AWS パートナーのラーニングパス: AWS テクニカルプロフェッショナル

AWS クラウドのコンピューティングやインフラストラクチャのサポートに関する基本的な技術的知識を学びたい方向け

AWS のエキスパート、カリキュラムの作成者、AWS パートナーからのフィードバックに基づいて、パートナーラーニングパスを開発しました。これは、お客様とチームにとって適切なラーニングジャーニーを知るのに役立ちます。

AWS Cloud を初めて使用する場合でも、経験豊富なクラウドプロフェッショナルである場合でも、AWS パートナーラーニングパスは、基礎知識を強化し、専門的なスキルを開発し、認定や認証を取得して、お客様の能力を対外的に示すのに役立ちます。

AWS パートナーラーニングパスのグラフィックの概要
  • こちらの一連の推奨コースと試験を完了すると、このラーニングパスで AWS クラウドのスキルを構築できます。

    AWS パートナー: Accreditation (テクニカル)

    このコースでは、AWS クラウドコンピューティング、グローバルインフラストラクチャ、サービス、ソリューション、移行、セキュリティに関する技術的な基礎知識をパートナー様にご提供します。

    AWS パートナー: Cloud Economics Accreditation

    このコースでは、パートナーの皆様が顧客を AWS クラウドに移行することで得られるメリットを説明します。パートナーは、クラウドコンピューティングにおけるコスト削減と、データセンターのエコノミクスを学んでいきます。

    AWS パートナー: Foundations (テクニカル)

    このコースは、AWS がお客様に技術的に関与する、プリセールスをリードするために必要な基本スキルを紹介することを目的としています。このコースでは、シンプルかつ導入事例に基づくアプローチを使って、お客様のニーズを査定し、要件を見極め、その要件を AWS のソリューションに変換するために不可欠なフレームワーク、テクニック、ガイドラインを示します。

    AWS パートナー: AWS クラウドプラクティショナーの基礎知識

    このコースは、AWS クラウドの基本的な概念を理解するために役立ち、組織のクラウドイニシアチブに貢献しながらスキルと自信を向上できます。オンデマンド学習用のデジタルトレーニングにアクセスするか、AWS のエキスパートインストラクターが主導するクラスルームトレーニングオプションにアクセスしてください。 

    AWS 認定クラウドプラクティショナー

    この試験により、AWS クラウドについての全体的な理解を持つ人が、業界で広く認知された認定によって、その知識を証明することが可能です。この試験には、クラウドの概念、セキュリティ、テクノロジー、請求と料金という 4 つの分野があります。

    試験 | 1.5 時間

    パートナー向け AWS ソリューショントレーニング: Well-Architected のベストプラクティス (テクニカル)

    このコースでは AWS パートナーの方に、高品質ソリューションの構築、ベストプラクティスの実装、顧客側アーキテクチャの潜在的な問題の特定、および、AWS の顧客がサポートを必要とする時の、改善提案法などを学んでいただきます。

    AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイトラーニングパス

    この認定パスは、ソリューションアーキテクト、ソリューション設計エンジニア、および AWS でのアプリケーション設計やシステム設計を学びたいすべての人を対象としています。技術スキルを向上させ、推奨されるコース、ラボ、試験を通じて AWS 認定試験の準備を進めることができます。

  • その他のトレーニング

    AWS プロフェッショナルサービス: Cloud Adoption Framework

    AWS Cloud Adoption Framework (AWS CAF) トレーニングは、AWS CAF および AWS CAF アライメントワークショップの概要をお伝えするように設計されています。この 1 日のワークショップでは、理論と実践を融合させ、AWS CAF の実務的知識と AWS CAF アライメントワークショップを円滑に進めるための能力を参加者に提供します。 

    AWS プロフェッショナルサービス: クラウドアドバイザリー

    このコースでは、クラウド導入に関する魅力的なビジネスケースの構築方法や、お客様のクラウド導入プロセスを加速させる方法を学びます。クラウドエコノミクスの概念をビジネスケースに適用する方法を学習し、総所有コスト (TCO) および総移行コスト (TCM) の演習を行います。

    追加の無料デジタルトレーニング

  • ワークロードまたはソリューションごとに利用可能な AWS パートナートレーニング

    AWS パートナー: IoT on AWS (テクニカル)

    このテクニカルコースでは、現在の市場動向と IoT セグメントのエコシステムの概要が学べます。パートナーは、AWS IoT プラットフォームとさまざまな AWS IoT サービス、IoT ソリューションのライフサイクル、AWS IoT サービスをデプロイするための一般的な設計パターン、およびお客様の IoT 導入を促進する方法について学びます。

    AWS パートナー: AWS for Microsoft Workloads (テクニカル)

    このテクニカルコースは、AWS パートナーが Microsoft ワークロードに対する AWS の技術的な利点について説明できるようになることを目的としています。

    AWS パートナー: SAP on AWS (テクニカル)

    このテクニカルコースでは、SAP on AWS を実行するための基礎と、AWS for SAP のワークロードをポジショニングする際に顧客と効率的に連携する方法について、AWS パートナーに向けて説明します。

    AWS パートナー: Amazon Connect (テクニカル)

    パートナーの皆様は、コンタクトセンター向けの Amazon Connect のプロビジョニング、設定、および管理の技術的な詳細を学習します。

    AWS パートナー: Digital Workplace on AWS (テクニカル)

    このコースでは、AWS マネージドエンドユーザーコンピューティング (EUC) サービスの Amazon WorkSpaces と Amazon AppStream 2.0 の技術的な紹介を行います。これらのソリューションについて説明する際に、技術に関する一般的な質問にどのように回答すればよいのか、また、これらのサービスをプロビジョニング、設定、および管理する方法を学習します。

    AWS パートナー: Machine Learning on AWS (テクニカル)

    機械学習 (ML) プロセスの技術的な基礎、Amazon SageMaker を使用して ML モデルを大規模に作成およびデプロイする方法、ならびに機会を特定して ML ディスカッションに顧客に参加してもらう方法を学びます。

    AWS パートナー: Introduction to Migrating to AWS (テクニカル)

    本テクニカルコースは、AWS の移行を評価し、移行プロジェクトの方法論、プロセス、およびツールを使用するための入門となっています。主なトピックには、AWS 移行の概要、AWS 移行プログラム (MAP/PMP)、AWS 移行ツールが含まれます。さらに、このコースでは、移行準備評価 (MRA) について詳しく確認できます。

    AWS パートナー: Migrating to AWS (テクニカル)

    このテクニカルコースでは、AWS パートナーソリューションアーキテクトに、移行準備の評価と計画アクティビティを適用および実行するための方法論とベストプラクティス、そして移行ツールとサービスを使用して移行を実行する方法をお伝えします。

    AWS パートナー: VMWare Cloud on AWS (テクニカル)

    このコースでは、VMware Cloud on AWS を技術的な側面から紹介します。VMware Cloud on AWS のソフトウェア定義データセンター (SDDC) サービスの核となるアーキテクチャについて紹介します。さらに、コンピューティング、ストレージ、ネットワーク、管理などの VMware の基礎的なコンポーネントと AWS のサービスとの連携方法について学ぶことができます。このコースでは、VMware のネイティブソリューションおよび AWS 統合ソリューションの両方について、VMware Cloud on AWS サービスのユースケースを紹介します。

    AWS パートナー: Containers on AWS (テクニカル)

    このコースでは AWS パートナーに向けて、コンテナのプラットフォーム、メリット、ユースケースといった、AWS のコンテナソリューションについて紹介します。AWS のコンテナサービスの範囲や関連テクノロジーについて紹介し、AWS の設計における検討事項やベストプラクティスについても掘り下げていきます。パートナーは、コンテナの用途について知り、お客様のシナリオに合った AWS のコンテナサービスを選択する方法について学ぶことができます。

    AWS パートナー: Data Analytics on AWS (テクニカル)

    パートナーは、データを活用している顧客との関わり方を学び、5 つのデータ分析のテクニカルソリューションについて話し合い、AWS が推奨するベストプラクティス基づいてアーキテクチャの意思決定を行います。このコースを修了後、パートナーはデータフライホイールアプローチを使ってビジネスの意思決定を行いながら、AWS CloudFormation を使ってサーバーレスのデータレイクアーキテクチャを構築する方法について理解します。

    AWS パートナー: Security Governance at Scale (テクニカル)

    このコースでは、AWS が推奨する、継続的なガバナンスと管理を大規模に確立するためのクラウドセキュリティのベストプラクティスを取り扱っています。パートナーは、機密性の高いデータやシステムを保護するための可視性、管理、ガバナンスを提供しながら、ユーザーが俊敏かつ革新的なスケーリングを実現するための支援を行うことができます。

    AWS パートナー: Migrating Your Application to AWS for ISV Partners (テクニカル)

    AWS ISV パートナー向けにデザインされたこのコースでは、アプリケーションをオンプレミスのデプロイからシングルテナントの高可用性 AWS クラウドソリューションに移行するための技術的な基礎とベストプラクティスについて学習します。

    AWS パートナー: Advanced Migrating to AWS (テクニカル)

    こちらは、ワークロードを大規模に移行する方法に関する規範的なガイダンスを提供する高度なコースであり、大規模な移行における一般的な移行パターンおよび課題を網羅しています。AWS クラウドへのレガシーアプリケーションのリホスティング、リプラットフォーム、リファクタリングのユースケースを特定する方法と、自動化されたモダナイゼーションに適したアプリケーションを決定する方法を学びます。

AWS パートナー向けのパスをさらに探す

AWS ビジネスプロフェッショナルのアイコン

AWS ビジネスプロフェッショナル

このパスは、技術的でない役割を担う個人向けに作成されており、学習者が AWS のサービスとコアビジネスの価値提案についての基本的な理解を深めるのに役立ちます。

詳細はこちら »
AWS パートナーラーニングパスツール

パートナーラーニングパスツール

AWS エキスパートの知識を活用して、独自のラーニングパスを構築しましょう。ラーニングプログレッションを表示するには、役割と関心のある分野を選択してください。

詳細はこちら »
AWS トレーニングと認定のマップ図

ロールまたはソリューション別で学ぶ

自分に合ったトレーニングパスに合わせて、クラウドスキルを磨き、AWS 認定を目指す

詳細はこちら »