AWS CloudFormation で CloudFormation CLI を使用して cfn generate コマンドを実行するときに、「Resource specification is invalid」というエラーが発生するのですが、解決するにはどうすればよいですか?

最終更新日: 2020 年 8 月 17 日

CloudFormation コマンドラインインターフェイス (CloudFormation CLI) を使用して cfn generate コマンドを実行すると、AWS CloudFormation で「Resource specification is invalid」というエラーが表示されます。このエラーの解決方法を教えてください。

簡単な説明

解決方法

  1. cfn init コマンドが実行されたプロジェクトのルートディレクトリで、リソースプロバイダースキーマを探します。
    注: リソースプロバイダースキーマファイルは、 organization-service-resource.json 形式の JSON ファイルです。
  2. organization-service-resource.json ファイルが適切な JSON形式に従っていることを確認します。
  3. リソースの名前空間とリソースプロバイダースキーマ内の名前空間を比較し、発見した不一致を解決します。

上記の手順で問題が解決しない場合は、 cfn init を使用して新しいプロジェクトを作成し、「Resource specification is invalid」エラーの発生原因となった変更を絞り込むまで、リソースプロバイダースキーマファイル organization-service-resource.json を段階的に更新します。


この記事はお役に立ちましたか?


請求に関するサポートまたは技術的なサポートが必要ですか?