Amazon Aurora DB インスタンスが互換性のないパラメータの状態になっているのはなぜですか?

最終更新日: 2020 年 12 月 14 日

「incompatible-parameters」の状態になっている Amazon Aurora RDS インスタンスがあります。DB インスタンスが incompatible-parameters の状態になっているのはなぜですか? この問題の解決方法を教えてください。

簡単な説明

incompatible-parameters ステータスは、関連付けられているパラメータグループのパラメータの 1 つに、使用しているエンジンの現在のバージョンと互換性がないか、または現在の DB インスタンスクラスとサイズとの互換性がない値がある場合に発生します。

Amazon Aurora for MySQL DB インスタンスのステータスが「incompatible-parameters」の場合は、できることは DB インスタンスの再起動または削除のみです。DB インスタンスまたはエンジンのバージョンを変更することはできません。

DB インスタンスは、次の理由により、incompatible-parameters 状態になる可能性があります。

  • クラスターとインスタンスパラメータグループの両方のパラメータによって使用されるメモリの合計が、DB インスタンスで使用できるメモリよりも大きくなっている。
  • データベースエンジンは、カスタム DB パラメーターグループの 1 つまたは複数のパラメーター設定と互換性がない。
  • DB インスタンスのワークロードはメモリを大量に消費し、その結果、メモリ不足 (OOM) 状態になっている。これは、メモリ関連のパラメータがデフォルト値に設定されていても、されていなくても発生します。

解決方法

注: AWS コマンドラインインターフェイス (AWS CLI) コマンドの実行中にエラーが発生した場合は、最新の AWS CLI バージョンを使用していることを確認してください

問題の根本原因を特定するには、まず互換性のないパラメータグループをコピーします。次に、カスタムパラメータ値と既定値の違いを比較します。詳細については、「DB パラメータグループの操作」を参照してください。

問題を特定した後、次のいずれかの方法を使用して、互換性のないパラメータステータスを解決します。

互換性のないパラメータ値をリセットする

互換性のないパラメータ値のみをリセットするには、次の手順に従います。

  1. Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) コンソールを開いて、ナビゲーションペインで [パラメータグループ] を選択します。
  2. 互換性のないパラメータグループを選択し、[パラメータの編集] を選択します。
  3. 有効な (メモリ使用量が低い) パラメータ値を入力し、[変更内容を保存] を選択します。
  4. DB インスタンスを再起動して、新しい設定を適用します。

パラメータグループのすべてのパラメータをデフォルト値にリセットする

Amazon RDS コンソールを使って以下の手順に従い、パラメータグループ内のすべてのパラメータをデフォルト値にリセットします。

  1. Amazon RDS コンソールを開き、ナビゲーションパネルで [パラメータグループ] を選択します。
  2. 互換性のないパラメータグループを選択し、[リセット] をクリックします。

注: Amazon RDS コンソールを使用してこのステップを完了すると、パラメータを許可された値または関連する値に変更できます。AWS CLI を使用してこのステップを完了すると、ターゲットパラメータのみをデフォルト値にリセットできます。

ワークロードの負荷が高いメモリを削減する

メモリを大量に消費するワークロードの場合は、バッファプールのサイズをデフォルト値 (メモリの 75%) から小さい値 (DBInstanceClassMemory*5/8DBInstanceClassMemory *1/2 など) に縮小します。これを行うには、innodb_buffer_pool_size パラメータを変更します。

: 静的パラメータを変更またはリセットした場合、変更が適用されるまで待ち、DB インスタンスを再起動します。


この記事はお役に立ちましたか?


請求に関するサポートまたは技術サポートが必要ですか?