Amazon EC2 インスタンスまたは AMI を別の AWS アカウントに転送するにはどうすればよいですか?

最終更新日: 2020 年 6 月 23 日

Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンスまたは Amazon マシンイメージ (AMI) を、あるアマゾン ウェブ サービス (AWS) アカウントから別のアカウントに転送したいと考えています。どうすればよいですか?

簡単な説明

AWS アカウント間で既存のインスタンスまたは AMI を転送することはできません。代わりに、EC2 イメージをある AWS アカウントから別の AWS アカウントに手動で移行することができます。まず、移行元アカウントの元の EC2 インスタンスに基づいて Amazon Machine Image (AMI) を作成します。次に、AMI を移行先アカウントと共有し、移行先アカウントの AMI に基づいて新しいインスタンスを起動します。最後に、ターゲットアカウントで AMI の独自のコピーを作成して、別のアカウントで使用したり、バックアップとして使用したりします。

解決方法

注意: 以下のステップは、暗号化されていない Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS) ボリュームを持つインスタンスにのみ適用されます。

  1. 移行元アカウントとして使用するインスタンスからカスタム AMI を作成します。必要な EBS データボリュームをすべて AMI に含めてください。AMI に静的 IP 設定がないことを確認してください。これにより、接続の問題が発生する可能性があります。 手順については、 実行中のインスタンスから Windows AMI を作成するまたはインスタンスから Linux AMI を作成するを参照してください。
    注意: インスタンスストアボリュームに保存されたデータは AMI に保持されず、AMI から起動したインスタンスのインスタンスストアボリュームにも保持されません。

  2. Amazon EC2 コンソールまたは AWS コマンドラインインターフェイス (AWS CLI) のいずれかを使用して、AMI を移行先アカウントと共有します。手順については、Windows インスタンス用ユーザーガイド - 特定の AWS アカウントと AMI を共有するまたは Linux インスタンス用ユーザーガイド - 特定の AWS アカウントと AMI を共有するを参照してください。

  3. 移行先アカウントから、EC2 コンソールまたは AWS CLI を使用して AMI を見つけます

  4. 移行先アカウントの共有 AMI から新しいインスタンスを起動します。以前のアカウントからキーペアをインポートするには、独自のパブリックキーを Amazon EC2 にインポートするを参照してください。
    注意: Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) インスタンスの場合、起動中に特に指定されていない限り、新しいアカウントではプライベート IP アドレスが異なります。

  5. 移行先アカウントインスタンスからカスタム AMI を作成します。移行元のアカウントが元の共有 AMI を登録解除した後に、このコピーを使用して複雑になる事態を防ぐことをお勧めします。

  6. インスタンスを実行する必要がない場合は、ソースアカウントの AMI の登録を解除します。実行中のインスタンスを終了して関連するスナップショットを削除する方法については、Amazon EBS-backed AMI のクリーンアップを参照してください。

注意: アカウント A からアカウント B に AMI を共有し、その後アカウント A から AMI を登録解除する場合、アカウント B の AMI から新しいインスタンスを起動することはできません。アカウント A に AMI を登録したままにして、後で新しいインスタンスを起動できるようにすることもできます。または、AMI の登録を解除しながらも、新しいインスタンスを起動することができるように、以下のいずれかの回避策を利用します。

  • アカウント A で AMI を登録解除する前に、アカウント B の共有 AMI から新しいインスタンスを起動してください。元のアカウントで AMI を登録解除しても、共有 AMI から起動されたインスタンスには影響しません。AMI の登録解除後に新しいインスタンスを起動する必要がある場合は、新しいインスタンスの 1 つから新しい AMI を作成できます。
  • AMI をアカウント B の同じリージョンまたは別のリージョンにコピーします。これにより、元の AMI を保持することができるほか、アカウント B でそれを使用することなくバックアップを作成することもできます。