AWS デバイス認定プログラム

IoT ソリューション向けに検証済みハードウェアを提供する AWS パートナー

AWS デバイス認定プログラム (DQP) は、すべての AWS パートナーを対象とした、ハードウェアの検証プログラムです。AWS DQP により、AWS Partner Device Catalog に掲載するために、AWS IoT GreengrassAWS IoT CoreAWS IoT Core for LoRaWAN(R)FreeRTOSAmazon Kinesis Video Streamsfor で認定されたハードウェアを提出することができます。このカタログは、AWS のお客様が AWS パートナーに参加して認定されたデバイスをすぐに見つけ、ソリューションの専門知識に基づいて構築を行えるようにするためのディレクトリです。

AWS デバイス認定プログラム、特典、および開始方法の詳細については以下をご覧ください。

AWS デバイス認定

AWS DQP のメリット

ビジネス向けデバイス認定プログラム

ビジネス

AWS デバイス認定プログラムでは、デバイスの認定について、参加中の AWS パートナーに以下の特典が提供されます。

  • ハードウェアパートナーを AWS のお客様と結び付け、新しいビジネス機会を作り出します
  • 認定を受けリストに掲載されたデバイスそれぞれについて、AWS クレジットの特典を受けられます
  • 最初のデバイスの掲載が承認された後、MDF の特典を受けられます
マーケティング向けデバイス認定プログラム

マーケティング

参加するパートナーにはマーケティングオポチュニティのメリットが受けられ、AWS のお客様、AWS 日本担当チーム、およびその他の AWS パートナーの間で認知度が高まります。

  • お客様向けの AWS Partner Device Catalog に、認定済みのデバイスが掲載されます
  • デバイス認定バッジを使用した独占的ブランディング
  • APN ブログで、新たに認定されたデバイスを発表可能
技術向けデバイス認定プログラム

技術

デバイスの認定は、パートナーにとっては製品の差別化となり、お客様にとっては統合時の問題を低減する助けになります。

  • AWS IoT Device Tester for FreeRTOS と AWS IoT Greengrass により、パートナーはデバイスを迅速に検証できます。
  • 技術的な検証は、AWS のサービスに対応したデバイスをお客様が見つけるのに役立ちます。これによってパートナーと AWS の専門性とを結びつけます

開始方法

AWS DQP プログラムにより、AWS パートナーは、開発ボード、埋め込みモジュール、SBC、ゲートウェイ、センサー、カメラ、その他デバイスなど、ハードウェアの認定を受けることができます。認定を受けたデバイスは AWS Partner Device Catalog への掲載資格が得られます。このカタログには、パートナーのハードウェアを購入するためのお客様向けリンクも記載されています。

3 つの簡単なステップでデバイスを認定する

ステップ 1 - デバイスを検証する

検証

ステップ 2 - 提出

提出

ステップ 3 - デバイスのリストへの掲載

掲載

AWS デバイス認定プログラムへの参加は、AWS パートナーネットワーク (APN) に登録するだけで完了です。費用はかかりません。すでに AWS パートナーですか? 既存のアカウントを使用して AWS パートナーセントラルにログインします。

認定済みのデバイスをカタログに掲載するステップの詳細については、以下をご覧ください。

  • FreeRTOS: 認定と掲載

    FreeRTOS ハードウェア認定では、シリコンベンダーなどの AWS パートナーが、マイクロコントローラー (MCU) 開発ボード上の FreeRTOS ポートを検証します。これにより、OEM/ODM のデベロッパーは、自分達が選択した開発プラットフォームが正常かつ一貫して機能することを確信できます。

    デベロッパーは、広い範囲にわたる MCU ベースの認定済み開発ボードで、信頼できる一貫性のある経験を得ることになり、それによって彼らは、自社製品のアプリケーションコードの設計に集中することができます。認定によってデベロッパーが AWS Partner Device Catalog でハードウェアの検索、検証、選択を行えるようになることで、開発工程が合理化されます。組み込み開発の複雑さを抽象化することで、開発者は IoT ソリューションの迅速な評価、プロトタイプの作成、製品化を行えるようになります。このアプローチは、クラウドデベロッパーと組み込みエンジニアのギャップを解消する助けとなります。

    下記の 3 つのステップに従って、ハードウェアをカタログに掲載するための作業に着手し、認定を取得してください。

    AWS_Device-Qualification-Program_Icon_1 40x40

    検証

    AWS デバイス認定プログラムの認定は、FreeRTOS 用 AWS IoT Device Tester を使用したハードウェアの技術的検証に基づきます。AWS IoT Device Tester for FreeRTOS は、FreeRTOS を実行するマイクロコントローラ用のテスト自動化ツールです。AWS IoT Device Tester を使用すると、FreeRTOS ポートと、AWS IoT サービスとの相互運用性を容易に検証できます。AWS IoT Device Tester では、クラウド接続、無線による更新 (OTA)、およびセキュリティライブラリが、ターゲットデバイスで正常に機能することを確認するのに役立ちます。

    FreeRTOS の認定の詳細については、FreeRTOS のドキュメントを参照してください。

    詳細な情報を入手して、ここから AWS IoT Device Tester をダウンロードしてください。

    AWS_Device-Qualification-Program_Icon_2 40x40

    提出

    FreeRTOS 用 AWS IoT Device Tester を使用した技術的検証が適切に完了したら、パートナーは AWS パートナーセントラルのセルフサービスのデバイス掲載ポータルを通して、レビュー用にハードウェアデータを提出します。具体的には、AWS IoT Device Tester のテスト結果のファイルを、認定の根拠として提供します。

    デバイス掲載ポータルでは、AWS Partner Device Catalog に掲載する内容の下書き、提出、管理、ステータスの管理を行うことができます。デバイスごとの提出内容には、技術情報などのデバイス固有の重要な詳細、ドキュメント、マーケティングコンテンツ、オプションの APN イネーブルメントリンク (AWS クイックスタートや AWS Solution Space など) を含めます。

    AWS_Device-Qualification-Program_Icon_3 40x40

    掲載

    デバイスの提出がパートナーによって認定されると、技術的検証とコンテンツのレビューが行われます。適切に完了すると、承認されたデバイスは AWS Partner Device Catalog に掲載されます。

  • AWS IoT Greengrass: 認定と掲載

    AWS IoT Greengrass の認定では、パートナーは自社のデバイスが AWS IoT Greengrass で機能し、AWS IoT サービスと相互運用性があることを実証できます。これにより、OEM とその顧客は、自社のローカルエッジインテリジェンスアプリケーションで IoT Greengrass が正常に、一貫して機能すると確信できるようになります。

    AWS IoT Greengrass Core ソフトウェアはハブ、ゲートウェイ、その他のデバイスで実行され、クラウドと自動的にやり取りして同期されます。ローカルサービス (コンピューティング、メッセージング、状態、セキュリティ) を提供し、AWS IoT Device SDK を実行するデバイスとローカルで通信します。IoT Greengrass Core は Linux などの汎用 OS を実行する MPU ベースのデバイス (x86 または ARM) で動作し、一般に、1 GHz 以上のコンピューティング能力 (ARM または X86 のいずれか)、128 MB 以上の RAM に加え、ユースケースに応じて、ご希望の OS、メッセージスループット、AWS Lambda の実行に対応できる追加リソースが必要です。IoT Greengrass Core を実行できるデバイスは、ARM ベースのアプリケーションプロセッサプラットフォームから、非常に高性能のサーバーレベルのアプライアンスまでにわたります。 

    AWS_Device-Qualification-Program_Icon_1 40x40

    検証

    AWS デバイス認定プログラムの認定は、AWS IoT Greengrass 用 AWS IoT Device Tester を使用したデバイスの技術的検証を基盤としています。AWS IoT Greengrass 用 AWS IoT Device Tester は、Linux ベースの IoT デバイス用のテストオートメーションツールです。AWS IoT Device Tester を使用すると、デバイスで AWS IoT Greengrass を実行し、AWS IoT サービスと相互運用できるかどうかを容易に検証できます。AWS IoT Device Tester は、CPU アーキテクチャ、Linux カーネル構成、デバイス用ドライバーが AWS IoT Greengrass で機能するかどうかをテストします。

    詳細な情報を入手して、ここから AWS IoT Device Tester をダウンロードしてください。

    AWS_Device-Qualification-Program_Icon_2 40x40

    提出

    AWS IoT Greengrass 用 AWS IoT Device Tester を使用した技術的検証が適切に完了したら、AWS パートナーセントラルのセルフサービスのデバイス掲載ポータルを通して、レビュー用にデバイスデータを提出します。具体的には、AWS IoT Device Tester のテスト結果のファイルを、認定の根拠として提供します。

    デバイス掲載ポータルでは、AWS Partner Device Catalog に掲載する内容の下書き、提出、管理、ステータスの管理を行うことができます。デバイスごとの提出内容には、技術情報などのデバイス固有の重要な詳細、ドキュメント、マーケティングコンテンツ、オプションの APN イネーブルメントリンク (AWS クイックスタートや AWS Solution Space など) を含めます。

    AWS_Device-Qualification-Program_Icon_3 40x40

    掲載

    デバイスの提出がパートナーによって認定されると、技術的検証とコンテンツのレビューが行われます。適切に完了すると、承認されたデバイスは AWS Partner Device Catalog に掲載されます。

  • AWS IoT Core: 認定と掲載

    AWS IoT Core ではデバイスをクラウドや他のデバイスに簡単に接続できます。AWS IoT Core では、断続的な接続を許容し、デバイスのコードフットプリントを削減し、必要なネットワーク帯域幅を削減するよう特別に設計された HTTP、WebSocket、MQTT といった軽量の通信プロトコルをサポートしています。また、AWS IoT Core では他の業界標準およびカスタムプロトコルをサポートしており、別のプロトコルを使用しているデバイス間でも相互に通信できます。

    AWS IoT Core 接続は、センサー、アプライアンス、ゲートウェイ、サーバーなど、様々なデバイスに統合できます。AWS IoT Core 用デバイスの認定では、パートナーは自社のデバイスに AWS IoT Core との相互運用性があることを実証し、ベストプラクティスを実装できます。これにより、OEM とその顧客は、デバイスが正常に一貫して相互運用可能であると確信できるようになります。 

    AWS_Device-Qualification-Program_Icon_1 40x40

    検証

    AWS デバイス認定プログラムの認定は、AWS IoT Greengrass 用 AWS IoT Core Device Advisor を使用したデバイスの技術的検証を基盤としています。  IoT Device Advisor は、IoT デバイスを検証する、フルマネージドの、クラウドベースのテスト機能です。IoT Device Advisor は、お使いの IoT デバイスが AWS IoT と正確かつ確実に相互運用していることを簡単に確認できる、事前構築されたテストケースを提供します。

    AWS IoT Core と AWS IoT Core Device Advisor の開始方法の詳細は、こちらを参照してください。

    AWS_Device-Qualification-Program_Icon_2 40x40

    提出

    AWS IoT Core Device Advisor を使用した技術的検証が適切に完了したら、AWS パートナーセントラルのセルフサービスのデバイス掲載ポータルを通して、レビュー用にデバイスデータを提出します。具体的には、AWS IoT Core Device Advisor のテスト結果のファイルを、認定の根拠として提供します。

    デバイス掲載ポータルでは、AWS Partner Device Catalog に掲載する内容の下書き、提出、管理、ステータスの管理を行うことができます。デバイスごとの提出内容には、技術情報などのデバイス固有の重要な詳細、ドキュメント、マーケティングコンテンツ、オプションの APN イネーブルメントリンク (AWS クイックスタートや AWS Solution Space など) を含めます。

    AWS_Device-Qualification-Program_Icon_3 40x40

    掲載

    デバイスの提出がパートナーによって認定されると、技術的検証とコンテンツのレビューが行われます。適切に完了すると、承認されたデバイスは AWS Partner Device Catalog に掲載されます。

  • AWS IoT Core for LoRaWAN: 認定と掲載

    AWS IoT Core for LoRaWAN® を使うと、低電力の長距離広域ネットワーク (LoRaWAN) 技術を使用している無線デバイスに接続することができます。AWS IoT Core を使用して独自の LoRaWAN デバイスとゲートウェイを AWS クラウドに接続すれば、LoRaWAN Network Server (LNS) を開発または運用しなくても、プライベートの LoRaWAN ネットワークをセットアップすることができます。これにより、LNS や関連インフラの管理にまつわる未分化の開発作業や運用負担がなくなり、ネットワークのセットアップ時間を短縮できます。

    AWS_Device-Qualification-Program_Icon_1 40x40

    検証

    認定は、AWS IoT Core for LoRaWAN を使用して動作しているデバイスが AWS IoT と正常に接続していることの、技術的検証に基づきます。これには、接続、相互運用性、認証、ベストプラクティスのレビューが含まれます。

    AWS IoT Core for LoRaWAN と関連するデベロッパーリソースの詳細については、こちらで入手できます

    AWS_Device-Qualification-Program_Icon_2 40x40

    提出

    AWS パートナーセントラルのセルフサービスのデバイス掲載ポータルを通して、AWS IoT Core for LoRaWAN 対応デバイスのデータを、技術的検証とレビューのために提出します。

    デバイス掲載ポータルでは、AWS Partner Device Catalog に掲載する内容の下書き、提出、管理、ステータスの管理を行うことができます。各デバイスの提出には、技術情報など関連するデバイス固有の情報、ドキュメント、マーケティングコンテンツ、オプションの AWS イネーブルメントリンク (AWS クイックスタートなど) を含めます。

    AWS_Device-Qualification-Program_Icon_3 40x40

    掲載

    デバイスの提出がパートナーによって認定されると、技術的検証とコンテンツのレビューが行われます。適切に完了すると、承認されたデバイスは AWS Partner Device Catalog に掲載されます。

  • Amazon Kinesis Video Streams: 検証と掲載

    Amazon Kinesis Video Streams では、スマートホーム、スマートシティー、産業オートメーション、セキュリティモニタリングなどに利用するリアルタイムとバッチ指向のマシンビジョンベースのアプリケーション向けに、どのような規模でも、カメラなどのデバイスからビデオや時間符号化データを安全に取り込み、処理し、保存することができます。Amazon Kinesis Video Streams は HTTP ライブストリーミング (HLS) をサポートしており、任意のブラウザまたはモバイルアプリのデバイスからでも取り込まれたビデオのライブとオンデマンドでの再生が可能です。Amazon Rekognition Video との統合により、カスタムアプリケーション用の Apache MxNet、TensorFlow、OpenCV などの機械学習フレームワーク等、ストリーミングビデオ内の顔を検出して認識するコンピュータビジョンアプリケーションの構築が可能になります。Kinesis Video Streams によって、数百万ものデバイスからの動画ストリームを取り込むために必要なすべてのインフラストラクチャが自動的にプロビジョニングされ、伸縮自在にスケールされます。 

    AWS_Device-Qualification-Program_Icon_1 40x40

    検証

    認定は、デバイス固有の Amazon Kinesis Video Streams との統合の技術的検証を基盤とするものであり、OEM とその顧客に、Kinesis Video Streams が正常に一貫して機能するという信頼を与えます。これには、接続、相互運用性、認証、セキュリティのベストプラクティスの実装などの機能レビューが含まれます。

    Amazon Kinesis Video Streams と、関連するデベロッパーリソースの詳細については、ここから入手することができます

    AWS_Device-Qualification-Program_Icon_2 40x40

    提出

    AWS パートナーセントラルのセルフサービスのデバイス掲載ポータルを通して、Amazon Kinesis Video Streams 対応デバイスを技術的検証とレビュー用に提出します。

    デバイス掲載ポータルでは、AWS Partner Device Catalog に掲載する内容の下書き、提出、管理、ステータスの管理を行うことができます。デバイスごとの提出内容には、技術情報などのデバイス固有の重要な詳細、ドキュメント、マーケティングコンテンツ、オプションの APN イネーブルメントリンク (AWS クイックスタートや AWS Solution Space など) を含めます。

    AWS_Device-Qualification-Program_Icon_3 40x40

    掲載

    デバイスの提出がパートナーによって認定されると、技術的検証とコンテンツのレビューが行われます。適切に完了すると、承認されたデバイスは AWS Partner Device Catalog に掲載されます。

AWS デバイス認定プログラムのパートナーを見つける

AWS_Device-Qualification_White