CloudFront で HTTP 404 (見つかりません) エラーのトラブルシューティングを行うにはどうすればよいですか?

最終更新日: 2022 年 5 月 13 日

Amazon CloudFront ディストリビューションが HTTP 404 (見つかりません) エラーを返しています。これが発生するのはなぜですか? また、この問題をトラブルシューティングするにはどうすればよいですか?

簡単な説明

リクエストされたファイルが CloudFront ディストリビューションに設定されたオリジンに存在しない場合、オリジンは HTTP 404 (見つかりません) ステータスコードを返します。その後、CloudFront はステータスコードをビューアーに返します。

解決方法

CloudFront で HTTP 404 (見つかりません) エラーをトラブルシューティングするには、以下を確認します。

1.    リクエストされたファイルはオリジンにあります。

2.    リクエスト URL のパスは、オリジンのファイルパスと一致します。

重要: リクエスト URL のパスに、オブジェクト名を含むファイルパス全体が含まれていることを確認してください。エッジ関数を使用して、リクエストがオリジンに転送される前に、リクエストに完全なファイルパスをアタッチできます。

3.    (エッジ関数を使用するディストリビューションの場合) 関数はリクエスト URL パスを正しく変更しています。検証するには、Lambda @Edge ログまたは CloudFront 関数のログを確認します。

4.    (複数のオリジンを持つディストリビューションの場合) リクエストは正しいオリジンに送信されています。検証するには、ディストリビューションのキャッシュ動作設定で指定されているパスパターンを確認します。次に、リクエスト URL が意図したパスパターンと一致することを確認します。

重要:CloudFront のパスパターンと Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) 内のオブジェクトへの参照では、大文字と小文字が区別されます。


この記事はお役に立ちましたか?


請求に関するサポートまたは技術サポートが必要ですか?