AWS OpsWorks Stacks は設定管理サービスで、Chef を使用して、ソフトウェアの設定、パッケージのインストール、データベースのセットアップ、サーバーのスケーリング、およびコードのデプロイといった運用タスクを自動化するのに役立ちます。OpsWorks Stacks では、アプリケーションのアーキテクチャやリソース設定を柔軟に定義できます。また、AWS リソースのプロビジョニングと管理は自動的に処理されます。OpsWorks Stacks には、時間や負荷に基づくアプリケーションの自動的なスケーリング、トラブルシューティングやリソースの状態に基づく自動化されたアクションの実行に役立つモニタリング、マルチユーザー環境での管理を容易にするアクセス権限とポリシーの管理といった機能があります。

AWS OpsWorks

今すぐ始める
またはコンソールにサインイン

12 か月間の AWS 無料利用枠と、24 時間年中無休のカスタマーサービスやサポートフォーラムなど、AWS の基本的なサポート機能をご利用いただけます。

OpsWorks_PDP_Header

Amazon EBS ボリューム作成を含むテンプレートの設定から Amazon EC2 インスタンスをデプロイできます。また、リソース間の関係のメンテナンスや維持も AWS OpsWorks Stacks によって実行されます。例えば、インスタンスを停止してから数週間後に起動した場合でも、そのインスタンスの Elastic IP アドレスやボリュームが保持されます。

ベース OS イメージをブートストラップによって稼働サーバーへ読み込むことから、変更を反映するために実行中のサービスに修正を加えることまで、インスタンスのソフトウェアをオンデマンドで設定することも、ライフサイクルイベントに基づいて自動で設定することもできます。ライフサイクルイベントがトリガーされると、AWS OpsWorks Stacks によって、レイヤーに適した組み込みのレシピ、および特定のイベントに関連付けた任意のカスタムレシピが実行されます。

ユーザーはコードをリポジトリから取得し、そのコードを 1 つまたはすべてのインスタンスにインストールできます。システムとして一緒に稼働するように設定された複数のアプリケーションを、1 つの Stack で構成することができます。

AWS OpsWorks Stacks ではスタックの自動修復を行えます。スタック内のインスタンスに障害が発生すると、OpsWorks Stacks によってそのインスタンスが新しいインスタンスと交換されます。

時間ベースまたはロードベースの自動スケーリングを利用し、ロードに合わせて実行するインスタンスの数を適応させることができます。プール内のインスタンスはサイズが多様なため、段階的にスケーリングすることも、素早くスケーリングすることもできます。この機能により本当に必要なものだけを使用することで、ロードのスパイクを処理し、費用を削減することができます。

AWS OpsWorks Stacks では、すべてのリソースのメトリクスが Amazon CloudWatch に送信されます。これによりグラフの表示やアラームの設定を簡単に行えるようになり、トラブルシューティングやリソースの状態に基づくアクションの自動化に役立ちます。

AWS OpsWorks Stacks では、Linux と Windows 両方の EC2 インスタンスの設定と管理を行えます。

AWS OpsWorks Stacks を使用すると、EC2 インスタンスなどの Linux サーバーや自社のデータセンターで稼働しているサーバーで、アプリケーションのデプロイ、管理、およびスケールを行えます (サーバーを AWS のパブリックエンドポイントに接続できる必要があります)。

AWS IAM ユーザーに特定のスタックへのアクセスを許可して、マルチユーザー環境の管理を容易にします。また、各スタックでアクションにユーザー固有の権限を設定して、だれが新しいアプリケーションバージョンのデプロイまたは新しいリソースの作成ができるかを決定できます。各スタックの管理を特定のユーザーまたはユーザーグループに委任できます。Amazon EC2 インスタンスへの SSH アクセスをユーザーレベルで制御でき、各ユーザーのインスタンスに瞬時にアクセスを許可または削除できます。AWS OpsWorks Stacks では、誰がどのようにインスタンスをプロビジョンできるかを定義するスタックを作成できるので、ユーザーが必ず指定された VPC でのみインスタンスを実行するといった要件に対応できます。

AWS OpsWorks Stacks には、アプリケーションの実行に必要なコアツールとして、シンプルなウェブインターフェイス、CLI、SDK が用意されています。レイヤーごとにまとめられた Amazon CloudWatch メトリクス、およびリージョン内やリージョン間でスタックをクローンできる機能などの特徴が組み込まれており、アプリケーションの操作を合理化するために必要なツールを利用できます。それぞれのマシンにログインすることなく、一元的にスクリプトを実行し、インスタンスを更新できます。ソフトウェアのデプロイを含め、インスタンスで実行されたそれぞれのアクションのログが利用できます。

このサービスのご利用にはアマゾン ウェブ サービスカスタマーアグリーメントが適用されます。