Vanishree が無料利用枠の
対象となる Linux EC2 インスタンスを
起動する方法をご説明します

vanishree_create_linux_instance

Amazon Linux を実行する Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンスを作成したいと考えています。どうすればよいですか?

アマゾン ウェブ サービスには、評価目的の AWS 無料利用枠オプションが用意されています。AWS 無料利用枠では、Amazon EC2 などの多くの製品やサービスを一定の制限内で無料で利用できます。AWS アカウントを作成したら、パブリック IP アドレスを使用して Amazon Linux の無料利用枠の対象であるインスタンスをすぐに作成することができます。詳細については、「AWS アカウントの作成」を参照してください。

必要な準備手順

  1. AWS アカウントを作成します
  2. Amazon EC2 コンソールを開きます。
  3. ナビゲーションバーの [リージョンの選択] で、地理的にお客様に最も近いリージョンを選択します。インスタンスの実行に必要なリソースはすべて、同じリージョン内に作成する必要があります。
  4. コンピュータとインスタンスの間でファイルを転送するには、キーペアが必要です。[リソース] の [EC2 ダッシュボード] から [キーペア] を選択してキーペアを作成します。キーペアを作成する詳細なステップについては、「キーペアの作成」を参照してください。Windows から Amazon Linux インスタンスに接続する場合は、「(オプション) PuTTY を使用して Windows から Linux インスタンスに接続するために準備するには」セクションの指示に従います。ダウンロードした .pem ファイルと同じフォルダーに、生成された .ppk ファイルを保存します。

EC2 インスタンスを作成する

  1. コンソールのナビゲーションペインで [EC2 ダッシュボード] を選択します。コンソールの [インスタンスの作成] セクションで、[インスタンスの起動] をクリックします。
  2. ステップ 1: Amazon マシンイメージ (AMI) の選択ページで、Amazon Linux AMI の無料利用枠対象の AMI を見つけ、[選択] を選択します。
  3. ステップ 2: インスタンスタイプの選択ページで、General Purpose t2.micro インスタンスタイプを受け入れ、[Configure Instance Details (インスタンスの詳細の設定)] を選択します。
  4. ステップ 3: インスタンス詳細の設定ページで、デフォルトで選択されている次の内容を受け入れるか、要件に合わせて設定し、[次へ: ストレージの追加] を選択します。
    インスタンスの数 – 1 (デフォルト)。
    購入オプションスポットインスタンスのリクエスト チェックボックスをオフ (デフォルト)。スポットインスタンスは無料利用枠オプションの対象外です。
    ネットワーク – 既存の VPC を選択するか、新しい VPC を作成して、インスタンスの起動先を指定します。
    サブネット – キーペアを作成した同じリージョン内のサブネットを選択します。
    自動割り当てパブリック IP – [有効] を選択します。
    IAM ロールNone (デフォルト)。
    シャットダウン動作停止 (デフォルト)。
    削除保護の有効化 – 誤って削除しないように [保護] のチェックをオンにします。
    モニタリングCloudWatch 詳細モニタリングを有効化 チェックボックスをオフ (デフォルト)。
    テナンシー共有テナンシー (マルチテナントハードウェア) (デフォルト)。専有サーバーは無料利用枠オプションの対象外です。
  5. ステップ 4: ストレージの追加ページに、以下のオプションを入力し、[Next: Add Tags (次へ: タグの追加)] を選択します。
    サイズ (GiB) – 20
    ボリュームタイプ汎用 (SSD)
    Delete on Termination – チェックボックスをオフ。
  6. Step 5: Tag Instance (ステップ 5: タグインスタンス) ページに次の値を入力し、[Next: Configure Security Group (次へ: セキュリティグループの設定)] を選択します。
    キー – 名前
    - Amazon Linux テスト
  7. ​​ステップ 6: セキュリティグループの設定ページの [ソース] で、[My IP] を選択し、[Review and Launch] を選択します。セキュリティオプションは、後に変更できます。

インスタンスを起動する

  1. ステップ 7: インスタンス作成の確認ページで、インスタンスの起動の詳細を確認して、[Launch (起動)] を選択します。
  2. [Select an existing key pair or create a new key pair (既存のキーペアを作成するか、新しいキーペアを作成)] ウィンドウで、[Select a key pair (キーペアの選択)] ドロップダウンリストから、準備手順で作成したキーペアを選択します。確認のチェックボックスをオンにし、[Launch Instances (インスタンスの起動)] を選択します。このステップでは、インスタンスへのアクセスに使用する新しいキーペアを作成することもできます。
    注意: 生成されたキーファイルは、作成後のみダウンロードできます。新しいキーペアを作成する場合、このキーファイルは、後に使用するために安全な場所に保存してください。
  3. Launch Status (作成ステータス) ページの [Your instance is now launching] セクション (インスタンスは現在作成中です) で、インスタンス ID (i-xxxxxxxx) をクリックします。
  4. ステータスチェックが正常に完了し、[Instance State (インスタンスの状態)] が [実行中] になったら、インスタンスに接続します。詳細については、「Linux インスタンスへの接続」を参照してください。

アカウントに不要な請求が発生しないように、不使用時はインスタンスを停止します。無料利用枠の使用中は必ず、料金ガイドラインの内容を理解してください。インスタンスの設定が完了したら、インスタンスを終了してクリーンアップする必要があります。詳細については、「インスタンスのクリーンアップ」を参照してください。


このページは役に立ちましたか? はい | いいえ

AWS サポート ナレッジ センターに戻る

サポートが必要ですか? AWS サポートセンターをご覧ください。

公開日: 2014 年 12 月 18 日

更新: 2018 年 11 月 07 日