AWS アカウントを解約するにはどうすればよいですか?

最終更新日: 2020 年 11 月 19 日

AWS アカウントを解約またはキャンセルする方法を教えてください。

簡単な説明

アカウントを解約する前に、次の点を考慮してください。

  • アカウントの解約には、対象の AWS アカウントにおいてルートユーザーとしてサインインする必要があります。AWS Identity and Access Management (IAM) ユーザーまたはロールを使用してアカウントにサインインしている場合は、アカウントを閉じることはできません。
  • デフォルトで AWS Organizations を使用して作成されたメンバーアカウントには、ルートパスワードは与えられません。ルートユーザーとしてサインインするには、これらのアカウントのルートユーザーのパスワードをリセットする必要があります。
  • アカウントが支払いアカウントである場合は、すべてのメンバーアカウントが解約されているか、組織から削除されていることを確認する必要があります。詳細については、組織からのメンバーアカウントの削除を参照してください。
  • AWS アカウントを解約する前に、保持しておく必要のあるリソースまたはデータをすべてバックアップしておいてください。特定のリソースをバックアップする方法については、そのサービスの AWS ドキュメントを参照してください。
  • アカウントを閉じた後も 90 日間はサインインでき、サポートケースの送信、または AWS サポートへのお問い合わせが可能です。
  • 90 日経過後、アカウントに残っている全コンテンツが完全に削除され、稼働中の AWS のサービスは終了されます。ただし、サービス属性は、請求および管理を目的として必要である限り保持される場合があります。AWS は、プライバシー規約に記載されている通りにお客様のアカウント情報を保持しています。90 日が経過すると、そのアカウントを再開することはできません。また、閉鎖時に対象のアカウントに関連付けられていた E メールアドレスを使用して、新たな AWS アカウントを作成することはできません。
  • 安全上の理由から、AWS サポートではお客様に代わりアカウントを閉鎖することはできません。

アカウントを解約する前に考慮すべきいくつかの請求に関する考慮事項を以下に示します。

  • Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) リザーブドインスタンス (RI) や Savings Plans など、継続的な支払い義務のあるサブスクリプションを購入した場合、アカウントを解約した後でもプラン期間が終了するまで、これらのサブスクリプションに対して課金されます。
  • AWS アカウントが解約されると、解約前に発生した使用料が指定された支払い方法に課金されます。該当する場合は、支払い方法と同じ方法で支払額を返金します。
  • 90 日以内に解約した AWS アカウントを再開した場合、アカウントを解約する前に終了していない AWS のサービスに対して課金される場合があります。

解決方法

アカウントを閉じる前にすべてのリソースを終了する

AWS アカウントを解約したときに、アクティブなリソースがすべて自動的に終了されるとは限りません。アカウントを解約する前に、アクティブなリソースがあるかどうかを確認し、それらを終了することがベストプラクティスです。

  1. AWS 請求およびコスト管理コンソールを開き、ナビゲーションペインで [請求書] を選択します。さまざまなサービスに対する料金は、[サービス別の請求の詳細] セクションで表示できます。
  2. サービスごとに、サービスに対して料金が発生しているリージョンを確認します。
    注意: 前月の [サービスごとの料金明細] セクションを確認して、アカウントで料金が発生するすべてのサービスを特定することがベストプラクティスです。
  3. それぞれのサービスマネジメントコンソールで、各リージョンを選択して、そのサービスのすべてのアクティブなリソースを終了します。例えば、バージニア北部とオレゴンの Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) の料金が発生した場合は、これらの各リージョンの両方で Amazon S3 リソースを終了する必要があります。リソースを終了する方法の詳細については、AWS アカウントを解約する前にすべてのリソースを終了する方法を教えてくださいを参照してください。

未払いの請求書を支払う

未処理の請求書を表示し、未払いの支払いがないことを確認します。

  1. 請求およびコスト管理コンソールを開きます。
  2. ナビゲーションペインで [注文と請求書] をクリックします。支払期限が過ぎた支払いを [支払期限] セクションで確認します。
  3. 未払いの請求書の横にある [確認して支払う] を選択します。

アカウントを解約

AWS アカウントを解約

  1. アカウントのルートユーザーとして AWS マネジメントコンソールにサインインします。
  2. ナビゲーションバーでアカウント名を選択し、[マイアカウント] を選択します。
  3. [アカウントを閉じる] セクションまでスクロールします。
  4. アカウントの解約条件を読んだ上で内容を確認します。
  5. すべてのチェックボックスをオンにし、[アカウントの解約] をクリックします。
  6. 確認ボックスで、[アカウントを解約] をクリックします。

数分以内に、アカウントが正常に解約されたことを知らせる確認メールが届きます。

アカウントを解約してから 3 日後にアカウントにサインインして、すべてのリソースが終了したかどうかを確認できます。AWS 請求とコストマネジメントコンソールを開いて、引き続き請求が発生しているかどうかを監視します。すべてのリソースを終了した後も引き続き料金が発生する場合は、AWS サポートにお問い合わせください。

注意: 組織の支払いアカウントを解約する場合、先に組織を削除する必要があります。