Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) を使用して Linux インスタンスを作成し、Linux の概念の理解を高めるためにそのインスタンスを利用したいと考えています。

アマゾン ウェブ サービスには、評価目的の AWS 無料利用枠(http://aws.amazon.com/free/)オプションが用意されています。AWS 無料利用枠では、Amazon EC2 などの多くの製品やサービスを一定の制限内で無料で利用できます。「無料アカウントを作成する」の手順を完了した後、パブリック IP アドレスを使用して「無料利用枠対象」の Linux インスタンスをすぐに作成して、Linux の概念の理解を高めるために利用できます。

  1. 該当する場合は、「無料アカウントの作成」の手順に従います。
  2. AWS マネジメントコンソールで、コンソールの左上にある [EC2] アイコンをクリックして Amazon EC2 ダッシュボードを開きます。
  3. ナビゲーションバーのリージョンセレクターで、お客様の地理的に近いリージョンを選択します。インスタンスの実行に必要なすべてのリソースは同じリージョン内に作成する必要があります。
  4. キーペアを作成する」の手順に従います。Windows から Linux のインスタンスに接続する場合は、「(オプション)PuTTy を使用して Windows から Linux インスタンスに接続するために準備するには」セクションの指示に従います。ダウンロードした .pem ファイルと同じフォルダーに、生成された .ppk ファイルを保存します。
  5. コンソールのナビゲーションペインで、[EC2 Dashboard] をクリックします。コンソールの [Create Instance] セクションで、[Launch Instance] をクリックします。
  6. [Step 1 ] ページで、Amazon Machine Images (AMI) のリストの先頭で Ubuntu Server を見つけ、対応する [Select] ボタンをクリックします。
  7. [Step 2: Choose an Instance Type] ページで、[General Purpose t2.micro] インスタンスタイプを受け入れ、[Next: Configure Instance Details] をクリックします。
  8. [Step 3: Configure Instance Details] ページで、デフォルトのほとんどの選択内容を受け入れます。以下の設定は変更するか、そのまま確定します。
    • Number of Instances - 1(デフォルト)。
    • Purchasing option - [Request Spot Instances] チェックボックスをオフ(デフォルト)。
    • Network - A network other than Launch into EC2-Classic。
    • Subnet - キーのペアを作成した同じリージョン内のサブネットを選択。
    • Auto-assign Public IP - [Enable] を選択。
    • IAM role - None(デフォルト)。
    • Shutdown behavior - Stop(デフォルト)。
    • Enable termination protection - [Protect against accidental termination] チェックボックスをオン。
    • Monitoring - [Enable CloudWatch detailed monitoring] チェックボックスをオフ(デフォルト)。
    • Tenancy - Shared tenancy (muti-tenant hardware)(デフォルト)。
    • [Network interfaces] セクションに示されているデフォルト値を受け入れ。
  9. ページの右下で、[Next: Add Storage] をクリックし、[Step 4: Add Storage] で以下のオプションを適用します。
    • Size (GiB) - 20
    • Volume Type - General Purpose (SSD)
    • Delete on Termination - チェックボックスをオフ。
  10. ページの右下で、[Next: Tag Instance] をクリックし、[Step 5: Tag Instance] で以下のオプションを適用します。
    • キーの名前と値の対応するテキストを入力(Key = Name、Value = Ubuntu test など)。
  11. ページの右下で、[Next: Configure Security Group] をクリックし、[Step 6: Configure Security Group] で以下のオプションを適用します。
    • Assign a security group - [Create a new security group] オプションを有効化。
    • Security group name - セキュリティグループの説明となる値を入力(TrustySG など)。
    • Description - デフォルト値のままにするか、説明を入力(Security Group for Ubuntu Trusty など)。
  12. 以下のセキュリティルールを作成します。
    • SSH(デフォルトで表示):
    a) Type - SSH
    b) Protocol - TCP
    c) Port Range - 22
    d) Source - My IP
    • RDP([Add Rule ] をクリックし、リストから [RDP ] を選択):
    a) Type - RDP
    b) Protocol - TCP
    c) Port Range - 3389
    d) Source - My IP
  13. ページの右下で、[Review and Launch] をクリックします。[Step 7: Review Instance Launch] の右下で、[Launch] をクリックします。
  14. [Select an existing key pair or create a new key pair] ダイアログボックスで、[Select a key pair] ドロップダウンから、ステップ 4 で作成したキーペアを選択し、確認のチェックボックスをオンにして、[Launch Instances] をクリックします。
  15. [Launch Status] ページの [Your instance is now launching] セクションで、インスタンス ID(i-xxxxxxxx)をクリックします。
  16. [Status Checks ] が正常に完了し、[Instance State] が [running] になったらすぐに、「Linux インスタンスへの接続」で説明している方法のいずれかを使用して、インスタンスに接続します。
  17. 不要な請求が発生しないように、インスタンスを使用しないときは停止します。無料利用枠の対象のお客様は、料金が発生する場合のガイドラインをご確認ください。インスタンスの使用を完了したら、「インスタンスとボリュームのクリーンアップ」で説明している手順を完了して、不要な請求が発生しないようにしてください。

Linux, 設定, 接続, Ubuntu


このページは役に立ちましたか? はい | いいえ

AWS サポートナリッジセンターに戻る

サポートが必要ですか?AWS サポートセンターをご覧ください。