Satya は、RDS DB インスタンスマスターパ
の VPC を変更する
方法について説明する

change-vpc-rds-db-instance-satya

Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) DB インスタンスを既存の Virtual Private Cloud (VPC) から新しい VPC に移行するにはどうしたらよいですか?

RDS DB インスタンスを新しいネットワークに移動する前に、新しい VPC を設定してください。これにはセキュリティグループのインバウンドルール、サブネットグループ、ルートテーブルが含まれます。DB インスタンスの VPC を変更した場合、インスタンスをあるネットワークから別のネットワークに移動させると、インスタンスはリブートします。インスタンスの移動中は DB インスタンスにアクセスできないため、VPC はスケジュールされたメンテナンスウィンドウ中に変更します。

次の場合は DB インスタンスの VPC を変更できません。

  • DB インスタンスが複数のアベイラビリティーゾーンに存在する場合。DB インスタンスを単一アベイラビリティーゾーンに変換し、その後新しい VPC に移動させた後に マルチ AZ DB インスタンスに変換した場合。インスタンスの変換の詳細については、「高可用性 (マルチ AZ)」を参照してください。
    注:
    ​ DB サブネットグループをマルチ AZ 設定に変更することはできません。デフォルトでは、Amazon Aurora ストレージはマルチ AZ (単一インスタンスであっても) であるため、Amazon Aurora の VPC を変更することはできません。Amazon Aurora インスタンスの VPC を変更するには、DB スナップショットを作成し、新しい VPC に DB スナップショットからインスタンスを復元します。
  • DB インスタンスがリードレプリカである、またはリードレプリカを持っている場合。まずリードレプリカを削除し、DB インスタンスを新しい VPC に移動した後で、リードレプリカを追加してください。
  1. Amazon RDS コンソールを開き、左のナビゲーションペインから [サブネットグループ] を選択します。
  2. [Create DB Subnet Group (DB サブネットグループの作成)] を選択します。
  3. サブネット名、説明、VPC ID を入力して、DB インスタンスに必要なサブネットを選択します。
  4. [Create (作成)] を選択します。
  5. 左のナビゲーションペインから、[Instances (インスタンス)] を選択します。
  6. DB インスタンスを選択し、[Instance Actions (インスタンスのアクション)] を選択してから、[Modify (変更)] を選択します。
  7. [Network & Security (ネットワークとセキュリティ)] の下で、新しい VPC に関連付ける [Subnet Group (サブネットグループ)] を選択し、その VPC のための適切な [Security Group (セキュリティグループ)] を選択します。
  8. [Apply Immediately (直ちに適用)] を選択し、次に [Continue (続行)] を選択します。
    注記: [Apply Immediately] を選択しなかった場合、VPC は次のメンテナンスウィンドウに変更されることになります。
  9. DB インスタンスの変更ページで詳細を確認して、[DB インスタンスの変更] を選択します。

このタスクは完了するまでに数分かかることがあります。インスタンスを選択して [configuration details (設定の詳細)] ページに移動すれば、サブネットグループが更新されて、ステータスが Complete になったことが表示されるので、サブネットが変更されたことを確認することができます。また、RDS コンソールを開いて左のナビゲーションペインで [Events (イベント)] を選択すれば、DB インスタンスをターゲットの VPC に移動させるプロセスが終了したことを確認することができます。


このページは役に立ちましたか? はい | いいえ

AWS サポート ナレッジ センターに戻る

サポートが必要ですか? AWS サポートセンターをご覧ください。

公開日: 2016 年 5 月 26 日

更新: 2018 年 08 月 02 日