AWS CLI を使用して、AWS Backup 復旧ポイントから Amazon EFS ファイルシステムを復元する方法を教えてください。

最終更新日: 2020 年 3 月 27 日

AWS コマンドラインインターフェイス (AWS CLI) を使用して、AWS Backup 復旧ポイントから Amazon Elastic File System (Amazon EFS) を復元したいと考えています。そのための方法を教えてください。

解決方法

AWS Backup 復旧ポイントから EFS ファイルシステムをインプレース復元する

1.    list-backup-jobs コマンドを実行して、復元する EFS ファイルシステムの Amazon リソースネーム (ARN) を取得します。AWS Backup 復旧ポイントから EFS ファイルシステムの復元を実行するには、リソース ARN が必要です。

$ aws backup list-backup-jobs --by-resource-type EFS --region us-east-1

2.    コマンド出力の際に、ResourceArn をメモします。

{
    "BackupJobs": [
        {
            "CompletionDate": 1584448353.589, 
            "BackupVaultArn": "arn:aws:backup:us-east-1:111222333444:backup-vault:Default", 
            "PercentDone": "0.0", 
            "RecoveryPointArn": "arn:aws:backup:us-east-1:111222333444:recovery-point:f29fe56c-8f44-4877-9ae6-9c6d5dce8935", 
            "ResourceType": "EFS", 
            "BackupSizeInBytes": 73, 
            "State": "COMPLETED", 
            "IamRoleArn": "arn:aws:iam::111222333444:role/service-role/AWSBackupDefaultServiceRole", 
            "ResourceArn": "arn:aws:elasticfilesystem:us-east-1:111222333444:file-system/fs-c1234567", 
            "BackupJobId": "12ddf0b1-aed4-44ec-894f-0d74448949bd", 
            "StartBy": 1584451934.889, 
            "CreationDate": 1584448334.889, 
            "BackupVaultName": "Default"
        }, 
        {
            "CompletionDate": 1583305453.7, 
            "BackupVaultArn": "arn:aws:backup:us-east-1:111222333444:backup-vault:Default", 
            "PercentDone": "0.0", 
            "RecoveryPointArn": "arn:aws:backup:us-east-1:111222333444:recovery-point:09e9dafe-44a6-471a-b4e8-64c98219a480", 
            "ResourceType": "EFS", 
            "BackupSizeInBytes": 73, 
            "State": "COMPLETED", 
            "IamRoleArn": "arn:aws:iam::111222333444:role/service-role/AWSBackupDefaultServiceRole", 
            "ResourceArn": "arn:aws:elasticfilesystem:us-east-1:111222333444:file-system/fs-gd1b761d", 
            "BackupJobId": "721ba96d-a656-4771-a1f4-78bcd0c930f8", 
            "StartBy": 1583309035.684, 
            "CreationDate": 1583305435.684, 
            "BackupVaultName": "Default"
        }
    ]
}

3.    start-restore-job コマンドを実行するには、EFS インスタンスを復元するための特定のメタデータを定義する必要があります。別個の JSON ファイルでメタデータを定義することも、コマンド内でパラメータとしてメタデータを定義することもできます。

別個の JSON ファイルでメタデータを定義するには、次のような JSON ファイルを作成します。

{"file-system-id": "fs-c1234567", "newFileSystem": "false", "Encrypted": "false", "PerformanceMode":"generalPurpose"}

次に、以下の start-restore-job コマンドを実行します。

aws backup start-restore-job --region us-east-1 --recovery-point-arn "arn:aws:backup:us-east-1:111222333444:recovery-point:123e4567-6cd9-464e-bb6b-13f70e79d347" --iam-role-arn "arn:aws:iam::111222333444:role/service-role/AWSBackupDefaultServiceRole"  --metadata file://<path to json file>

start-restore-job コマンド内でパラメータとしてメタデータを定義するには、以下の形式のコマンドを実行します。

aws backup start-restore-job --region us-east-1 --recovery-point-arn "arn:aws:backup:us-east-1:111222333444:recovery-point:123e4567-6cd9-464e-bb6b-13f70e79d347" --iam-role-arn "arn:aws:iam::111222333444:role/service-role/AWSBackupDefaultServiceRole" --metadata '{"file-system-id": "fs-c1234567", "newFileSystem": "false", "Encrypted": "false", "PerformanceMode":"generalPurpose"}' 

AWS Backup 復旧ポイントから新しい EFS ファイルシステムを復元する

1.    list-backup-jobs コマンドを実行して、復元する EFS ファイルシステムの ARN を取得します。AWS Backup 復旧ポイントから EFS ファイルシステムの復元を実行するには、リソース ARN が必要です。

$ aws backup list-backup-jobs --by-resource-type EFS --region us-east-1

2.    コマンド出力の際に、ResourceArn をメモします。

{
    "BackupJobs": [
        {
            "CompletionDate": 1584448353.589, 
            "BackupVaultArn": "arn:aws:backup:us-east-1:111222333444:backup-vault:Default", 
            "PercentDone": "0.0", 
            "RecoveryPointArn": "arn:aws:backup:us-east-1:111222333444:recovery-point:f29fe56c-8f44-4877-9ae6-9c6d5dce8935", 
            "ResourceType": "EFS", 
            "BackupSizeInBytes": 73, 
            "State": "COMPLETED", 
            "IamRoleArn": "arn:aws:iam::111222333444:role/service-role/AWSBackupDefaultServiceRole", 
            "ResourceArn": "arn:aws:elasticfilesystem:us-east-1:111222333444:file-system/fs-c1234567", 
            "BackupJobId": "12ddf0b1-aed4-44ec-894f-0d74448949bd", 
            "StartBy": 1584451934.889, 
            "CreationDate": 1584448334.889, 
            "BackupVaultName": "Default"
        }, 
        {
            "CompletionDate": 1583305453.7, 
            "BackupVaultArn": "arn:aws:backup:us-east-1:111222333444:backup-vault:Default", 
            "PercentDone": "0.0", 
            "RecoveryPointArn": "arn:aws:backup:us-east-1:111222333444:recovery-point:09e9dafe-44a6-471a-b4e8-64c98219a480", 
            "ResourceType": "EFS", 
            "BackupSizeInBytes": 73, 
            "State": "COMPLETED", 
            "IamRoleArn": "arn:aws:iam::111222333444:role/service-role/AWSBackupDefaultServiceRole", 
            "ResourceArn": "arn:aws:elasticfilesystem:us-east-1:111222333444:file-system/fs-gd1b761d", 
            "BackupJobId": "721ba96d-a656-4771-a1f4-78bcd0c930f8", 
            "StartBy": 1583309035.684, 
            "CreationDate": 1583305435.684, 
            "BackupVaultName": "Default"
        }
    ]
}

3.    新しい EFS ファイルシステムに復元するために、リクエストの一意性 (冪等性) を適用する CreationToken 値を生成します。CreationToken は任意の値に設定できます。Linux オペレーティングシステムでは、以下のように uuid コマンドを実行して一意の識別子を生成できます。

uuid -r 

次のような汎用一意識別子 (UUID、universally unique identifier) が出力されます。

d0c12345-678d-4071-bf30-8e7e54ab65df

4.    start-restore-job コマンドを実行するには、EFS インスタンスを復元するための特定のメタデータを定義する必要があります。別個の JSON ファイルでメタデータを定義することも、コマンド内でパラメータとしてメタデータを定義することもできます。

別個の JSON ファイルでメタデータを定義するには、次のような JSON ファイルを作成します。

注意: CreationToken では、ステップ 3 で生成した CreationToken 値を使用します。

{"file-system-id": "fs-c1234567", "Encrypted": "false", "PerformanceMode": "generalPurpose", "CreationToken": "d0c12345-678d-4071-bf30-8e7e54ab65df", "newFileSystem": "true"}  

次に、以下の start-restore-job コマンドを実行します。

注意: --metadata には、前のステップで作成した JSON ファイルを入力します。

aws backup start-restore-job --region us-east-1 --recovery-point-arn "arn:aws:backup:us-east-1:111222333444:recovery-point:123e4567-6cd9-464e-bb6b-13f70e79d347" --iam-role-arn "arn:aws:iam::111222333444:role/service-role/AWSBackupDefaultServiceRole"  --metadata file://<path to json file>

start-restore-job コマンド内でパラメータとしてメタデータを定義するには、以下の形式のコマンドを実行します。

注意: CreationToken では、ステップ 3 で生成した CreationToken 値を使用します。

aws backup start-restore-job --region us-east-1 --recovery-point-arn "arn:aws:backup:us-east-1:111222333444:recovery-point:123e4567-6cd9-464e-bb6b-13f70e79d347" --iam-role-arn "arn:aws:iam::111222333444:role/service-role/AWSBackupDefaultServiceRole" --metadata '{"file-system-id": "fs-17dda397", "newFileSystem": "true", "CreationToken": "d0c12345-678d-4071-bf30-8e7e54ab65df", "Encrypted": "false", "PerformanceMode":"generalPurpose"}'

この記事はお役に立ちましたか?

改善できることはありますか?


さらにサポートが必要な場合