AppStream 2.0 で独自の Microsoft RDS CAL を使用するにはどうすればよいですか?

最終更新日: 2021 年 3 月 16 日

Amazon AppStream 2.0 で独自の Microsoft リモートデスクトップサービスのクライアントアクセスライセンス (RDS CAL) を使用したいです。その方法を教えてください。

解決方法

ライセンスモビリティを備えた Microsoft ソフトウェアアシュアランスをお持ちの場合は、独自の Microsoft RDS CAL を持ち込み、AppStream 2.0 で使用することができます。RDS CAL の対象となるユーザーには、ユーザーの月額料金は発生しません。サインアップしてライセンス検証プロセスを完了する方法、および資格要件を表示する方法については、ライセンスモビリティを参照してください。

まず、サインアップして、Microsoft ライセンス検証フォームを記入し、ソフトウェアアシュアランスの対象となるライセンスがあることを確認します。詳細については、Microsoft ウェブサイトのソフトウェアアシュアランスによるライセンスモビリティを参照してください。ライセンスモビリティ検証フォームには、認定モビリティパートナーに関する情報を入力します。

  • E メールアドレス: microsoft@amazon.com
  • パートナー名: アマゾン ウェブ サービス
  • パートナーウェブサイト: aws.amazon.com

フォームが送信された後、Microsoft はお客様が検証プロセスを完了したことを確認するために、お客様とアマゾン ウェブ サービス (AWS) に対して通知を送信します。確認プロセスが完了したら、AWS ライセンスモビリティ契約認証フォームを送信します。

次に、AWS サポートセンターでケースを作成します。以下の手順を実行してください。

  1. AWS サポートセンターに移動して、[Create case (ケースを作成する)] を選択します。
  2. [Account and billing support (アカウントと請求に関するサポート)] を選択します。
    [Type (タイプ)] で、[Billing (請求)] を選択します。
    [Category (カテゴリ)] で、[Other Billing Questions (その他の請求に関する質問)] を選択します。
  3. [Case description (ケースの説明)] には、以下のテンプレートを入力し、各行の詳細を含めてください。
    AppStream 2.0 と一緒に RDS CAL を使いたいです。ライセンスモビリティ契約認証フォームが提出されたことを AppStream 2.0 チームにお知らせください。AppStream 2.0 チームは、以下の情報を要求しました。
    AWS アカウント ID:
    移植されたライセンス数:
    移植されたライセンスを使用する AWS リージョン:
    Microsoft 契約番号:
    Microsoft 契約の有効期限が切れる日付とタイムゾーン:

この記事は役に立ちましたか?


請求に関するサポートまたは技術サポートが必要ですか?