AWS のコストと使用状況レポートはどのように使用しますか?

最終更新日: 2019 年 12 月 27 日

AWS のコストと使用状況レポートはどのように使用しますか?

解決方法

AWS のコストと使用状況レポートは、AWS 請求に関する詳細なデータセットを提供し、選択した Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケットに配信されます。

まず、コストと使用状況レポートを作成します。後で、次の 2 つの方法のいずれかでコストと使用状況レポートを表示できます。

注意: アカウントが AWS 組織内にある場合、AWS のコストと使用状況レポートを使用できるのはマスターアカウントだけです。

AWS のコストと使用状況レポートには、AWS 請求書の各請求項目の数十のデータポイントが含まれます。

注意: 料金製品予約、および resourceTags 列は、レポート期間中に該当する使用量がある場合にのみ生成されます。レポートを別のツールに取り込む場合は、取り込みロジックが欠落している列を許容できることを確認してください。


この記事は役に立ちましたか?

改善できることはありますか?


さらにサポートが必要な場合