AWS アカウントで不要になったアクティブなリソースを確認する方法を教えてください

最終更新日: 2022 年 5 月 2 日

予期しない請求を回避できるよう、不要になったアクティブなリソースを見つけたいと考えています。

解決方法

予期しない請求が発生しないようにするために、使用しなくなったアクティブなリソースがあるかどうかを定期的にチェックすることをお勧めします。次に、これらの不要なリソースを終了して、今後の課金を停止します。

アカウントを解約した後でも、アクティブな一部のリソースに対して引き続き料金が発生する可能性があります。アカウントを解約する場合は、予期しない請求を回避するために、すべてのアクティブなリソースが終了していることを確認してください。

アクティブなリソースを確認する

アカウントにアクティブなリソースがあるかどうかを確認するには、次の操作を行います。

  1. AWS 請求情報とコスト管理コンソールを開きます。
  2. 画面左側のナビゲーションペインで [Bills] (請求) を選択します。
    [詳細] セクションには、お客様のアカウントのさまざまな AWS のサービスによって発生したすべての料金が表示されます。アクティブなリソースがあるサービスに注目してください。
    AWS Organizations で一括請求 (コンソリデーティッドビリング) 機能を使用する場合、[Bills] (請求書) ページには、[Consolidated Bill Details] (一括請求の詳細) タブにあるすべてのアカウントの合計が一覧表示されます。組織内の各アカウントのアクティビティを表示するには、[Bill Details by Account] (アカウント毎の料金明細) タブを選択します。
    注:
    前月の [詳細] セクションを確認して、料金が発生するすべてのサービスを特定するのがベストプラクティスです。
  3. サービスで請求が発生しているリージョンを特定するには、[詳細] (詳細) で各サービスを展開します。これらのリージョンのリソースを終了する必要があります。

注: 請求およびコスト管理コンソールは、アクティブなリソースの使用量と課金情報を更新するのに約 24 時間かかります。

アクティブなリソースを終了する

異なるサービスで識別されたアクティブなリソースを終了するには、次の操作を実行します。

  1. AWS マネジメントコンソールを開きます。
  2. 終了するリソースを含むサービスのコンソールを開きます (Amazon Simple Storage Service など)。検索バーにサービス名を入力すると、特定のサービスを検索できます。
  3. サービスコンソールを開いた後、アクティブなリソースをすべて終了します。リソースを割り当てた各リージョンを確認してください。
    ヒント: ナビゲーションバーのリージョン選択を使用してリージョンを変更できます。

重要:一部のサービスおよびサブスクリプションには、サービスが終了してもアクティブなままのリソースがあります。次のリストにあるアクティブなリソースを終了する場合、不要な請求を防ぐために追加のステップが必要になる場合があります。

  • Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2)
  • Amazon Simple Storage Service (Amazon S3)
  • Amazon Relational Database Service (Amazon RDS)
  • Amazon Lightsail
  • リザーブドインスタンス (RI)、AWS Marketplace、Savings Plans などのサブスクリプション
  • AWS Directory Service

これらの一般的に使用される AWS のサービスのアクティブなリソースを終了するには、「AWS アカウントで不要になったアクティブなリソースを終了するにはどうすればよいですか?」を参照してください。

アクティブなリソースが終了していることを確認する

すべてのアクティブなリソースが終了したことを確認するには、次の手順を実行します。

  1. AWS Resource Groups を開きます。
  2. 画面左側のナビゲーションペインで [Tag Editor] を選択します。
  3. [リージョン] で [All regions] を選択します。
  4. [リソースタイプ] で [All supported resource types] を選択します。
  5. [リソースを検索] を選択します。検索結果が表示された場合、アカウントにはまだアクティブなリソースがあります。
    注: リソースグループの検索結果には AWS Marketplace のサブスクリプションは表示されません。サブスクリプションを管理するには、「Managing your software」(ソフトウェアの管理) を参照してください。