアクセスできます。米国では、マイアミの Equinix MI1 が追加されたことにより、AWS Direct Connect の国内サイト数が合計 29 になりました。AWS マネジメントコンソールにおいて、マイアミはそのホームリージョンである米国東部 (バージニア北部) に表示されます。南米では、リオデジャネイロの Equinix RJ2 が、サンパウロ州外 (ブラジル) で最初の AWS Direct Connect サイトになります。アット東京中央データセンターサイトは、東京で 2 番目、日本で 3 番目の AWS Direct Connect サイトです。英国の Telehouse North Two は、ロンドンエリアで 3 番目のサイトです。このサイトは、コンソールの欧州西部 (ロンドン) リージョンに表示されます。</p>Wed, 13 Dec 2017 22:49:04 +0000general:products/aws-direct-connectaws@amazon.comhttps://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2017/12/aws-cloudtrail-enhances-event-history-view-and-search/f907e17b9eed8411d4ac18a61f3bf611d855f3c7AWS CloudTrail がイベント履歴の表示と検索を強化<p>AWS CloudTrail のイベント履歴コンソールページを使用して、過去 90 日間のアカウントアクティビティを表示、検索、ダウンロードできるようになりました。列表示をカスタマイズして、CloudTrail イベントの表示を変更することもできます。&nbsp;</p>Wed, 13 Dec 2017 22:49:02 +0000general:products/aws-cloudtrail,general:products/aws-govcloud-usaws@amazon.comhttps://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2017/12/aws-codepipeline-adds-support-for-amazon-ecs-and-aws-fargate/6c96ef92084f71355733191067f420cee63d1ee6AWS CodePipeline に Amazon ECS および AWS Fargate のサポートを追加<p><a href="/jp/codepipeline/">AWS CodePipeline</a> は、<a href="/jp/ecs/">Amazon Elastic Container Service</a> (Amazon ECS) および <a href="/jp/fargate/">AWS Fargate</a> へのデプロイをサポートするようになりました。これにより、コンテナベースのアプリケーションで、<a href="/jp/devops/continuous-delivery/">継続的配信</a>パイプラインを作成しやすくなります。</p>Wed, 13 Dec 2017 22:49:03 +0000general:products/aws-codepipelineaws@amazon.comhttps://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2017/12/automatic-migration-updates-for-aws-migration-hub/84f66e0e7faa8bf5815f85ae30b9cef766964da5AWS Migration Hub の自動移行更新<p>AWS Migration Hub では、移行ステータスの更新がアプリケーションの詳細ページに自動的にプッシュされるようになりました。この新しい機能により、毎回ページを更新しなくても、アプリケーションの移行におけるすべてのサーバーやデータベースに関する最新の移行ステータスをいつでも表示することができます。これにより、必要に応じて正確に最新の移行ステータス更新を表示することで、時間を節約し、不安を取り除くことができます。&nbsp;</p>Wed, 13 Dec 2017 22:49:00 +0000general:products/aws-migration-hubaws@amazon.comhttps://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2017/12/amazon-aurora-with-mysql-compatibility-speeds-query-processing-with-hash-join-and-batched-scans/b9e4b13ffcef4629346d19fb8c867686ef669254Amazon Aurora と MySQL の互換性により、Hash Join および一括スキャンでのクエリ処理速度が向上<p><a href="/jp/rds/aurora/">Amazon Aurora</a> と MySQL の互換性により Hash Join がサポートされ、等価結合クエリの処理速度が向上します。Aurora のコストベースのオプティマイザにより、いつ Hash Join を使用するか自動的に決定し、クエリプランでその使用を強制できます。当社の内部テストでは、Hash Join の使用により、決定サポートのベンチマークでクエリのレイテンシーが、コールドバッファプールの使用時に R3.8xlarge インスタンスで最大 8.2 倍に向上しています。</p>Wed, 13 Dec 2017 22:46:21 +0000general:products/amazon-auroraaws@amazon.comhttps://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2017/12/amazon-aurora-with-mysql-compatibility-natively-supports-synchronous-invocation-of-aws-lambda-functions/59334d74445b9d88ad92b0985be0530fa2d2e543Amazon Aurora と MySQL の互換性により、AWS Lambda 関数の同期呼び出しをネイティブにサポート<p>昨年、MySQL との互換性を備えた Amazon Aurora から組み込みのストアドプロシージャを介して AWS Lambda 関数を非同期的に呼び出すサポートが発表されました。バージョン 1.16 からは、この機能を拡張し、Lambda 関数を同期的に呼び出すことが可能になります。さらに、ネイティブ関数を使用してこの機能の同期バージョンおよび非同期バージョンの両方が実装され、Lambda 関数をクエリから呼び出せるようになりました。&nbsp;</p>Wed, 13 Dec 2017 22:46:20 +0000general:products/amazon-auroraaws@amazon.comhttps://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2017/12/deploy-couchbase-on-the-aws-cloud-with-new-quick-start/ca54389eb5c5b369049b50439fb1c34fdb18afee新しいクイックスタート搭載の AWS クラウドに Couchbase をデプロイ<p>新しいクイックスタートでは、アマゾン ウェブ サービス (AWS) クラウド上に自動的に Couchbase データプラットフォームがデプロイされます。クイックスタートは、AWS との連携により AWS パートナーの Couchbase および ClearScale によって作成されました。<br /> </p>Wed, 13 Dec 2017 22:46:22 +0000aws@amazon.comhttps://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2017/12/updated-aws-deep-learning-amis-new-versions-of-tensorflow-apache-mxnet-keras-and-pytorch/a3983322a061c944a73299f0fec2604060e9abea更新された AWS Deep Learning AMI: TensorFlow、Apache MXNet、Keras、PyTorch の新バージョン<p>このリリースの <a href="/jp/machine-learning/amis/">AWS Deep Learning AMI</a> は <a href="https://aws.amazon.com/blogs/ai/aws-contributes-to-milestone-1-0-release-of-apache-mxnet-including-the-addition-of-a-new-model-serving-capability/" target="_blank">Apache MXNet 1.0</a> をサポートしています。これには、わずか数行のコードを使用するだけで、ディープラーニングモデルをパッケージ化、実行、提供する、MXNet の新モデル提供機能が含まれます。さらに、新しいグラデーション圧縮機能、Caffe フレームワークで記述されたニューラルネットワークコードを MXNet コードに変換する新しい<a href="https://github.com/apache/incubator-mxnet/tree/master/tools/caffe_translator" target="_blank">モデルコンバーター</a>も用意されており、開発者は MXNet のスケーラビリティとパフォーマンスをより簡単に活用できます。</p>Tue, 12 Dec 2017 23:17:45 +0000general:products/amazon-machine-learningaws@amazon.comhttps://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2017/12/announcing-preview-of-amazon-aurora-with-mysql-5-7-compatibility/97aad00d5063c420161ff895443ddbd28b3b9ef5MySQL 5.7 と互換性を持つ Amazon Aurora のプレビューの発表<p>MySQL 5.7 と互換性を持つ Amazon Aurora では、JSON のサポート、空間インデックス、生成列といった機能が強化され、MySQL 5.7 のパフォーマンスを 5 倍、空間インデックスのパフォーマンスを最大 10 倍高めます。<br /> </p>Tue, 12 Dec 2017 23:17:44 +0000general:products/amazon-auroraaws@amazon.comhttps://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2017/12/amazon-cloudwatch-now-supports-two-new-chart-visualization-options-in-metrics-and-dashboards/718ae98fba36627e1dfcd0f65980c09cd0ee43c7Amazon CloudWatch で、メトリックおよびダッシュボードの 2 つのチャート可視化オプションがサポートされるようになりました。<p>CloudWatch メトリクスコンソールおよび CloudWatch ダッシュボードで、ズーム、パン、およびリーダーボードチャートの可視化オプションをご利用いただけるようになりました。CloudWatch コンソールを使用して、AWS サービスやアプリケーションによって生成されたメトリクスデータをグラフ化することができます。これで、1 分間や 5 分間といった短い時間に焦点を当てると同時に、長い期間でのメトリクスのグラフを確認できます。メトリクスのグラフを拡大表示するには、マウスをクリックして、必要な期間のグラフにわたり、ドラッグしてください。拡大したら、メトリクスグラフを選択した期間にわたりパンしながら、詳細なレベルを拡大することもできます。上部にある表示を縮小するボタンをクリックするだけで、ズームをリセットできます。さらに、グラフの上にカーソルを移動して、グラフ化されたメトリクスすべてのリーダーボードを表示することもできます。リーダーボードには、メトリクスの一覧と値が、選択した時間に出現する順序で表示されます。ズーム、パン、およびリーダーボードチャートの可視化オプションは、CloudWatch ダッシュボードでもご利用いただけます。&nbsp;</p>Tue, 12 Dec 2017 23:17:43 +0000general:products/amazon-cloudwatchaws@amazon.comhttps://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2017/12/amazon-cloudwatch-logs-now-supports-kms-encryption/437c7832d15d78020ee3b79e7a07a6404ed69003Amazon CloudWatch ログが KMS 暗号化をサポート<p>Amazon CloudWatch が CloudWatch ログでの KMS のサポートを発表しました。これで、<a href="/jp/kms/">AWS Key Management Service</a> (KMS) とカスタマーマスターキー (CMK) で管理されているキーを使用してログを暗号化できるようになりました。<br /> </p>Tue, 12 Dec 2017 15:23:35 +0000general:products/amazon-cloudwatchaws@amazon.comhttps://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2017/12/amazon-compute-service-level-agreement-extended-to-amazon-ecs-and-aws-fargate/6ef8265d4f423fac067e3f285a9544c6ef1cf09aAmazon Compute サービスレベルアグリーメントを Amazon ECS および AWS Fargate に拡張<p>Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) と AWS Fargate は、99.99% の稼働率と可用性のために Amazon Compute サービスレベルアグリーメント (SLA) に含まれています。</p>Tue, 12 Dec 2017 15:23:36 +0000general:products/amazon-ecs,general:products/aws-fargateaws@amazon.comhttps://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2017/12/amazon-cloudwatch-alarms-now-alerts-you-when-any-m-out-of-n-metric-datapoints-in-an-interval-are-above-your-threshold/4c45058460fc978acbd8c82dec0d882fb0a6f037Amazon CloudWatch アラームで、ある期間に N 個のメトリクスのうち M 個のメトリクスデータポイントがしきい値を上回った場合にアラートが表示される<p>Amazon CloudWatch アラームが、N 個のメトリクスのうち M 個のデータポイントがしきい値を上回った場合にアラートを表示する機能をサポートしたことをお知らせいたします。データポイントは、所定のメトリクス集約期間のメトリクスの値です。つまり、メトリクスの集計期間として 1 分を使用する場合、毎分 1 つのデータポイントが存在します。今回の発表により、メトリクスの N 個のデータポイントのうち M 個が所定のしきい値を超えた場合に警告する CloudWatch アラームを作成できるようになりました。たとえば、所定の 5 分間隔で 5 回のうち 3 回、または 30 分間隔で 6 回のうち 2 回などです。ある間隔で N 個のデータから M 個のデータポイントがしきい値を下回ると、アラームは OK 状態になります。ある間隔内の N 個のデータポイントのうちの M 個のデータポイントは任意の順序であり、連続している必要はないことに注意してください。その結果、あるメトリクスのスパイクが一定の間隔で断続的に発生しても、アラートが表示されるようになりました。&nbsp;</p>Tue, 12 Dec 2017 15:23:18 +0000general:products/amazon-cloudwatchaws@amazon.comhttps://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2017/12/announcing-aws-single-sign-on--sso/29ad9a572db1e5643246e15274fed31d4c29e80aAWS シングルサインオン (SSO) の発表<p>AWS シングルサインオン (SSO) は、複数の AWS アカウントおよびビジネスアプリケーションへの SSO アクセスの一元管理を容易にするクラウド SSO サービスです。これにより、ユーザーは既存の社内認証情報を使用してユーザーポータルにサインインし、割り当てられたすべてのアカウントとアプリケーションに 1 か所からアクセスできます。&nbsp;</p>Tue, 12 Dec 2017 02:41:32 +0000general:products/aws-single-sign-onaws@amazon.comhttps://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2017/12/amazon-ses-introduces-custom-emails-verification/754b533ffe4a84343d138ea7d382237b781fe343Amazon SES でカスタム E メール確認を導入<p>新しい ID を確認するときに Amazon SES から送信される E メールをカスタマイズできるようになりました。この機能は、顧客に代わって Amazon SES を通じて E メールを送信するアプリケーションの開発者にとって役立ちます。確認 E メールをアプリケーションのスタイルやブランド化に合わせて変更することで、顧客の混乱を減らし、新しい顧客がオンボーディングプロセスを完了する率を高めることができます。&nbsp;</p>Tue, 12 Dec 2017 02:41:31 +0000general:products/amazon-sesaws@amazon.comhttps://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2017/12/aws-service-catalog-is-now-available-in-14-regions/495a554ff81e7475a4cf857b157571001c864965AWS Service Catalog が 14 のリージョンで利用可能に<p>AWS Service Catalog は、アジアパシフィック (ムンバイ、ソウル)、米国西部 (北カリフォルニア)、南米 (サンパウロ) の各リージョンで新たに利用可能になりました。最新のリリースで、AWS Service Catalog は米国東部 (バージニア北部、オハイオ)、米国西部 (北カリフォルニア、オレゴン)、カナダ (中部)、ヨーロッパ (アイルランド、フランクフルト、ロンドン)、南米 (サンパウロ)、アジアパシフィック (ムンバイ、ソウル、シンガポール、シドニー、東京) の 14 のリージョンで利用できます。&nbsp;</p>Mon, 11 Dec 2017 16:22:07 +0000general:products/aws-service-catalogaws@amazon.comhttps://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2017/12/encryption-at-rest-now-available-on-amazon-elasticsearch-service/7eb7d58acc84637c78eabb035c9c649ed9c99312Amazon Elasticsearch Service で保管時の暗号化が可能に<p>Amazon Elasticsearch Service で、<a href="https://aws.amazon.com/kms/">AWS Key Management Service</a> (KMS) を通じて管理するキーを使用して保管時のデータを暗号化できるようになりました。<a href="https://aws.amazon.com/elasticsearch-service/what-is-elasticsearch/">Elasticsearch</a> はログ分析、アプリケーションのモニタリング、全文検索などが可能な、人気の高いオープンソースの検索および分析エンジンです。Amazon Elasticsearch Service は、Elasticsearch の使いやすい API およびリアルタイム機能と共に、本番稼働用ワークロードに必要な可用性、拡張性、セキュリティを備えています。</p>Mon, 11 Dec 2017 16:22:09 +0000general:products/amazon-elasticacheaws@amazon.comhttps://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2017/12/you-can-now-automate-amazon-appStream2-agent-updates-on-your-streaming-instances/aa180fffce224940c3a04520446fe1143583bd45ストリーミングインスタンスで Amazon AppStream 2.0 エージェントの自動更新が可能にMon, 11 Dec 2017 16:22:11 +0000general:products/amazon-appstream-2-0aws@amazon.comhttps://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2017/12/use-aws-budgets-advanced-filtering-options-to-extend-your-cost-monitoring-capabilities/e4ca438f8871c466985f007ef30315ea466e8a17AWS Budgets の詳細フィルタリングオプションを使用してコストモニタリング機能を拡張<p>AWS Budgets では、コストと使用量がユーザー定義のしきい値を超えている (または超えると予測される) 場合に通知するカスタム予算を設定できます。AWS Budgets を使用すると、月間総コストをモニタリングしたり、予算を絞り込んで特定の使用量に関連するコスト (関連アカウントについて project: secretProject というタグが付けられた Amazon EC2 リソースのコストなど) を追跡したりできます。&nbsp;</p>Mon, 11 Dec 2017 16:22:10 +0000aws@amazon.comhttps://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2017/12/new-quick-start-deploys-security-focused--standardized-environment-for-cjis-security-policy-5-6/86e5b12e3e659483a157a416c05be8fa528fdcb2新しいクイックスタート、CJIS セキュリティポリシー 5.6 用にセキュリティに重点を置いた標準化環境をデプロイ<p>この新しいクイックスタートは、刑事司法情報サービス (CJIS) セキュリティポリシーバージョン 5.6 の要件を満たすのに役立つ標準化環境をデプロイします。これらの要件は通常、システムのセキュリティカテゴリと影響レベル (低、中、または高)、およびリスク判断に基づいて、情報と情報システムの機密性、完全性、可用性を十分に保護するために、正式な評価と認可のプロセスを経る必要のあるシステムに適用されます。このクイックスタートは、組織での CJIS セキュリティポリシーへの対応開始に役立ちますが、完全な対応にはさらなる取り組みが必要になります。&nbsp;</p>Sat, 09 Dec 2017 01:55:20 +0000aws@amazon.comhttps://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2017/12/elasticsearch-6-0-now-available-on-amazon-elasticsearch-service/71ee3285768c18097e5559845cc451bde0aa35e3Amazon Elasticsearch Service で Elasticsearch 6.0 が利用可能に<p><a href="https://aws.amazon.com/elasticsearch-service/">Amazon Elasticsearch Service</a> で Elasticsearch 6.0 と Kibana 6.0 が利用できるようになりました。<a href="https://aws.amazon.com/elasticsearch-service/what-is-elasticsearch/">Elasticsearch</a> はログ分析、アプリケーションのモニタリング、全文検索などが可能な、人気の高いオープンソースの分析および検索エンジンです。Amazon Elasticsearch Service は、Elasticsearch の使いやすい API およびリアルタイム機能と共に、本番稼働用ワークロードに必要な可用性、拡張性、セキュリティを備えています。</p>Sat, 09 Dec 2017 01:55:19 +0000general:products/amazon-elasticsearch-serviceaws@amazon.comhttps://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2017/12/amazon-ebs-provisioned-iops-ssd--io1--volumes-now-support-32-000-iops-and-500-mbs-per-volume/d1022748b3fb8b6abd0580ead46c3dbddd2ee281Amazon EBS プロビジョンド IOPS SSD (io1) ボリューム、ボリュームあたり 32,000 IOPS および 500 MB/秒をサポート<p>プロビジョンド IOPS SSD (io1) ボリュームのパフォーマンスが 20,000 IOPS から 32,000 IOPS に、320 MB/秒から 500 MB/秒に向上しました。<br /> </p>Sat, 09 Dec 2017 01:55:15 +0000general:products/amazon-elastic-block-storeaws@amazon.comhttps://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2017/12/aws-free-tier-usage-alerts-automatically-notify-you-when-you-are-forecasted-to-exceed-your-aws-service-usage-limits/addffca4afbe5fcbb1b120f08519824ff665e7afAWS 無料利用枠の使用状況アラート、AWS サービスの使用制限を超えると予測される場合に自動的に通知<p>AWS 無料利用枠を利用すると、AWS のプラットフォーム、製品、サービスを無料で実体験できます。AWS Budgets では、ユーザー定義のしきい値を超えた場合に通知するカスタム予算を作成することで、AWS のコストと使用状況を管理できます。&nbsp;</p>Sat, 09 Dec 2017 01:55:16 +0000aws@amazon.comhttps://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2017/12/easily-apply-amazon-cloud-directory-schema-changes-with-in-place-schema-upgrades/beb4ba92d7a3b60a5a5445a9369ca0366a21f528インプレーススキーマアップグレードにより Amazon Cloud Directory スキーマの変更を簡単に適用<p><a href="https://aws.amazon.com/clouddirectory/">Amazon Cloud Directory</a> では、インプレーススキーマアップグレードを使用して、ディレクトリ間でスキーマの変更をより簡単に適用できるようになりました。ディレクトリを使用可能な状態に保ちながら、新しいフィールドの追加など、<a href="http://docs.aws.amazon.com/directoryservice/latest/admin-guide/inplaceschemaupgrade.html">下位互換性のあるスキーマの変更</a>を適用できます。つまり、ディレクトリ間でデータを移行したり、アプリケーションにコードの変更を適用したりすることなく、スキーマをアップグレードできます。また、メジャーバージョンとマイナーバージョンの両方の識別子を使用して、Cloud Directory でスキーマの変更履歴を表示することもできます。これは、ディレクトリ間でスキーマバージョンを追跡して監査するのに役立ちます。</p>Sat, 09 Dec 2017 01:55:18 +0000general:products/amazon-cloud-directoryaws@amazon.com