AWS アカウントを閉鎖した後に請求書が届くのはなぜですか?

最終更新日: 2020 年 5 月 21 日

AWS アカウントは閉鎖していますが、新たに請求書が届きました。AWS から別の請求書を受け取ったのはなぜですか?

解決方法

AWS アカウントを閉鎖する際には、すべてのリソースを終了する必要があります。終了しないと、引き続き料金が発生する可能性があります。リソースのオンデマンド請求は、アカウントの閉鎖時に停止します。次のいずれかの理由により、アカウントを閉鎖した後に請求書を受け取る場合があります。

  • アカウントを閉鎖する前の月に発生した料金がある場合: その月の初めからアカウントを閉鎖した日までの間に発生した使用量に対する最終的な請求書が届きます。たとえば、1 月 15 日にアカウントを閉鎖した場合、1 月 1 日から 1 月 15 日までに発生した使用料の請求書を 2 月の初めに受け取ります。
  • アカウントでアクティブなキャパシティーの予約がある場合: Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) リザーブドインスタンス、Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) リザーブドインスタンス、Amazon Redshift リザーブドインスタンス、または Amazon ElastiCache リザーブドキャッシュノードをプロビジョニングしている可能性があります。予約期間が終了するまで、これらのリソースの請求書が引き続き送信されます。
  • Savings Plans にサインアップしている場合: プランの期間が完了するまで、Savings Plans でカバーされたコンピューティング使用量に対する請求書が引き続き送信されます。

アカウントを閉鎖した後でも、アカウントへのサインイン、過去の請求の表示、AWS 請求書の支払いを行うことができます。未払いの AWS 請求書に関する支払いを行うには、次の操作を行います。

  1. 請求およびコスト管理コンソールを開きます。
  2. ナビゲーションペインから [注文と請求書] をクリックします。支払期限の超過請求書は、[支払期限] セクションで確認できます。
  3. 未払いの請求書の横にある [確認と支払い] を選択して、支払いを再試行します。

再試行する支払い項目の横に [確認と支払い] が表示されていない場合は、AWS サポートに連絡して、支払いの再試行をご依頼ください。