CloudWatch アラームが 1 つの超過データポイント後に通知を送信するのはなぜですか?

最終更新日: 2022 年 4 月 26 日

メトリクスが連続する複数の期間で定義されたしきい値外になったときに通知するよう Amazon CloudWatch アラームを設定しました。超過した期間が 1 つ発生しただけで、CloudWatch アラームによって通知が送信されるのはなぜですか?

簡単な説明

CloudWatch アラームが、欠落データポイントを超過データポイントと同様に扱うよう設定されている可能性があります。

一連の超過していないデータポイントがあり、その後に単一の超過データポイントが続き、データポイントが欠落している場合があります。アラームは超過データポイントに続くすべての欠落データポイントを追加の超過としてカウントします。定義されたしきい値を 1 つのデータポイントが超過しただけで通知が行われるのはこのためです。

1 つの超過データポイントを除くすべてのデータポイントが欠落している場合、アラームは ALARM 状態になります。これは、アラームの評価範囲内で利用可能な最も古い超過データポイントが少なくとも [Datapoints to Alarm] (アラームするデータポイント) の値と同じ程度に古く、他のすべてのより新しいデータポイントが超過または欠落している場合に発生します。これにより、超過データポイントの合計数が [Datapoints to Alarm] (アラームするデータポイント) 設定よりも少なく、欠落データが欠落として扱われている場合でも、ALARM 状態が発生します。

解決方法

次のいずれか、または複数を実行するようにアラームを編集します。

  • データポイントが断続的に発生する可能性があるときに 1 回の超過後に通知を受けたくない場合は、欠落データポイントの評価方法を NOT BREACHING に変更します。
  • データポイントにより長い期間を使用します。
  • アラームがトリガーされる前の評価期間数を増やします。

この記事はお役に立ちましたか?


請求に関するサポートまたは技術サポートが必要ですか?