単一の CloudFront ウェブディストリビューションを使用して、複数のビヘイビアを使い、複数のオリジンのコンテンツを配信できますか?

最終更新日: 2022 年 6 月 23 日

単一の Amazon CloudFront ウェブディストリビューションを使用して、複数のビヘイビアを使い、複数のオリジンのコンテンツを配信することはできますか?

解決方法

はい、単一の CloudFront ウェブディストリビューションを設定して、複数のオリジンからさまざまなタイプのリクエストを提供できます。例えば、ウェブサイトが Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケットからの静的コンテンツとロードバランサーからの動的コンテンツを提供する場合があります。単一の CloudFront ウェブディストリビューションから両方のタイプのコンテンツを提供できます。

次の手順に従い、CloudFront ウェブディストリビューションを設定して、S3 バケットの静的コンテンツとロードバランサーの動的コンテンツを提供します。

  1. CloudFront コンソールからウェブディストリビューションを開きます。
  2. [Origins] (オリジン) タブを選択します。
  3. S3 バケット用にオリジン 1 つとロードバランサー用に別なオリジンを作ります。
    注: カスタムオリジンサーバーまたは S3 ウェブサイトエンドポイントを使う場合、オリジンドメイン名 フィールドにオリジンのドメイン名を入力します。
  4. ディストリビューションから [ビヘイビア] タブを選択します。
  5. パスパターンを指定するビヘイビアを作成して、すべての静的コンテンツリクエストを S3 バケットにルーティングします。たとえば、「images/*.jpg」パスパターンを設定して、画像 ディレクトリにある「.jpg」ファイルのすべてのリクエストを S3 バケットにルーティングします。
  6. ディフォルト (*) パスパターンビヘイビアをを編集して、ロードバランサーとしてオリジンを設定します。

この記事はお役に立ちましたか?


請求に関するサポートまたは技術サポートが必要ですか?