AWS Organizations

AWS アカウント全体の一元管理。

AWS でのワークロードを拡大しスケールするときに、AWS Organizations は環境の一元管理に役立ちます。成長しているスタートアップでも、大規模な企業でも、Organizations があれば、請求の一元管理や、アクセス、コンプライアンス、セキュリティの制御、AWS アカウント間でのリソースの共有ができます。

AWS Organizations を使用すると、アカウントの作成を自動化し、ビジネスニーズを反映したアカウントのグループを作成し、それらのグループにポリシーを適用して管理できます。すべての AWS アカウントに対して単一の支払い方法を設定すれば、請求を簡単にすることもできます。他の AWS のサービスと統合して Organizations を使用すれば、組織のアカウント全体の設定とリソース共有を一元的に定義できます。すべての AWS のお客様は、追加料金なしで AWS Organizations を利用できます。

AWS Organizations のご紹介

メリット

複数の AWS アカウントに適用するポリシーを集中管理

AWS 環境をより効果的に制御するために、AWS Organizations を使用して、アカウントのグループを作成し、カスタムスクリプトや手動プロセスなしでも正しいポリシーがアカウント全体に適用されるようにグループにポリシーを適用できます。

AWS のサービス、リソース、リージョンへのアクセスを管理

AWS Organizations では、アカウントに許可するサービスとアクションを制限できます。サービスコントロールポリシー (SCP) を使用すると、AWS Identity and Access Management (IAM) のユーザーとロールにアクセス許可ガードレールを適用できます。たとえば、明示的に許可されていないリージョンのリソースを、組織内のアカウントのユーザーが起動できないように制限する SCP を適用できます。

AWS アカウントの作成と管理の自動化

AWS Organizations があると、AWS アカウントの作成と管理を自動化することにより、IT の運用を簡素化できます。API を使用して、プログラムで新しいアカウントを作成し、作成されたアカウントをグループに追加できます。グループにアタッチされたポリシーは、自動的に新しいアカウントに適用されます。たとえば、ワークロードやアプリケーション隔離のための新しいアカウントの作成を自動化し、アカウント内のエンティティに、必要とされる AWS のサービスにのみアクセスする権限を付与できます。

複数アカウント間で AWS のサービスを設定

AWS Organizations があると、組織内のアカウント間で AWS のサービスと共有リソースを設定できます。たとえば、Organizations を AWS Single Sign-on と統合することにより、組織内のアカウントへのアクセス権をすべての開発者に 1 か所からプロビジョニングできます。アクセス許可への変更を一元的に行い、組織内のアカウントの許可を自動的に更新できます。

複数の AWS アカウントへの一括請求

AWS Organizations を使用すると、一括請求 (コンソリデーティッドビリング) を使用して、組織内のすべての AWS アカウントに対して単一の支払い方法を設定できます。一括請求 (コンソリデーティッドビリング) を使用すると、すべてのアカウントで発生した料金をまとめて確認できるだけでなく、それぞれのアカウントのサービス使用量を集約し、Amazon EC2Amazon S3 の従量制割引などの料金面の恩恵を受けることができます。

ユースケース

企業のセキュリティ、監査、コンプライアンスのポリシーを実装して適用する

AWS Organizations を使用して、サービスコントロールポリシー (SCP) のアクセス許可ガードレールを実装し、アカウントのユーザーが、会社のセキュリティやコンプライアンスのポリシーの要件を満たすアクションのみを実行できるようにします。さらに、AWS CloudTrail を使用して組織全体で実行されたすべてのアクションの一元的なログを設定し、AWS Config を使用して定義したルールに関するデータを一元的に集計できます。そうすることにより、環境のコンプライアンスを監査し、変化に迅速に対応できます。

アカウント間でリソースを共有する

AWS Organizations があると、一元型の重要なリソースをアカウント間で簡単に共有できます。たとえば、一元型の AWS Directory Service Managed Active Directory を組織内のすべてのアカウントと共有すれば、アプリケーションから一元型の ID ストアにアクセスできるようになります。さらに、AWS Resource Access Manager を使用して一元的に定義し、組織全体で共有すれば、アカウント全体のアプリケーションリソースが AWS Virtual Private Cloud (VPC) サブネットで作成されるようになります。

AWS アカウントの作成を自動化し、グループを使用してワークロードを分類する

AWS Organizations を使用すると、新しいワークロードを迅速に開始しなければならないときに、新しい AWS アカウントの作成を自動化できます。これらの新しいアカウントを組織のユーザー定義グループに追加すれば、分類が簡単になります。たとえば、開発アカウントと本番稼働用アカウントを分類するために個別のグループを作成し、本番稼働用ワークロードに必要な AWS サービスへのアクセスのみを許可するサービスコントロールポリシー (SCP) を本番稼働用グループに適用できます。

AWS Organizations の使用を開始する

Step 1 - Sign up for an AWS account

AWS アカウントにサインアップする

AWS 無料利用枠をすぐに利用できます。
icon2

10 分間チュートリアルで学ぶ

AWS Organizations の概要について説明します。
icon3

AWS で構築を開始する

詳細手順が記載されたガイドを使って構築を開始すれば、 AWS プロジェクトを開始する助けになります。

AWS Organizations の詳細

特徴ページをご覧ください
構築の準備はできましたか?
AWS Organizations の使用を開始する
ご不明な点がおありですか?
お問い合わせ