AWS DMS レプリケーションインスタンスを作成するにはどうすればよいですか?

最終更新日: 2021 年 2 月 19 日

AWS Database Migration Service (AWS DMS) でレプリケーションインスタンスを作成するにはどうすればよいですか?

簡単な説明

レプリケーションインスタンスは、AWS DMS コンソールAWS コマンドラインインターフェイス (AWS CLI)AWS DMS API リファレンス、または AWS CloudFormation を使用して作成および変更できます。 以下の解決方法では、AWS DMS コンソールを使用します。

注意: 開始する前に、少なくとも 2 つのアベイラビリティーゾーン (AZ) にある 2 つのサブネットでレプリケーションサブネットグループを作成してください。

解決方法

注意: AWS CLI コマンドの実行時にエラーが発生する場合は、AWS CLI の最新バージョンを使用していることを確認してください

レプリケーションインスタンスの作成

  1. AWS DMS コンソールを開き、ナビゲーションペインから [Replication instances] (レプリケーションインスタンス) を選択します。
  2. [Create replication instance] を選択します。
  3. 以下のパラメータを設定します。
    Name (名前) – 名前を入力します。
    Description (説明) - 説明を入力します。
    Instance class (インスタンスクラス) – インスタンスのクラスを選択します。詳細については、移行に適した AWS DMS レプリケーションインスタンスの選択を参照してください。
    Engine version (エンジンバージョン) – エンジンバージョンを選択します。
    Allocated storage (割り当てられたストレージ) – AWS DMS では、ストレージが主にログファイルとキャッシュされたトランザクションによって消費されるため、使用されるストレージはそれほど多くありません。割り当てられたストレージの詳細については、「レプリケーションのインスタンスを作成する」で Allocated storage (割り当てられたストレージ) を参照してください。
    VPC – インスタンスを格納する Virtual Private Cloud (VPC) を選択します。
    Multi-AZ (マルチ AZ) – [Yes] (はい) または [No] (いいえ) を選択します。詳細については、「AWS DMS レプリケーションインスタンスを使用する」を参照してください。
    Publicly accessible (パブリックアクセス可能) – インターネットからレプリケーションインスタンスにアクセスできるようにする場合は、このオプションを選択します。
  4. [Advanced security and network configuration] (セキュリティとネットワークの詳細設定) セクションを展開し、以下を設定します。
    [Replication subnet group] (レプリケーションサブネットグループ) – 作成したレプリケーションサブネットグループを選択します。
    Availability Zone (アベイラビリティーゾーン) – レプリケーションインスタンスが作成される Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) のアベイラビリティーゾーンです。
    VPC security group(s) (VPC セキュリティグループ) – アウトバウンドトラフィックを管理するためにレプリケーションインスタンスに割り当てる VPC セキュリティグループを選択します。
    KMS root key (KMS ルートキー) – レプリケーションストレージと接続情報の暗号化に使用する暗号化キーを選択します。エイリアス (aws/dms) を使用するデフォルトキー、またはカスタマーマネージドキー (KMS キー) を選択できます。詳細については、暗号化キーの設定と AWS Key Management Service (AWS KMS) 許可の指定について参照してください。
  5. [Maintenance] (メンテナンス) セクションを展開して、レプリケーションインスタンスで変更とソフトウェア更新が行われるタイミングを管理します。
    Auto minor version upgrade (マイナーバージョン自動アップグレード) – このオプションを選択して、メンテナンスウィンドウの期間中にマイナーエンジンアップグレードをレプリケーションインスタンスに自動適用します。
    Maintenance window (メンテナンスウィンドウ) – このオプションを選択して、システムメンテナンスを実行できる毎週の時間範囲を協定世界時 (UTC) で指定します。
  6. [Create] をクリックします。

レプリケーションインスタンスの詳細については、AWS CLI コマンドの describe-replication-instances をご参照ください。


この記事はお役に立ちましたか?


請求に関するサポートまたは技術的なサポートが必要ですか?