AWS アカウント間で Amazon EC2 インスタンスの所有権を移管する必要があります。その方法を教えてください。

AWS サポートには、Amazon EC2 リソースをコピーしたり、AWS アカウントの設定オプションを操作したりするためのアクセス権限はありません。Amazon.com アカウントから AWS アカウントを分離したり、AWS アカウント間でリソースを移管したりすることはできません。ここで説明する手順を実行して、アカウント間で Amazon EC2 リソースを手動で移行することはできます。

以下の手順に従ってください:

  1. ソースアカウントで、ソース AWS アカウントで現在実行されているインスタンスの設定と一致するカスタム Amazon Machine Image (AMI) を作成します。カスタム AMI の作成の詳細については、「独自の AMI の作成」を参照してください。
  2. ターゲット AWS アカウントと共有できるように、カスタム AMI に対するアクセス権限を編集します。「特定の AWS アカウントとの AMI の共有」では、Amazon EC2 コンソールまたは AWS コマンドラインインターフェイス(CLI)のいずれかを使用して AMI を共有する方法について説明します。
  3. Amazon EBS スナップショットの作成」のガイダンスに従って、ソース AWS アカウントのインスタンスにアタッチされているすべての EBS ボリュームのスナップショットを作成します。これにより、ソースインスタンスに関連付けられているデータはターゲット AWS アカウントに対して共有および移行できるようになります。
  4. スナップショットの共有」で説明しているように、スナップショットのアクセス権限を変更することで、ターゲット AWS アカウントと Amazon EBS スナップショットを共有します。
  5. ターゲット AWS アカウントで、「スナップショットからの Amazon EBS ボリュームの復元」の推奨事項に従って、元のボリュームのコピーを復元します。復元されたボリュームには、インスタンスの複製の作成に必要なデータが含まれています。
  6. ターゲット AWS アカウントで、「共有 AMI の検索」の手順に従って、ソース AWS アカウントによって共有されるプライベート AMI を見つけます。共有プライベート AMI は、Amazon EC2 コンソールまたは AWS コマンドラインインターフェイス(CLI)のいずれかを使用して見つけることができます。
  7. ターゲット AWS アカウントで、「インスタンスへの Amazon EBS ボリュームのアタッチ」の手順を実行することで、復元された Amazon EBS ボリュームを共有プライベート AMI にアタッチします。
  8. 最後に、「インスタンスの起動」の推奨事項に従って、移行したインスタンスを起動して、インスタンスの移行を完成させます。

Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2), 移行, Amazon EBS, スナップショット, EC2 インスタンスの移動


このページは役に立ちましたか? はい | いいえ

AWS サポートナリッジセンターに戻る

サポートが必要ですか?AWS サポートセンターをご覧ください。