Amazon Route 53 を使用してホストされるドメインのサブドメインを作成する方法を教えてください。

既存のドメインとホストゾーンがあり、サブドメインレコードを作成する場合は、次のことができます。

  • 既存のホストゾーンにサブドメインを追加する。 この方法では、必要なホストゾーンの数が少なくて済むため、ホストゾーンへのクエリの数が減ります。
  • 新しいホストゾーンを作成して、サブドメインに関連付けられたレコードを保持します。また、クライアントがサブドメインのホストゾーンを参照する親のホストゾーンに委任セットを作成します。 この方法では、ホストゾーンを管理する場合 (例: ゾーンを編集できるユーザーを制限する場合) の柔軟性が向上します。現在、プライベートホストゾーンへの NS レコードの追加はサポートされていないため、このメソッドは、パブリックホストゾーンにのみ使用することができます。

重要 続行する前に、ドメインのプライベートホストゾーンまたはパブリックホストゾーンを作成します。 

既存のホストゾーンにサブドメインを追加する

  1. Route 53 コンソールにサインインします。
  2. ナビゲーションペインで [ホストゾーン] を選択します。
  3. ドメインのホストゾーンを選択します。
  4. [Create Record Set] を選択します。
    [名前] に、subdomain.example.com のような希望のサブドメイン名を入力します。
    [Type] で、[A - IPv4 address] を選択します。
    [] に、ターゲットの IPv4 アドレスを追加します。
    その他の値はデフォルトのままにしておきます。
  5. [作成] を選択してホストゾーンにレコードを追加します。

サブドメインの新しいホストゾーンと委任セットを作成します

  1. Route 53 コンソールにサインインします。
  2. ナビゲーションペインで [ホストゾーン] を選択します。
  3. [Create Hosted Zone] を選択します。
    [ドメイン名] に、subdomain.example.com のようなサブドメイン名を入力します。
    [コンポーネント] に、ホストゾーンの説明を入力します。
    [タイプ] で、[パブリック] を選択します。
  4. [Create] を選択します。
  5. 新しく作成したホストゾーンで、[NS] タイプのレコードを見つけます。4 つの割り当てられたホスト名があります。
  6. [Create Record Set] を選択します。
    [名前] に、希望のレコードセット名を入力するか、フィールドを空白のままにして、Route 53 でレコード名を自動的に作成します。
    [Type] で、[A - IPv4 address] を選択します。
    [] に、ターゲットの IPv4 アドレスを追加します。
    その他の値はデフォルトのままにしておきます。
  7. [Create] を選択します。
  8. ナビゲーションペインで [ホストゾーン] を選択します。
  9. Apex ドメインの親ホストゾーンを選択します。
  10. [Create Record Set] を選択します。
    [名前] に、目的のサブドメイン名を入力します。
    [タイプ] で、[NS – ネームサーバー] を選択します。
    [TTL] で、[1d] プリセットボタンを選択します。
    [] に、前述の 4 つのネームサーバーのホスト名を別々の行に入力します。
    その他の値はデフォルトのままにしておきます。
  11. [作成] を選択してホストゾーンにレコードをコミットします。

作成した NS レコードに対してクエリを実行して、新しく委任したゾーンをテストします。ターミナルで、以下のコマンドとサブドメイン名を使用します。

Windows の場合は、nslookup を使用します。

nslookup subdomain.example.com

Linux または macOS の場合は、dig を使用します。

dig subdomain.example.com
dig +trace subdomain.example.com

このページは役に立ちましたか? はい | いいえ

AWS サポート ナレッジ センターに戻る

サポートが必要ですか? AWS サポートセンターをご覧ください。

公開日: 2016-10-31

更新日: 2018-08-15