Application Load Balancer から 503 (サービス利用不可) エラーをトラブルシューティング方法を教えてください。

最終更新日: 2022 年 5 月 13 日

Application Load Balancer (ALB) を使用していると、HTTP 503 (サービス利用不可) エラーが発生します。このエラーの解決方法を教えてください。

簡単な説明

Application Load Balancer が 503 エラーを生成しているかどうかを確認するには、次のいずれかを実行します。

  • CloudWatch メトリクスにアクセスし、HTTPCode_ELB_503_Count というラベルの付いたメトリクスを見つけます。
  • この CURL コマンドを実行します。レスポンスに「503 Service Temporarily Unavailable (503 サービスは一時的に利用できません)」が含まれている場合、エラーは Application Load Balancer から発生しています。
    必ず、MY_URL を Application Load Balancer へのアクセスに使用する URL に置き換えてください。
$ curl -IkL MY_URL
  • Application Load Balancer のアクセスログを確認するログに elb_status_code = 503 があることを確認します。
  • これらの場所のいずれかに 503 エラーが表示された場合、エラーは Application Load Balancer によって生成されています。このエラーを解決方法するには、次のトラブルシューティング手順を使用してください。

    解決方法

    ターゲットグループにターゲットが登録されていることを確認する

    EC2 コンソールを使用して検証する

    1.  Amazon EC2 コンソールにアクセスします。
    2. ナビゲーションペインの [Load Balancing] (ロードバランシング) の下で、[Target Groups] (ターゲットグループ) を選択します。
    3. ターゲットグループの名前を選択して、その詳細ページを開きます。
    4. [Targets] (ターゲット) タブを選択します。
    5. ターゲットがリストされているかどうかを確認します。リストされていれば、登録されています。

    AWS CLI を使用して確認する

    : AWS CLI コマンドの実行時にエラーが発生した場合は、AWS CLI の最新バージョンを使用していることを確認してください

    AWS CLI を使用してターゲットを確認するには、describe-target-health コマンドを使用します。

    ターゲットを登録する

    登録済みのターゲットが表示されない場合は、コンソールまたは AWS CLI を使用して登録します。

    ターゲットグループが Auto Scaling グループに関連付けられていることを確認します (Auto Scaling を使用している場合)

    ターゲットグループが Auto Scaling グループの一部である場合は、2 つが正しく関連付けられていることを確認します。そうでない場合は、グループをアタッチします。

    次のように、EC2 コンソールを使用して確認します

    1. Amazon EC2 コンソールを開きます。
    2. ナビゲーションペインの [] (Auto Scaling) で、[Auto Scaling Groups] (Auto Scaling グループ) を選択します。
    3. 検証する Auto Scaling グループを選択します。
    4. [Load balancing] (ロードバランシング) で、Application Load Balancer のターゲットグループが Auto Scaling グループに関連付けられていることを確認します。

    AWS CLI を使用して確認する

    describe-auto-scaling コマンドを実行します。MY-ASG をお客様の Auto Scaling グループの名前に置き換えます。AWS-REGION をお使いの特定の AWS リージョンに置き換えます。

    $ aws autoscaling describe-auto-scaling-groups --auto-scaling-group-name MY-ASG --region AWS-REGION

    コマンド出力で、ターゲットグループがリストの TargetGroupARNs に記載されていることを確認します。

    ターゲットグループをアタッチする

    ターゲットグループが Auto Scaling グループにアタッチされていない場合は、コンソールまたは CLI を使用してグループを関連付けます。

    ターゲットの正常性を確認する

    ターゲットが登録されていることを確認したら、ターゲットが正常な状態であることを確認します。詳細については、「 Application Load Balancer をトラブルシューティングし、ヘルスチェックの失敗を修正するにはどうすればよいですか?」を参照してください。


    この記事はお役に立ちましたか?


    請求に関するサポートまたは技術サポートが必要ですか?