CloudTrail のデータイベントと管理イベントの違いは何ですか。

最終更新日: 2022 年 1 月 10 日

AWS CloudTrail のデータイベントと管理イベントの違いについて教えてください。2 種類の CloudTrail イベントにはどのような違いがありますか。

解決方法

CloudTrail データイベント

CloudTrail データイベント (「データプレーンオペレーション」とも呼ばれる) は、AWS アカウントのリソースで、またはリソース内で実行されたリソースオペレーションを示します。これらのオペレーションは、多くの場合、ハイボリュームなアクティビティです。

データイベントの例

  • Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) のオブジェクトレベル API アクティビティ (GetObject、DeleteObject、PutObject API オペレーションなど)
  • AWS Lambda 関数呼び出しアクティビティ (InvokeFunction API オペレーションなど)
  • テーブルに対する Amazon DynamoDB オブジェクトレベルの API アクティビティ (PutItem、DeleteItem、UpdateItem API オペレーションなど)

データイベントの表示

デフォルトでは、証跡はデータイベントをログに記録せず、データイベントは CloudTrail イベント履歴に表示されません。データイベントログ記録を有効にするには、サポートされているリソースまたはリソースタイプを証跡に明示的に追加する必要があります。

データイベントログ記録を有効にする手順については、「証跡のデータイベントのログ記録」を参照してください。

データイベントを表示する手順については、「CloudTrail ログファイルの取得と表示」を参照してください。

注意: データイベントのログ記録には追加料金が適用されます。詳細については、AWS CloudTrail の料金を参照してください。

CloudTrail 管理イベント

CloudTrail 管理イベント (「コントロールプレーンオペレーション」とも呼ばれる) は、AWS アカウント内のリソースに対して実行される管理オペレーションを表示します。

管理イベントの例

  • Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケットの作成
  • AWS Identity and Access Management (IAM) リソースの作成と管理
  • デバイスの登録
  • ルーティングテーブルルールの設定
  • ロギングの設定

管理イベントの表示

デフォルトでは、証跡は AWS のサービス全体で管理イベントをログに記録し、無料で利用できます。CloudTrail イベント履歴または LookupEvents API を使用して、アカウントの管理イベントの最新の 90 日間の履歴を確認およびダウンロードできます。

詳細については、「証跡の管理イベントのログ記録」を参照してください。

注意: 証跡を作成することで、進行中の管理イベントのコピーを 1 つ無料で Amazon S3 に配信できます。証跡を作成すると、Amazon S3 に最大 90 日間イベントを保存できます。それ以降の管理イベントの記録については料金がかかります。詳細については、AWS CloudTrail の料金を参照してください。

90 日後に Amazon S3 バケットに保存された CloudTrail データイベントと管理イベントを表示するには

Amazon Athena を使用して、Amazon S3 バケットに保存されている CloudTrail データイベントと管理イベントを表示できます。

この手順については、「AWS CloudTrail ログ検索をするために Amazon Athena のテーブルを自動的に作成する方法を教えてください」を参照してください。 また、「マニュアルパーティショニングを使用して Athena で CloudTrail ログ用のテーブルを作成する」も参照してください。