「ビジネス」または「エンタープライズ」レベルのサポートをご契約のお客様は、AWS Identity and Access Management (IAM) の認証情報を使って AWS Support Center にアクセスできます。この機能に関する疑問を解決し、機能をご利用いただけるように、よく寄せられる質問とその回答をまとめました。


Q: IAM をサポートに使用できるのはだれですか?

デフォルトでは、IAM ユーザーは AWS サポートへのアクセス権がありません。サポートの許可を受けており、「ビジネス」または「エンタープライズ」レベルのサポートをご契約中のアカウントをご利用の IAM ユーザは、対象のサポートレベルに適用されるすべての AWS サポート機能にアクセスできます(サポートセンターおよび AWS サポート API)。サポートの許可を受け、他のサポートプランをご契約中のアカウントをご利用の IAM ユーザは、サービス制限の緩和をリクエストできますが、サポート機能への他のアクセス権はありません。

Q: サポートセンターにアクセスしようとしたときに、このページが表示されるのはなぜですか?

サポートの許可を受けていない IAM ユーザは、こちらのページをご覧ください。アクセス権があるのにアクセスできない方は、アカウント所有者または管理者にご連絡ください。

Q: サポートのために IAM ユーザーをセットアップすることには、どのようなメリットがあるのですか?

IAM を利用すると、AWS のサービスおよびリソースに対するお客様のユーザーのアクセスを安全にコントロールすることができます。IAM がない場合、ケースを管理するための AWS アカウント認証情報を使ってサインインする必要があります。組織のユーザーの一部または全員にサポートへのアクセスを許可することによって、サポートを利用できるユーザーを管理できるようになります。加えて、ケースを開く際に AWS アカウント認証情報を使ってサインインする必要がなくなったため、Multi-Factor Authentication のような機能を使ってセキュリティをより高レベルに設定できるようになりました。

Q: 付与されるアクセス権のスコープはどうなっていますか?

サポートへのアクセス権および「ビジネス」または「エンタープライズ」レベルのサポートプランをご契約の IAM ユーザは、これらの AWS サポート機能をお使いいただけます。

  • サポートセンター。アカウントと請求に関するサポート、サービス制限緩和、およびテクニカルサポートのケースをユーザが開いたり、管理したりできます。
  • AWS サポート API。サポートケースおよび AWS Trusted Advisor への自動アクセスを可能にします。(お使いの IAM ユーザアカウントにはアクセスキーが必要です。セキュリティ認証情報を参照してください。)

: サポートへのアクセス権をお持ちのユーザは、リソースおよび請求についての詳細を含む、アカウントに関するケース対応のすべてを閲覧することができます。サポートへのアクセス権を許可するユーザを決定する際に、この点を考慮してください。

Q: IAM ユーザにサポートへのアクセス権を許可するにはどうすればよいですか?

詳しい方法については、AWS Support User Guide の「Accessing AWS Support」を参照してください。

Q: IAM ユーザー、グループ、ポリシーを作成するには、どうすればよいですか?

アクセスポリシーの書き方についてのさらなる情報は、Accessing AWS Support およびIAM ドキュメントを参照してください。