AWS 請求書の支払いを行おうとしたところクレジットカードが拒否されたのは何故ですか?

最終更新日: 2022 年 5 月 17 日

AWS の請求書またはサブスクリプションの購入 (Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) リザーブドインスタンスなど) を支払おうとしましたが、支払いできませんでした。これを修正するにはどうすればよいですか?

解決方法

AWS の請求書を支払う場合に支払い方法が拒否された場合、以下を確認してください。

お支払い方法に関連付けられたアカウント情報

  • Billing and Cost Management コンソールの [Payment Methods] (お支払い方法) をチェックして、クレジットカード番号、有効期限、請求連絡先、電話番号が正しいことを確認します。
    重要:
    請求連絡先および電話番号が、クレジットカード発行機関のファイルに記載されている情報と一致していることを確認してください。
  • 使用するクレジットカードが、サービスを提供している AWS 販売者によって受け付けられていることを確認します。AWS 販売者の名前は請求書に記載されています。

支払い方法の取引と残高の制限

お支払い方法関連の情報が正しいことを確認した場合は、ご利用の銀行に連絡して以下を確認してください。

  • クレジットカードにAWS 請求書を支払うことができる十分な与信が残っていることを確認してください。そのような与信がない場合は、銀行と相談して引き落とし額または利用限度額を調整してください。
  • AWS のサービスに対する課金が承認されていることを確認してください。AWS Inc. および AWS Europe アカウントの場合、料金説明は「aws.amazon.com」で終わります。

支払い発行者の確認または認証

カード発行会社が支払いの検証または認証を必要とする場合は、以下を確認してください。

  • AWS はセキュリティーコード (CVV) をサポートしていません。カード発行会社が CVV の使用を必要としている場合は、カード発行会社に連絡して、要件を放棄してください。
  • AWS は 3D セキュア認証をサポートしていません。Amazon Web Services India Private Limited (AWS インド) のお客様で、カード発行会社が 3D セキュア認証を必要としている場合は、カード発行会社に確認して、要件を放棄してください。
  • AWS 欧州のお客様の場合、カード発行会社でのクレジットカードによる支払いの検証が必要になる場合があります。詳細については、「AWS 欧州のクレジットカード支払い検証を管理する」を参照してください。

支払いを再試行

問題が解決したら、支払いを再試行してください

サブスクリプションを購入する過程で支払いが拒否された場合は、AWS サポートでケースを作成し[Account and billing support] (アカウントと請求のサポート) を選択します。

AWS サポートでケースを作成して支払いを再試行する場合は、次の点に注意してください。

  • AWS サポートでは、リザーブドインスタンスまたは Savings Plans の料金は、購入月の間にのみ再試行できます。
  • AWS サポートは、Amazon Route 53 ドメインの登録、更新、または移管に対する支払いを再試行することはできません。ドメインの登録、更新、または移管を再送信するには、「ドメイン登録の Amazon Route 53 への移管」を参照してください。