AssumeRole の一時的な認証情報を CodeBuild で Docker ランタイムに渡すにはどうすればよいですか?

最終更新日: 2021 年 7 月 20 日

AWS CodeBuild を使用して AssumeRole の一時的な認証情報を Docker ランタイムに渡したいと考えています。

簡単な説明

CodeBuild は、ビルドコンテナと Docker ランタイムのデフォルトの AWS 認証情報として CodeBuild サービスロールを使用します。

AssumeRole 認証情報を環境変数としてエクスポートします。その後、docker build--build-arg パラメータを使用して、これらの可変を Docker ランタイムに渡します。詳細については、Docker Docs のウェブサイトの docker build を参照してください。

解決方法

1.    Docker ランタイムの新しいロールを作成します。例:Secretassumerole

2.    新しいロールを使用して、AWS Secrets Manager からシークレット AWSExampleSecret の値を取得します。以下はその例です。

{
    "Version": "2012-10-17",
    "Statement": [
        {
            "Effect": "Allow",
            "Action": [
                "secretsmanager:GetResourcePolicy",
                "secretsmanager:GetSecretValue",
                "secretsmanager:DescribeSecret",
                "secretsmanager:ListSecretVersionIds"
            ],
            "Resource": [
                "arn:aws:secretsmanager:ap-northeast-1:$account_id:secret:tutorials/AWSExampleSecret-EHWYme"
            ]
        }
    ]
}

重要: $account_id をお使いのアカウント ID に置き換えます。Docker ランタイム中に、任意のオペレーションの許可を付与できます。

3.    CodeBuild サービスロールに sts:assumeRole のアクセス許可を追加して、AssumeRole 操作を許可します。以下はその例です。

{
    "Version": "2012-10-17",
    "Statement": [
            {
            "Sid": "VisualEditor1",
            "Effect": "Allow",
            "Action": "sts:AssumeRole",
            "Resource": "arn:aws:iam::$account_id:role:role/Secretassumerole"
        }
    ]
}

4.    ビルド仕様を使用して、AssumeRole 認証情報を環境変数にエクスポートします。次に、docker build コマンドを使用して Docker ランタイムに認証情報を渡します。以下はその例です。

version: 0.2
phases:
  install:
    runtime-versions:
      nodejs: 8
    commands:
      - ASSUME_ROLE_ARN="arn:aws:iam::$account_id:role/Secretassumerole"
      - TEMP_ROLE=$(aws sts assume-role --role-arn $ASSUME_ROLE_ARN --role-session-name test)
      - export TEMP_ROLE
      - export AWS_ACCESS_KEY_ID=$(echo "${TEMP_ROLE}" | jq -r '.Credentials.AccessKeyId')
      - export AWS_SECRET_ACCESS_KEY=$(echo "${TEMP_ROLE}" | jq -r '.Credentials.SecretAccessKey')
      - export AWS_SESSION_TOKEN=$(echo "${TEMP_ROLE}" | jq -r '.Credentials.SessionToken')

  pre_build:
    commands:
      - echo Build started on 'date'
      - echo Building the Docker image...
      - docker build --build-arg AWS_ACCESS_KEY_ID=$AWS_ACCESS_KEY_ID --build-arg AWS_SECRET_ACCESS_KEY=$AWS_SECRET_ACCESS_KEY --build-arg AWS_SESSION_TOKEN=$AWS_SESSION_TOKEN

注意: --duration-seconds を使用すると、引き受けるロールの最大セッション期間を設定できます。--duration-seconds オプションでは、1 時間から 12 時間までの値を指定できます。12 時間を超える値を設定すると、オペレーションは失敗します。

5.    Dockerfile で、イメージを構築するときに AssumeRole 認証情報を取得します。以下はその例です。

FROM amazonlinux:latest
RUN yum -y install aws-cli 
ARG AWS_DEFAULT_REGION 
ARG AWS_ACCESS_KEY_ID 
ARG AWS_SECRET_ACCESS_KEY 
ARG AWS_SESSION_TOKEN 
RUN echo $AWS_DEFAULT_REGION 
RUN echo $AWS_ACCESS_KEY_ID 
RUN echo $AWS_SECRET_ACCESS_KEY 
RUN echo $AWS_SESSION_TOKEN 
RUN aws sts get-caller-identity 
RUN aws secretsmanager get-secret-value --secret-id tutorials/AWSExampleSecret

注意: 一時的な認証情報を出力する buildspec と Dockerfile から echo 文を削除することができます。

出力:

Step 8/11 : RUN echo $AWS_ACCESS_KEY_ID
 ---> Running in 1a1b1c1d1e1f
AKIAIOSFODNN7EXAMPLE
Removing intermediate container 2a3b4c5d6e7f
 ---> 32a8170f9697
Step 9/11 : RUN echo $AWS_SECRET_ACCESS_KEY
 ---> Running in 3a3b3c3d3e3f
KJq+JNqmnNq1JirNUBkxc+kRVavgZwhpFFIJjxD6
Removing intermediate container 3a3b3c3d3e3f
 ---> 4a4b4c4d4e4f
Step 10/11 : RUN echo $AWS_SESSION_TOKEN
 ---> Running in 5a5b5c5d5e5f
FQoGZXIvYXdzEJP//////////wEaDPTjooaOAaU8NDj5oyKkAjVwT4uQHTZJdCtfOZxa6wTZVOy0Zkw+laN1RRVZhvhdPOWhU8VgK2d7ZgTlqaXn4NSrdWlnub6g5JobP4o509t3VLdMUR5ZJJcpnSlJAY5YM7vlPndroGcV+Y689ztVzQ1uVxdtpjQK1qh87fw6m0dHt7Q8Y8TferRNVvCM4kOroxPzovTbO6IkLDcBp8PhOVgtVtxEpON6nZrN990zzUmhXjT0vrtpDtAi339hhs7fzDOrnllQHSAmSerT0NhMOYVqBH1HJOq3FYnG+TUbHENpSq3kwTiPL2uoTw7/Ufrrgz4i3ENHm3rIWlbD8VuleDl5yhooKifmKDPjQAHs5HbVjD9lnxQFrCIuyvZdmsqzgoIjPt6z5H8lzugLHAAmbgiOwDoo+Oba7QU= 
Removing intermediate container 5a5b5c5d5e5f
 ---> 0cc838f3c865
Step 11/11 : RUN aws sts get-caller-identity
 ---> Running in 6a6b6c6d6e6f
{
    "Account": “xxxxxxxxx”,
    "UserId": "AIDACKCEVSQ6C2EXAMPLE:test",
    "Arn": "arn:aws:sts::$account_id:assumed-role/Secretassumerole/test"
}
Removing intermediate container 6d525393d667
 ---> 2da2f38adc77
Step 12/12 : RUN aws secretsmanager get-secret-value --secret-id tutorials/AWSExampleSecret --region ap-northeast-1
 ---> Running in 7a7b7c7d7e7f
{
    "Name": "tutorials/AWSExampleSecret",
    "VersionId": "1a23bb45-679c-1d2e-fg34-567891234hi5",
    "SecretString": "{\"username\":\"myserviceusername\",\"password\":\"yourPassword\"}", 
    "VersionStages": [
        "AWSCURRENT"
    ],
    "CreatedDate": 1558616482.926,
    "ARN": "arn:aws:secretsmanager:ap-northeast-1:$account_id:secret:tutorials/M-EHWYme"
}
Removing intermediate container 8a8b8c8d8e8f
 ---> 9a9b9c9d9e9f
Successfully built 9a9b9c9d9e9f

この記事はお役に立ちましたか?


請求に関するサポートまたは技術サポートが必要ですか?