AWS のコストと使用状況レポートはどのように使用すればよいですか?

最終更新日: 2022 年 6 月 7 日

AWS のコストと使用状況レポートはどのように使用すればよいですか?

解決方法

AWS のコストと使用状況レポートは、AWS 請求に関する詳細なデータセットを提供します。レポートは、選択した Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケットに配信されます。

まず、コストと使用状況レポートを作成します。後で、次の 2 つの方法のいずれかでコストと使用状況レポートを表示できます。

AWS のコストと使用状況レポートには、AWS 請求書の各請求項目の数十のデータポイントが含まれます。

注: [pricing][product][reservation]、および [resourceTags] 列は、レポート期間中に該当する使用量がある場合にのみ生成されます。レポートを別のツールに取り込む場合は、取り込みロジックが欠落している列を許容できることを確認してください。

請求明細レポート (DBR) からコストおよび使用状況レポートに移行するには、「Migrating from Detailed Billing Reports to Cost and Usage Reports」(請求明細レポートからコストおよび使用状況レポートへの移行) を参照してください。


この記事はお役に立ちましたか?


請求に関するサポートまたは技術サポートが必要ですか?