AppStream 2.0 イメージを作成してフリートにデプロイする方法を教えてください。

最終更新日: 2019 年 6 月 12 日

Amazon AppStream 2.0 イメージを作成してから、そのイメージをフリートにデプロイしたいです。どうすればできますか?

解決方法

AppStream 2.0 イメージを作成してそのイメージをフリートにデプロイするには、次の手順に従います。

  1. AppStream 2.0 コンソールからイメージビルダーを起動します。
  2. イメージビルダーを使用してカスタムイメージを作成します。
  3. フリートを起動しますイメージ選択で、カスタムイメージを選択します。
  4. スタックを作成しますスタック作成ウィザードのフリートで、新しいフリートを選択します。
  5. ユーザーを作成してから、そのユーザーをスタックに割り当てます。AppStream 2.0 ユーザープール、SAML 2.0、または AppStream 2.0 API を介してユーザーにアクセス権を提供できます。詳細については、ユーザープールの管理SAML 2.0 を使用した AppStream 2.0 へのシングルサインオンアクセスを参照してください。
    注意: Active Directory ドメインに参加しているフリートを使用している場合は、SAML を使用してください。

この記事はお役に立ちましたか?

改善できることはありますか?


さらにサポートが必要な場合